2007年10月10日

五味隆典、ショーン・シャークやJ.Z.カルバンを語る

kamipro Special 2007 AUTUMN (エンターブレインムック)

Gomi, Gomi Gomi(Bloody Elbow)
(変訳)五味、五味 五味

 五味隆典がマネージャーの市川氏とともにインタビューに答えています。以下、一部を変訳。元ネタはSherdogなのですが、なぜか現在見ることができず、Bloody Elbowさんが引用し、茶々を入れています。

"To be honest, we can't really disclose the specific terms of his contract," Ichikawa says, "mostly because of its vagueness and our likewise unclear relationship with the new PRIDE entity. Thus, our position has become somewhat complicated."

In an attempt to reword the question and ask why he hasn't simply followed in the footsteps of his PRIDE peers -- Mirko Filipovic (Pictures), Mauricio Rua (Pictures), Dan Henderson (Pictures) and Antonio Rodrigo Nogueira (Pictures) -- I bring up the example of fighters who have opted out of their contracts to compete in other organizations.

"PRIDE invested very much in [Gomi]," Ichikawa says. "As Gomi is the lightweight champion of PRIDE, he is also the symbol of PRIDE, so his position is very different from everyone else."

The implication, though unsaid, is clear.

(変訳)
「正直なところ、我々は契約の詳細な条件を明らかにすることができません」と、市川氏は言います。「新体制のPRIDEと我々の関係が曖昧で分かりづらい関係になっています。我々のポジションは、いくぶんややこしくなりました」

 私は質問を言い換えて、彼がなぜ同じPRIDEファイターであったミルコ・クロコップ、マウリシオ・ショーグン、ダン・ヘンダーソン、アントニオ・ホドリコ・ノゲイラらのように契約を解除して、移籍をしなかったのかと尋ねました。

「PRIDEは五味ととても深い仲でしたから」と、市川は言います。「五味はPRIDEライト級チャンピオンかつPRIDEのシンボルでもあるので、彼のポジションは他の選手とは全く異なります」。

 明言しないものの、含みを持たせているのは明白です。

 このコメントをBloody Elbowさんは、「日本人の奇妙なビジネス慣習」とか、「ヤクザが怖いのだろうか?」などと書いています・・・。

"We have indeed been approached by the UFC," confirms Ichikawa, offering no more and no less.

Gomi chimes in regarding the UFC deal as well as Dana White's open challenge to PRIDE's fighters to prove themselves in the Octagon. "Actually, I'm honored to have been offered the opportunity," he says. "I'm ready for that -- ready to prove that I'm still the best in the world."

(変訳)
 「実際にUFCからのアプローチはありました」と、市川氏は認めました。そして、オファーにはまだ回答していません。

 五味はPRIDEファイターの実力をオクタゴンで証明すればいいというダナ・ホワイトのUFC契約に関してうなずきます。「そういう機会を与えてもらい光栄ですね」と、彼は言います。「俺は、その準備はできている ― 俺が世界でも最強であるということを証明する準備がね」

When I ask whether or not he would like to have a second shot at Penn in the UFC, or even try his luck at the current lightweight champion, Sean Sherk (Pictures), Gomi quickly responds with a smile.

"If it's possible someday, of course," he says. "I want a third belt. Sherk is a top fighter for sure. He's very strong and has great control, both from on top and against the cage. I think that in order for me to fight him, I'd need to step-up my weight training and get stronger to match his strength. I hate the idea of being taken down and put on my back, but Sherk looks like the type of fighter who is so strong and stiff, it would be easy for me to maneuver my way up underneath and keep the fight standing. He is indeed an elite-level fighter, but I can beat him."

(変訳)
 私は、彼がUFCでB.J.ペンとの再戦をしたいか、現ライト級王者ショーン・シャーク戦で運試しをしたいかと思うかと尋ねると、五味は笑い、すかさずこう答えました。

「もちろん可能であるならば、いつかは狙いたいです」「俺は、3本目のベルトが欲しいです。シャークは確かに最高のファイター。上からの攻撃といい、金網の使い方といい、彼は非常に強い。彼と戦うためにも、自分がもっとステップアップしてウエイトトレーニングを必要でしょう。俺はテイクダウンや、バックに回られるのは嫌いなので、シャークはとても強いファイターのタイプのように見えるけど、スタンドをキープするのはさほど難しくはないでしょう。彼は本当にエリートレベルのファイターだと思うけど、勝つのは俺です」

"`JZ' is certainly a top fighter," Gomi says. "He's young, energetic, extremely powerful, and his submission and wrestling skill are excellent. Furthermore, he has a really mean right hook. He also strikes me as the kind of fighter who takes very few chances, especially on the ground, so a fight with him would be a great challenge. To be honest, I don't think I could say what the outcome would be in a fight between the two of us, other than it would be an entertaining and challenging one."

(変訳)
「“JZ(カルバン)” は、トップファイターでしょう」と、五味は言います。「彼は若いし、エネルギッシュだし、パワフルだし。それにサブミッションとレスリング技術は素晴らしいです。しかも実に効果的な右フックを撃つし。グランドの打撃でも少ないチャンスを活かすファイターだと思うので、彼と対戦することになったら面白いでしょうね。正直なところ、どういう展開になるかは想像がつかないけど、面白い試合になるだろうし対戦したい選手の一人です」

 我ながらあまり上手くない訳ですが、口ぶりからすると・・・UFC?

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PRIDE | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索