2007年10月23日

M-1グローバル記者会見~ヒョードルの契約の仰天内容&日本大会についても言及。

ニューヨークの王様 コレクターズ・エディション
ニューヨークの王様 コレクターズ・エディション


 月曜日(日本時間:火曜日)にニューヨークでヒョードルの記者会見が行われると書いてきましたが、会見の内容がアップされていたので変訳します。その前に、直前にMMAjunkie.comさんがアップした記事を。

Monte Cox Named M-1 Global CEO; Buyers Revealed(MMAjunkie.com)
(変訳)モンテ・コックスがM-1グローバルCEOに就任:購入者が明かす

Longtime MMA promoter and agent Monte Cox has been renamed chief executive officer of M-1 Global, the fight organization previously known as M-1 Mix-Fight Championship (and previously owned by Vadim Finkelstein).

Additionally, the mystery buyer of the Russian-based organization has been revealed. Sibling Sports, LLC -; which was formed by Sibling Theatricals Inc., as well as Garlin Holdings Limited as managing members -; is the new owner of the organization.

The announcement was made today in a press release issued by Sibling Entertainment Group Holdings, Inc., of which Sibling Theatricals Inc. is a wholly owned subsidiary.

Cox, who represents some of the sport’s most accomplished fighters, currently has a stable of 60 professional fighters. He’s also represented seven UFC champions and is involved in all levels of the sport.

(変訳)
 長年MMAプロモーターとエージェントをしていたモンテ・コックスはM-1 グローバルの最高経営責任者(CEO)に転身しました。その団体は、以前にM-1 Mix-Fight Championship(ワジム・フィンケルシュタインがオーナー)として知られていました。

 そして、ロシアに拠点を置く団体の謎に包まれていた買い手は、明らかになりました。そこはSibling Sports、LLC -; Sibling Theatricals社(メンバーをマネージメントするGarlin Holdingsと同様に) -; 団体の新しいオーナーです。

 Sibling Entertainment Group Holdingsによって出されるプレスリリースで今日発表されました。Sibling Theatricals社は子会社です。

 コックス(彼はスポーツ界のトップファイターの何人かの代理人をしています)は、現在60人のプロファイターを管理しています。彼は7人のUFCチャンピオンの代理人もしており、スポーツ界に高いレベルで関与しています。

 モンテ・コックスについての更なる説明はこちら。

モンテ・コックスとは - はてなダイアリー
アメリカの総合格闘技プロモーター、選手代理人。

主にパット・ミレティッチジムの選手たちをマネージメントし、これまで7人のUFC王者を輩出している。

また、リングスKOKやZSTにも協力。

若手発掘の団体「エクストリーム・チャレンジ」「ウィークリー・ファイト」などの興行も手がける。

 モンテ・コックスの抱えるファイターがゴッソリM-1グローバルに移籍したらUFCは大打撃を受けることになるが・・・。

It’s Official: Fedor Emelianenko Signs With M-1 Global(MMAjunkie.com)
(変訳)これは公式発表です:エメリヤーエンコ・ヒョードルはM-1グローバルと契約しました

Top free-agent fighter Fedor Emelianenko, the heavyweight champion of the now-defunct PRIDE Fighting Championships, has signed a new six-fight, two-year deal with M-1 Global.

The signing was announced this evening at a press conference in New York City.

M-1 Global was previously known as M-1 Mix-Fight Championship. The Russian-based organization had been owned by Emelianenko’s manager, Vadim Finkelstein. However, Sibling Sports LLC today announced it had purchased the organization with the intention of making it a true international promotion.

Once the organization signs a television deal -; something executives expect to happen soon -; the organization’s first event will be announced. It’s expected to take place in February, and while Emelianenko will be on the card, his opponent is not yet known.

“We’re looking for the best opponents available (for Emelianenko),” said Monte Cox, one of MMA’s top fighter agents who today was named chief executive officer of M-1 Global. “There’s a couple guys who we heard became free. I don’t know. It’s just a rumor.“

The tongue-in-cheek comment was likely in reference to Randy Couture, the UFC heavyweight champion who abruptly resigned from the organization earlier this month. UFC President Dana White continues to label it a retirement, though Couture says he will fight again. During media events this past weekend at UFC 77, White said he will not release Couture from his contract. Couture has two fights remaining on the deal, and White hinted that the matter will likely have to be settled by the courts.

When asked about Couture at today’s press conference, Emelianenko admitted that he’d like to fight the 44-year-old UFC hall-of-famer.

“These days, he’s the strongest fighter,” Emelianenko said through a translator. “It would be an honor for me to fight him… whether it’s in cooperation with the UFC or not.

As part of his new deal, Emelianenko will be allowed to fight outside the organization. Additionally, he requested -; and received -; a special clause in his contract that requires M-1 Global to offer the UFC heavyweight champion $1 million more than what the UFC offers for a fight with Emelianenko.

Emelianenko specifically mentioned that clause when a reporter asked him about rumors he was unwilling to fight certain opponents, such as Tim Sylvia, if he were to sign with the UFC.

“I hope (that clause) demonstrates how I am not afraid to fight anyone,” Emelianenko said.

Cox said the organization will announce the signings of additional fighters in the next 7-10 days. He also predicted that fighters from other organizations, such as the UFC, will look to M-1 Global when their contracts expire.

One reoccurring theme mentioned in today’s press conference by M-1 Global executives was that the organization will be a true international organization that will recruit international talent while hosting shows throughout the world. Emelianenko specifically mentioned Japan, where PRIDE used to do business. The PRIDE 2004 Grand Prix winner said he hopes M-1 Global can fill the void left by PRIDE’s demise.

The owners of Zuffa LLC (the UFC’s parent company) purchased PRIDE back in March but recently shut down the organization.

As for the immediate future of M-1 Global, Cox said that additional news about the organization will be announced in the next few weeks. This evening’s press conference, he said, was intended to highlight one fighter who he thinks will initially carry the organization.

“Today is all about Fedor Emelianenko,” he said.

(変訳)
 最高のフリーエージェントファイター、エメリヤーエンコ・ヒョードル(現在消滅したPRIDE FCのヘビー級王者)は、新たに6試合分(M-1グローバルと2年間)の契約にサインしました。

 契約は、ニューヨーク市の記者会見で今晩発表されました。

 M-1グローバルは、以前M-1 Mix-Fight Championshipとして知られていました。ロシアに拠点を置く団体は、エメリヤーエンコのマネージャー(ワジム・フィンケルシュタイン)がオーナーをしていました。しかし、Sibling Sports LLCは、今日、それが団体を世界中に大々的なプロモーションをする意図で獲得したと発表しました。

 団体の経営陣はテレビ局との契約が間もなく成立すると確信しており、その後、旗揚げ戦は発表されます。それは2月に開催されることになっています、そして、エメリヤーエンコの対戦相手はまだ分かっておりません。

「我々は、エメリヤーエンコのためにベストの対戦相手を用意します」と、モンテ・コックス(今日M-1グローバルのCEOに就任したMMAの最高のエージェントのひとり)は言いました。「我々は2人の選手がフリーになると聞いています。よくは知りませんが。まぁ、噂の段階ですよ」

 冗談半分のコメントは、ランディ・クートゥア(今月始め突然団体を離脱したUFCヘビー級チャンピオン)を示唆しているようでした。クートゥア自身はまた戦うと言ってはいるものの、UFC代表ダナ・ホワイトは引退と言い続けています。先週末、UFC77の記者会見で、ホワイトはクートゥアとの契約をフリーにはしないと宣言しました。ホワイトは、クートゥアは2試合の契約が残っており、場合によってはこの問題が法廷で解決されなければならないと示唆しました。

 エメリヤーエンコは今日の記者会見でクートゥアについて尋ねられた時、彼は44歳のUFC殿堂入りファイターと戦いたいと認めました。

「最近、彼は最も強いファイターです」と、エメリヤーエンコは通訳を通して言いました。「彼と戦えることは、名誉です・・・それがUFCと協力してできるかどうかに関係なく。

 彼の新しい契約の一部として、エメリヤーエンコは団体外で試合をすることが許されています。さらに彼の希望により、UFCヘビー級王者がエメリヤーエンコとの対戦を受けた場合は、UFCの支払うファイトマネーにさらに100万ドル上乗せした金額を支払うことがM-1グローバルの契約内の特別条項に含まれました。

 記者が、彼がUFCと契約しなかったのは一部の対戦相手(例えばティム・シルヴィア)と戦いたくなかったのでは、という噂について尋ねた時、エメリヤーエンコは特にその条項について強調しました。

「私の希望(その特別条項)は、私が誰と戦うことも恐れないという意味です」と、エメリヤーエンコは言いました。

 コックスは、7~10日後にさらなる契約選手を発表すると言いました。彼も、他団体(例えばUFC)のファイターが契約切れになるとともにM-1グローバルに目を向けると予測しています。

 M-1グローバル役員によって今日の記者会見で言及するテーマの1つは、団体が世界中の至る所で大会を主催し、国際的に人材を募る、真の国際組織であるということでした。エメリヤーエンコはPRIDEとの関係から特に日本を挙げました。PRIDE GP 2004 優勝者である彼は、M-1グローバルがPRIDEの終焉によってぽっかりと穴の開いた部分が満たされることを望んでいると言いました。

 Zuffa LLC(UFCの親会社)のオーナーは、3月にPRIDEを買収したものの、最近団体を閉鎖しました。

 M-1グローバルのごく近い将来に関して、コックスは団体に関するさらなるニュースがここ数週で発表されると言いました。今晩の記者会見は、彼はまず最初に団体を牽引すると思うひとりのファイターをハイライトすることを目的としたと、彼は言いました。

「今日は、すべてエメリヤーエンコ・ヒョードルのための会見です」と、彼は言いました。

 UFCに対しメチャメチャ挑発的じゃないですか。日本を挙げてくれたヒョードルには感謝感激ですよ! これによりMMAの勢力図が一気に塗り替えられるかもしれませんね。

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索