2007年09月24日

「少林寺、忍者に敗北」騒動で日中関係悪化の危機!?

少林寺 VS 忍者
少林寺 VS 忍者


少林寺激怒!忍者に負けてねえ・・・「完敗」ネット書き込みに中国また大論争ぼっ発(スポーツ報知)
 少林寺を激怒させた書き込みは8月25日、愛国主義的論調が目立つ中国のサイト「鉄血社区」に掲載。それによると…。

 少林寺に乗り込んだのは“伊賀忍者の末裔”山本義清なる人物。30年間にわたり武道を修練し、日本で道場破りを繰り返してきた。あるとき、リー・リンチェイ(現ジェット・リー)主演の中国映画「少林寺」を見て新たな標的を発見。あらゆる武道の頂点に位置するのが少林寺であるとして道場破りを決意した。

 5年間の準備期間を経て、深夜に道場破りを敢行。少林寺代表として出てきた武術僧を、山本はわずか数分で撃破。「今の少林武術は実戦用ではなく公演用だ」と捨てぜりふを吐き、5年後の再来襲を予告して去った―という。

 少林拳が完敗したとの衝撃的話題は中国全土で反響を呼んだ。ウェブサイトには「映画出演とか金もうけばかりに熱心だから、日本人なんかに負けるんだ」などと少林寺を厳しく批判する書き込みまで登場。河南省の地元紙「河南商報」(電子版)によると、閲覧者は書き込み掲載後の3日間で4万4000件を超えた。

 これに対し、少林寺の法律顧問は、サイトに掲載された「挑戦を受ける際の手法」などが事実と異なることなどを指摘したうえで「悪質なデマ」と否定。さらに「実際に挑戦者が現れた場合は、中国の尊厳と名誉をかけて受けて立つ」との声明を発表した。この事態に「忍者に完敗説」の作者と見られる人物は「作り話だった」とサイト上で謝罪する羽目に。


 「段ボール肉まん」報道みたいなもんでしょうか。“伊賀忍者の末裔”山本義清さんは30年に渡って武道を修練されているのならば、是非ともK-1やHERO'Sに上がってほしいものですが(苦笑)、架空の人物ならば仕方がない。

少林寺拳法 - Wikipedia

少林拳 - Wikipedia

 ご存知の方も多いと思いますが少林寺拳法は日本発祥の拳法の流派で、中国の少林拳とは全くの別物。

少林寺、ネットの「忍者に敗北」投稿に激怒(ITmedia News 2007年9月3日)

伊賀忍者が少林寺を道場破り? 少林寺側は公式に否定(産経新聞 2007年9月4日)

 日本では9月上旬から話題になっていた。しかしなんでこんなデマを書いたのでしょうか。反日感情を煽るため?

なでしこ「謝謝」横断幕に中国で賛否激論(スポーツ報知 2007年9月22日)
 日本の女子サッカー代表チーム「なでしこJAPAN」が、17日に杭州(中国)で行われた女子W杯1次リーグA組ドイツ戦で、観客からブーイングを受けたにもかかわらず、試合後に「謝謝」(ありがとう)と中国への感謝を表した横断幕を掲げたことが、中国内で論争に発展している。「勇気に感動した。見習うべきだ」と称賛する声と「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥だ」と反発する声がメディアも巻き込んで交錯。08年の北京五輪に向け、中国では観客のマナー向上が課題となっており、今後も騒動は広がりそうだ。

 日本チームが横断幕を掲げたのは、17日に杭州で行われた女子W杯のドイツ戦。ドイツ・サポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴びる中、0―2で敗れたが、選手は試合後に観客席前で整列。「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を広げ、深々とおじぎした。

 翌18日、四川省の成都商報(電子版)が写真付きで伝えると、話題は全国に飛び火し、主要サイトには「最大の敗者は日本選手ではなく(マナーの悪い)観客だ」(中国網)と反省を促す書き込みが。しかし「日本に手心を加えるな」「ブーイングは当然」との反論も相次ぎ、一部ではネット上でののしり合いも起きているという。


 最近もこんなことありましたしねぇ・・・。


【その他気になったニュース】
返し技に軍配 浜口、不可解判定に散る(産経新聞)
浜口親子が微妙な判定に抗議/レスリング(日刊スポーツ)
 世界柔道の時もそうだけど、日本はナメられてるよなぁ・・・。

【K-1】9・29藤本が余裕の勝利宣言。「澤屋敷がKO? じゃあ俺は判定勝ちで」(GBR)
「シュルトはパンケーキ」バダ・ハリが悪魔に戻る(FEG)
 なぜパンケーキ?

UFC&PRIDE統一王者クイントン“ランペイジ”ジャクソンインタビュー「俺は“ホームレス”なんかじゃない」=『GONKAKU』(スポーツナビ)
ジャクソン 俺も日本のファンに会いたいよ。日本で試合ができないことを悪いと思っている。日本のファンは素晴らしいよね。ほかでは会えないようなファンばかりだ。日本のファンは絶対にブーイングをしないしね。UFCでは今のところ、俺は毎回ブーイングにあってるんだよ。ここでもね(苦笑)。

 ブーイング? 中村カズvs中尾“KISS”の時は凄かったですよ(笑)。

【パンクラス】 エド・フィッシュマン、パンクラスとの買収協議を認める(NHBnews PRO)
 HDNet Fightsの傘下に入るのか?

【海外総合】 ロレンゾ「 UFC 放送再開を WOWOW と協議中」(NHBnews PRO)
 本当ならありがたいが。

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索