2007年09月23日

ヒョードルの去就を語った金正律会長のサイカンエンターテイメントとはこんな会社



 NHBnews PROさんに先を越されましたが、

[TGS 2007#45]サイカンの金会長にヒョードル選手のことを聞いてみた(4Gamer.net)

 以上の記事を紹介した上でサイカンエンターテイメントとPRIDEの関係について色々書いていく

4Gamer:
 金会長の思いが反映されたゲームが出来上がったら,ゲーム好きな格闘技ファンはきっと喜ぶと思います。ところでヒョードル選手といえば,2006年12月31日に開催された「PRIDE男祭り 2006 -FUMETSU-」でのマーク・ハント選手との試合以来,日本での試合からは遠ざかっています。その間に,主戦場だったPRIDEの権利がドリームステージエンターテインメントから,UFCのオーナーであるロレンゾ・フェティータ氏の元に移るなどのゴタゴタが続いており,PRIDE再開の音沙汰すらない状態です。アメリカのUFCや,4月にロシアで興行を行ってヒョードル選手を出場させたカナダのBodogをはじめ,世界中の総合格闘技プロモーションがヒョードル選手の獲得を狙っていると噂されていますが,実際のところ,ヒョードル選手はどこのリングに上がることになるのでしょうか?

金会長:
 その件について,実はヒョードル選手と日本やアメリカ,ロシア,そして韓国などあちこちで直接会って話を聞いているんですが・・・。ヒョードル選手自身,PRIDE,HERO'S,UFC,Bodogなどのうち,どこがいいのか,さまざまな可能性を考えながら悩み,検討しているようですよ。

4Gamer:
 やっぱり,日本のファンとしては日本で試合をしてもらいたいんですけどねぇ・・・。ヒョードル選手を呼べそうな日本の総合格闘技の興行となると,HERO'Sぐらいしか思い浮かばないので,ぜひ参戦してほしいところなんですが。

金会長:
 そうですねぇ。例えばHERO'Sのリングに上がるにしても,PRIDEとの契約の問題があるので,まだすぐには動けないと思うんです。

4Gamer:
 PRIDEといえば,金会長は以前,PRIDE韓国興行の実現に向けてサポートしたいとおっしゃっていましたよね。

金会長:
 ええ。確かに韓国興行を実現するべく,動くつもりだったのですが・・・。結局それも,PRIDEのオーナーが変わり,表だった動きがなくなったことで不可能になってしまいました。

4Gamer:
 返す返すも残念なところです。金会長にこんなお願いをするのは申し訳ないのですが,せめてヒョードル選手に「日本のファンが待っているよ!」とお伝えいただけないでしょうか。

金会長:
 分かりました。伝えましょう! それに実は・・・早ければ来月,遅くとも再来月にはヒョードル選手を日本に呼んで,サイン会や写真撮影会,Cykanのゲームを使ったゲーム大会を開催しようと計画しているんです。試合をお見せすることはできませんが,実現したらぜひ遊びに来てください。

4Gamer:
 えっ,本当ですか? 実現することを楽しみにしています! ありがとうございました!


 ゲーム情報サイトなのにヒョードルのことしか聞かないとは実にグッジョブだったわけですが、サイカンとヒョードル、PRIDEの関係については以下の過去記事等をご参照下さい。

Cykan Entertainment.
 トップページにヒョードル。

「世界最強男」ヒョードル、韓国でCMモデルデビュー(朝鮮日報 2006年08月21日)
 朝鮮日報も紹介。

[韓国ゲーム事情#591]CYKAN,日本ゲームメーカー合併を検討中(4Gamer.net 2006年08月30日)
 ヒョードルを招いて大々的に記者会見。

ヒョードルを見に東京ゲームショウに行こう!(2006年09月23日)
 昨年の東京ゲームショウ。結局来たんだっけ。失念。

来年PRIDE韓国大会が開催される可能性が高まる(2006年10月20日)
 今は韓国はおろか日本ですら・・・なのですが、今年の上半期にサイカン主導で開催するつもりではあった。

 現実問題サイカン単独で大会を主催してヒョードルを上げるなんてことは難しいでしょう。来月か再来月にサイン会や写真撮影会って、本来ならば東京ゲームショウに呼びたかったのでは?


【その他気になったニュース】
PRIDEミドル級GP王者ショーグン、UFC初登場待ったなし!(MMA PLANET)
中村、ショーグンら計量合格 22日UFC初戦(スポーツナビ)
 間もなくUFC76。

内藤カモ~ン!大毅 青空公開スパー(デイリー)
 お台場パレットタウンでやるそうで。

世界レスリング 日本男子、フリーは五輪切符ゼロ(産経新聞)
 これは厳しい。

【修斗】悪夢再び! 佐藤ルミナが世界戦を前にまさかの一本負け(GBR)
 これも厳しい。井口攝は復帰戦を判定勝ち。

柔術界の“レジェンド”ヒクソン・グレイシー独占緊急取材!=「格闘技通信」発(スポーツナビ)
 「いつ誰と闘っても勝てる。ヒョードル? 問題ない」だそうで・・・。

▼人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PRIDE | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索