2007年09月27日

ヴァンダレイ・シウバ&ダン・ヘンダーソン情報。



 UFC情報をいくつか紹介。

GRIFFIN UNLIKELY TO FACE SILVA IN DECEMBER(MMAWEEKLY)

 12月29日のUFC79への参戦が決まってるものの、チャック・リデルが敗れたことで対戦相手が宙に浮いてるヴァンダレイ・シウバ(当初はリデルvsジャーディンの勝者だった気がするが)。MMAWEEKLYによると、シウバが自身のサイトで「フォレスト・グリフィンと戦いたい」と言ってるものの、グリフィンがショーグン戦で額に大きな裂傷を負い縫合をしたために12月には間に合わないかもしれないとのこと。「額に穴さえ開いてなければ戦いたいんだけどね」とも言っており、間に合うかどうかは2週間ほど様子を見るそうです。また、グリフィン自身は以前敗れているキース・ジャーディンやティト・オーティズとの再戦を望んでいるそうです。

AM UPDATE – SEPT. 25(The Fight Network)
Recent Octagon standout Thiago “Pitbull” Alves (12-3) has been mentioned to face former PRIDE standout Ryo “The Piranha” Chonan (13-7) at Nov. 17’s UFC 78 in Newark, N.J., The Fight Network has learned.

(変訳)
 最近オクタゴンで際立った活躍を見せるチアゴ“ピットブル”アウベス(12勝3敗)は11月17日にニュージャージー州ニューアークで開催されるUFC78で優秀な元PRIDEファイターである長南亮(13勝7敗)と対戦すること話したことをFight Networkはキャッチしました。

 チアゴ・アウベスはUFN11で弘中邦佳にTKO勝ちした選手

PM UPDATE – SEPT. 25(The Fight Network)
HENDERSON: ONE FIGHT LEFT ON UFC CONTRACT

Former PRIDE Middleweight (under 205 lbs) Champion Dan Henderson confirmed today that has one fight remaining on his current contract with the UFC.

Henderson, who lost a title unification bout with UFC Light Heavyweight Champion Quinton Jackson earlier this month, indicated he could be ready for a return to the Octagon by November. Though UFC officials are said to be encouraging the former Olympian to move down to the promotion’s 185-pound division, Henderson indicated he would like to remain at light heavyweight.

Henderson (22-6) defeated Wanderlei Silva for the PRIDE middleweight crown in February, becoming the first mixed martial artist in history to hold titles in two weight classes simultaneously. He still holds the PRIDE welterweight (under 185 lbs) title and could conceivably square off with UFC Middleweight Champion Anderson Silva in a pay-per-view main event in the near future, provided Silva defeats Rich Franklin at UFC 77 in October.

(変訳)
ヘンダーソン:UFCとの契約で残っっている1試合

 前PRIDEミドル級(205ポンド未満)王者ダン・ヘンダーソンは、UFCとの現在の契約で残っているのはあと1試合であることを今日を確認されました。

 ヘンダーソン(彼は今月始めUFCライトヘビー級王者クイントン・ジャクソンとのタイトル統一戦に敗れました)は、彼が11月までにオクタゴン復帰の準備ができている可能性を示唆しました。UFCは元オリンピック選手である彼に185ポンドクラスに階級を下げることを薦めてると言われていますが、ヘンダーソンはライトヘビー級に残りたいという意志を示しました。

 ヘンダーソン(22勝6敗)は2月にPRIDEミドル級タイトルマッチでヴァンダレイ・シウバに勝利しました。そして、史上初の同時に2階級でタイトルを保持した格闘家になりました。UFCミドル級王者アンデウソン・シウバが10月のUFC77でリッチ・フランクリンに勝てば、近い将来ヘンダーソンはPRIDEウェルター級(185ポンド未満)タイトルを持ってPPV大会のメインイベントで統一戦を開催することができました。


 ダンはライトヘビー級にこだわるつもり。先日ランペイジと試合をしたばかりなのに契約が残り1試合ということはPRIDEから移譲されたからでしょうか。

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索