2023年07月09日

『UFC 290: Volkanovski vs. Rodriguez』速報

UFC ChampionshipベルトUltimate Fightingレプリカベルト大人用サイズRealレザー


UFC 290 ‘Volkanovski vs. Rodriguez’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)



 上記を参照。以下、速報です。

Early preliminary card(日本時間7月9日午前7時開始、U-NEXTUFC Fight Pass

▼ライト級/5分3R
カムエラ・カーク vs. エステバン・リボヴィクス


 1ラウンド。リボヴィクス左右ロー、なおもプレッシャー掛けるもカークテイクダウン、パスしてハーフ。バックに回り込む。ボディトライアングルからチョーク狙い。リボヴィクス必死にディフェンス。カークトップを取ると肩固め狙い。ここでラウンド終了。

 2ラウンド。リボヴィクス左ハイ、右ロー、カークジャブ、ワンツー、前蹴り、右ロー、リボヴィクス左ハイ、ワンツー、カーク左右ロー連打、パンチが交錯。カークワンツー、リボヴィクス右ハイ、カークかわしてクリンチ、リボヴィクス膝蹴りもカークテイクダウン、三角絞め狙いもリボヴィクス外す、スタンドに戻る。打ち合いが続く、カーク片足タックルもリボヴィクス切る、カークワンツーから再びタックルもリボヴィクス切って肘打ち、離れる。激しい打ち合い。リボヴィクス左右フック連打! カークダウン! リボヴィクス立ったままパウンド連打! ハーフから肘打ちも深追いせず立たせる。カークワンツー、リボヴィクスワンツー、カークダウン! すぐ立つもリボヴィクスなおも左右連打! しかしここでラウンド終了。

 3ラウンド。リボヴィクス左ローもカークの急所にヒット。休憩後再開。打ち合い。リボヴィクス優勢もカークテイクダウン、パスしてハーフ。リボヴィクス金網際に移動し立つ、離れて再び打ち合い。カークタックルも切られる。リボヴィクス左右連打、カークテイクダウン、リボヴィクスすぐ立つ、カークなおも金網に押し込む。離れてリボヴィクス左右連打、カーク片足タックルも切られる、カーク再びタックル、リボヴィクスがぶってパウンド連打、カーク離れてスタンドに戻る、逆にリボヴィクスがテイクダウン、カークすぐ立つ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でエステバン・リボヴィクス勝利。


▼フライ級/5分3R
シャノン・ロス vs. ヘスス・サントス・アギラー


 1ラウンド。互いにロー。しばらく打ち合いが続くかと思いきやアギラー飛び込んでオーバーハンド! ロスノックアウト!

 1ラウンド0分17秒、ヘスス・サントス・アギラーKO勝ち。


▼バンタム級/5分3R
キャメロン・サーイマン vs. テレンス・ミッチェル


 1ラウンド。サーイマンはサウスポー。サーイマン左ハイもミッチェルかわしてテイクダウン、サーイマンすかさずギロチンチョーク! かなり深く入るがミッチェル外す、サーイマンクローズドガードからアームバーに行く、ミッチェル外すもサーイマントップを取り返す、ミッチェル立つ、サーイマンなおも金網に押し込んで膝蹴り連打、テイクダウン、バックからパウンド、バックマウントから側頭部にパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド3分10秒、キャメロン・サーイマンTKO勝ち。


▼ライトヘビー級/5分3R
ヴィトー・ペトリーノ vs. マルチン・プラフニオ


 1ラウンド。ジャブの応酬が続く。パンチが交錯、クリンチからペトリーノが金網に押し込む。離れる。ペトリーノジャブ、右ハイ3連発、右フックからタックル、金網に押し込む、テイクダウン、クローズドガード。プラフニオ下から組み付いて金網に押し込む、膝蹴り連打、離れる。ペトリーノ右ハイ、プラフニオ左ロー、ワンツー。ペトリーノジャブ、プラフニオワンツー、ジャブ、ペトリーノ右ハイ、右ミドル、テイクダウン、ハーフから肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。プラフニオワンツー、バックスピンキック、クリンチもペトリーノがテイクダウン、クローズドガード。ペトリーノパウンド連打。パスしてハーフ。手首を取ってアームロック狙い。しかしプラフニオ下から鉄槌連打。ペトリーノアームロック狙いを外して肘打ち。プラフニオ脱出図るもペトリーノバックに回り込むとチョーク! しかしプラフニオ外して正対、ペトリーノ今度はハーフから肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。ペトリーノ右ロー。プラフニオバックスピンキック。ペトリーノ跳び膝も不発。プラフニオジャブ。ワンツー。ペトリーノワンツー、右フック、右ハイ。ジャブ連打。プラフニオワンツースリー、左右ロー、ペトリーノ右ミドル、プラフニオワンツー、ジャブ連打、ペトリーノ跳び膝も不発、しかしそこからテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウント。肩固め! プラフニオタップ!

 3ラウンド3分42秒、肩固めでヴィトー・ペトリーノ勝利。


Preliminary card(日本時間7月9日午前9時開始、U-NEXTUFC Fight Pass

▼ライトヘビー級/5分3R
ジミー・クルート vs. アロンゾ・メニフィールド


 1ラウンド。中央で探り合い。クルート右ロー、メニフィールド右ストレート。右ロー。クルート右ロー、メニフィールドワンツー。クルート右ロー、メニフィールド右フック。右ストレート。クルートタックル、メニフィールド切って逆に金網に押し込む、クルート入れ替える、入れ替え合戦が続く。クルート肘打ち。メニフィールド離れてワンツー、再び金網に押し込む、クルート入れ替える、膝蹴り。またも入れ替え合戦が続く。ラウンド終了。

 2ラウンド。メニフィールドワンツー、クルートジャブ、メニフィールドワンツー、クルート左ミドル、メニフィールドワンツー。ジャブが交錯、メニフィールドジャブ連打。ワンツー。クルートテイクダウン、メニフィールドすぐ立つ、クルートなおも金網に押し込みに行くもメニフィールドがぶってギロチンチョーク! クルートタップ!

 2ラウンド1分55秒、ギロチンチョークでアロンゾ・メニフィールド勝利。クルートはグローブを外して引退か。


▼女子ストロー級/5分3R
ヤズミン・ハウレギ vs. デニシ・ゴメス


 1ラウンド。ゴメスいきなり右フック! ハウレギぐらつく! ゴメスなおも金網際に追い込んで左右連打! ハウレギダウン! ゴメスパウンド連打! ハウレギなおも脚に組み付こうとするもゴメスさらにパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分20秒、デニシ・ゴメスTKO勝ち。


▼130ポンド契約/5分3R
平良達郎 vs. エドガー・チャイレス


 1ラウンド。チャイレス右ロー、平良も右ロー。互いに右ロー。平良左ロー、左ミドル、右ロー。左ロー。チャイレス左フック、平良左右ロー、右ストレート。チャイレス右ロー、平良ダウン、すぐ立つ。平良右ロー、タックルもチャイレスカウンターの膝蹴り! 平良ダウン! しかしすぐ立つとテイクダウン、チャイレスすかさずギロチンチョークも不完全、平良ハーフから肘打ち連打。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いに右ロー。平良テイクダウン、パスしてハーフ。さらにパスしてマウント、ハーフに戻す。平良パウンド連打。パスしてマウント。平良肘打ち連打。しかし仕留めきれない。チャイレス必死にホールド。平良三角絞めに行くもここでラウンド終了。

 3ラウンド。チャイレス左ミドル。ジャブ。平良右ロー。チャイレスジャブ連打、互いにロー。平良右ストレート、チャイレスワンツー。ジャブ。平良左ロー。左右ロー。チャイレスワンツー、平良右ロー、チャイレスジャブ、平良テイクダウン、ハーフガード。チャイレス必死にホールド。平良パウンド、肘打ち。チャイレス立つ、平良なおも金網に押し込む、チャイレスギロチンチョーク! 試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-27×3)で平良達郎勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ロビー・ローラー vs. ニコ・プライス


 1ラウンド。ローラーはサウスポー。ローラー左ストレート、ワンツー。ワンツー、右アッパー、クリンチアッパー連打! 左フック! プライスノックアウト!

 1ラウンド0分38秒、ロビー・ローラーKO勝ち。引退試合で有終の美を飾る。



Main card(日本時間7月9日午前11時開始、U-NEXTUFC Fight Pass

▼ミドル級/5分3R
ボー・ニッカル vs. ヴァル・ウッドバーン


 1ラウンド。ニッカルはサウスポー。ニッカルプレッシャー掛ける。左フック、タックルフェイント。右フック、ワンツー、ウッドバーンぐらつく! ニッカル左アッパー! ウッドバーンノックアウト!

 1ラウンド0分38秒、ボー・ニッカルTKO勝ち。


▼158ポンド契約/5分3R
ジェイリン・ターナー vs. ダン・フッカー


 1ラウンド。ターナーはスイッチスタンス。フッカー右ロー、ターナープレッシャー掛ける。右ロー。フッカー左ロー。ターナー右ストレート連打。フッカー右ローもターナーの急所にヒット。休憩後再開。フッカー前蹴り、ジャブ、前蹴り。関節蹴り連打。ターナー右フック。左フック、左ハイ。フッカー右ロー、ターナー前蹴り。フッカー関節蹴り。ターナーソバット、ワンツー。フッカーワンツー、右ロー。右ミドル、右ロー。互いに右ロー。ターナー左ロー連打。フッカークリンチ、離れる、互いにロー、フッカー前蹴り、ターナーワンツー。フッカー左ミドル。ターナー右ロー。フッカー右ミドル、ターナーワンツー。フッカー右ロー。ターナー右ストレート、フッカー前蹴り。パンチが交錯。ラウンド終了。

 2ラウンド。ターナープレッシャー掛ける、フッカー左ロー。右ロー。ターナーワンツー。パンチが交錯。フッカー右ロー。ターナー左ロー。フッカー右ロー。右ボディ、右ロー。ターナー左ロー連打。右フック。フッカーワンツー、右ロー。ターナー左ロー。左ハイ! フッカーぐらつく! ターナー膝蹴り、肘打ち、左右連打! 離れて前蹴り。フッカー下がりながらジャブ連打。ターナー右フック。左ハイ。フッカーワンツー。ターナー左ストレート。フッカーワンツースリー、ターナーぐらつく! フッカー左右連打! 首相撲から互いに膝蹴り、ターナースリップ、フッカーバックを取ってチョーク! しかしここでラウンド終了。

 3ラウンド。フッカーいきなり左フック連打、ターナーぐらつく! しかしターナー前蹴りからプレッシャー掛ける、激しい打ち合い! フッカータックルも切られる、フッカー左右連打、右ロー、ジャブ、右フック連打、膝蹴り、ターナー前蹴り、テイクダウン、フッカー立つと左右連打! ターナーダウン! フッカーパウンド、ターナークローズドガード。フッカーパウンド連打。ターナー立つと膝蹴り、左ミドル、前蹴り、パンチが交錯。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でダン・フッカー勝利。


▼ミドル級/5分3R
ロバート・ウィテカー vs. ドリカス・デュ・プレシ


 1ラウンド。プレシはサウスポー。プレシ左ロー、ウィテカーワンツー、プレシ前蹴り。ウィテカー右ロー、ジャブ。ジャブ連打。左フック。プレシ左ロー、ワンツー。ウィテカージャブからテイクダウン、パスしてサイド。プレシ脱出、スタンドに戻る。プレシ左ストレート、左ミドル。ウィテカージャブ連打。プレシワンツー。ウィテカーワンツー。右フック。ジャブ。プレシ左ミドル、ウィテカージャブ。ワンツー、タックルもプレシが大外刈りでテイクダウン、パスしてサイド。プレシパウンド連打! しかしここでラウンド終了。ウィテカー右目の上をカットしている。

 2ラウンド。ウィテカーワンツースリー、プレシ右ロー、ウィテカー右ハイ、ジャブ連打、右ストレート。ワンツー。プレシワンツー。ウィテカージャブ。ワンツー、ワンツー。ジャブ、右ハイ。プレシ左ミドル。ウィテカージャブ連打。プレシカウンターのジャブ、ウィテカーダウン! すぐ立つもプレシなおも左右連打! ウィテカーダウン! プレシパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド2分23秒、ドリカス・デュ・プレシTKO勝ち。

 試合後にイスラエル・アデサニヤがケージインし舌戦を展開。年内にタイトルマッチか。



▼UFCフライ級タイトルマッチ/5分5R
ブランドン・モレノ vs. アレッシャンドリ・パントージャ


 1ラウンド。パントージャいきなり前に出て左右連打、モレノタックル、金網に押し込む。パントージャ離れる。モレノジャブ連打、ワンツー、パントージャタックル、金網に押し込む、モレノ離れる。クリンチ、金網に押し込む、離れ際に肘打ち。モレノジャブ、パントージャワンツー、モレノダウン! パントージャトップを取る、ハーフガード。パスしてサイド。パントージャパウンド、肘打ち、モレノ脱出、スタンドに戻る。モレノ右目の上をカットしている。打ち合いが続く。パントージャ右ハイ、モレノキャッチもパントージャ外して金網に押し込む、離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブの応酬。パントージャ右ハイ、激しい打ち合いが続く。モレノワンツーからバックに回り込みテイクダウン、チョーク狙いもパントージャディフェンス。脱出図るもモレノ今度はトップを取る。パントージャ脱出、スタンドに戻ると激しい打ち合い! パントージャ離れる。ジャブの応酬。パントージャ左ミドル、モレノキャッチしテイクダウン。ラウンド終了。

 3ラウンド。いきなり打ち合い、モレノクリンチ、パントージャ膝蹴りもモレノの急所にヒット。休憩後再開。またも打ち合い、パントージャバックに回り込むとテイクダウン、ボディトライアングルからチョーク狙いもモレノディフェンス。モレノ反転しトップを取る、パントージャクローズドガード。モレノ立つと両者スタンドに戻る。激しい打ち合い! モレノワンツー、左ハイ、パントージャジャブからタックル、金網に押し込む、離れる。パントージャ再びタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、モレノオモプラッタに行くもパントージャ外す、しかしモレノスイープ、モレノパウンド、パントージャも下から肘打ち連打、スタンドに戻るとまたも打ち合い。ラウンド終了。パントージャ額から出血。

 4ラウンド。いきなり打ち合い。モレノ左フック連打。ジャブが何度も交錯。パントージャ右ロー。モレノ肘打ち、パントージャテイクダウン、パスしてサイド、さらにパス狙うもモレノ立つ、パントージャなおも金網に押し込む。テイクダウン、パスしてサイド。モレノ立つ、パントージャなおも金網に押し込む。テイクダウンもモレノスイープ、パントージャ蹴り上げ、両者スタンドに戻ると激しい打ち合い、モレノ肘打ち。ラウンド終了。

 5ラウンド。モレノプレッシャー掛ける。ジャブの応酬。パンチが交錯。モレノ左フック。パンチが何度も交錯。パントージャテイクダウン、ハーフガード。モレノ立つもパントージャバックを取っておんぶ、ボディトライアングルで降りない。パントージャバックから側頭部にパウンド連打。チョーク狙いもモレノ外す。試合終了。

 5ラウンド終了、判定2-1(46-49、48-47、48-47)でアレッシャンドリ・パントージャ勝利。フライ級新チャンピオンに。


▼UFCフェザー級王座統一戦/5分5R
アレックス・ヴォルカノフスキー vs. ヤイール・ロドリゲス


 1ラウンド。ヴォルカノフスキーはスイッチスタンス、ロドリゲスはサウスポー。ヴォルカノフスキープレッシャー掛ける。互いにロー。ロドリゲス右ハイ連打。ヴォルカノフスキー左ロー。ロドリゲス左ミドル連打もヴォルカノフスキーキャッチしテイクダウン、ロドリゲスクローズドガード。ヴォルカノフスキー金網際に移動。脇腹にパウンド連打。頭部に肘打ち連打。ロドリゲス立つ、ヴォルカノフスキーなおも金網に押し込む。テイクダウン、ロドリゲス立つ、ヴォルカノフスキーテイクダウン、ハーフからパウンド連打。肩固め狙いも外れる。ヴォルカノフスキー再びパウンド連打、ロドリゲス下から肘打ち。ロドリゲスクローズドに戻す。ラウンド終了。ヴォルカノフスキー左目の上をカットしている。

 2ラウンド。左ローが交錯、右ローが交錯、ロドリゲス右ハイ連打、ソバット。ロドリゲス右ロー、右ミドル。前蹴り、左ロー。ヴォルカノフスキーワンツー、右フックからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、バックに回り込む、ロドリゲス立つ、ヴォルカノフスキーなおも金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。ヴォルカノフスキー肘打ち。ロドリゲス立つ、ヴォルカノフスキーなおも金網に押し込む。テイクダウン、ハーフからパウンド連打、肘打ち連打。ロドリゲスクローズドに戻すもヴォルカノフスキーなおもパウンド連打、ロドリゲスも下から肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。ロドリゲス前蹴り、左ミドル、右ハイ、右ローが交錯。ロドリゲスワンツー、右ハイ、ヴォルカノフスキー右ロー、右フック。ロドリゲス右ロー、前蹴り。左ハイ、前蹴り。右ロー。ヴォルカノフスキー右ロー。ロドリゲス前蹴り連打、右ハイ、ワンツー、ソバット。ヴォルカノフスキー左ロー。ロドリゲス左右ロー、前蹴り。ワンツー、右ミドル。ヴォルカノフスキータックルもかわされる、ロドリゲスワンツー、右ミドル。ヴォルカノフスキーワンツー、なおもワンツーもバッティング。休憩後再開。ロドリゲス右ハイ。二段蹴り。ワンツースリー、右ロー。右ハイ。ヴォルカノフスキーワンツー、金網際に追い込んで左右連打! テイクダウン、ヴォルカノフスキーパウンド連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド、アレックス・ヴォルカノフスキーTKO勝ち。フェザー級王座を統一。




posted by ジーニアス at 07:00| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう、お疲れ様、ロビー・ローラー!!
ファイトスタイルも人柄も男前な最高の漢だったぜ!

激闘王は永遠に!!!
Posted by ナナジン at 2023年07月09日 10:46
ロビーローラーの涙で久々に泣いたわ。
マジでかっこいい漢だったし、今もかっこいい。
ありがとう
Posted by リーバイス at 2023年07月09日 11:55
凄まじい大会だった!
録画できないのが悔しい!!

そしてヴォルカノ人外。
Posted by ナナジン at 2023年07月09日 14:09
ドリカスはイケメンだし、アデサンヤ倒したら人気出そうだけど、アデサンヤ185cm前後くらいの奴得意だからなー
Posted by リーバイス at 2023年07月09日 15:59
神興業でした!

ローラーには感動させられたし、
メイン5試合は全て凄い試合でした。

平はフィニッシュして欲しかったな。
3ラウンド残り10秒は少しヒヤリとしました。
Posted by danny at 2023年07月09日 16:45
おめでとうパントゥージャ
扇久保にリベンジしなきゃだな
Posted by george at 2023年07月09日 16:59
大きな怪我が無くて良かった。
最後までカッコよかったよ。
最高の漢、ロビー・ローラーお疲れさまでした。
Posted by たかはし at 2023年07月11日 17:02
アデサニヤ、ギャングスタぶるのは止めろ。
デュ・プレシにKOされるところを見るのが待ち切れない
Posted by ☆ at 2023年07月11日 19:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索