2022年12月04日

コナー・マクレガーが4年8ヶ月前の『UFC 223』で起こしたバス襲撃事件で負傷させたマイケル・キエサとの和解がようやく成立

示談・調停・和解のやり方がわかる(第5版)


 『UFC 223: Khabib vs. Iaquinta』の2日前の2018年4月5日に、コナー・マクレガーがチームメイトらと選手の移動バスを襲撃、台車を投げてフロントガラスが破壊された事件で、マクレガーとマイケル・キエサの和解が成立したことをMMAFightingが確認したとのこと。12月2日にニューヨーク州キングス郡の最高裁判所で和解が成立したそうですが、和解条件は不明です。

 このバス襲撃事件で標的にされたハビブ・ヌルマゴメドフは無傷。事件に関与していたアーテム・ロボフはこの大会でアレックス・カセレスと対戦予定でしたが試合から外されています。そのロボフは現在マクレガーをウイスキー会社の売却益を巡り訴訟を起こしています。他にもレイ・ボーグ vs. ブランドン・モレノが両者負傷で中止になっており、アンソニー・ペティス vs. マイケル・キエサはキエサの顔に傷ができたことから中止になっていました。

 マクレガーは刑事事件で有罪を認めてアンガーマネジメントの研修及び5日間のボランティア活動をしましたが、キエサはマクレガー、マクレガー・スポーツ&エンターテインメント、マジソン・スクエア・ガーデンの親会社を相手取り民事訴訟を起こしていました。



posted by ジーニアス at 01:51| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>他にもレイ・ボーグ vs. ブランドン・モレノがモレノの負傷で中止になっており

マクレガーのバス襲撃のときはモレノじゃなくてボーグが硝子で目を負傷して試合中止だったような
Posted by kn at 2022年12月04日 11:33
>knさん
ご指摘ありがとうございます。ボーグも負傷していたので両者負傷に訂正しました。また何かありましたらよろしくお願いします。
Posted by ジーニアス at 2022年12月05日 20:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索