2007年07月26日

ジョルジュ・サン・ピエールが五味隆典やPRIDEとの統一戦について語る

空手バカ一代講談社キャラクターTシャツ一撃必殺 押忍


 極真空手出身ということで日本にもファンの多いジョルジュ・サン・ピエールがインタビューに答えています。

Q & A with Georges St. Pierre(15ROUNDS.COM)

 以下、本文を変訳

By Gary Herman

Former and future champ?

A few months ago, Georges St. Pierre appeared unstoppable. He ran off six consecutive victories – including wins over Frank Trigg, Sean Sherk, and BJ Penn – and won the UFC welterweight championship from Matt Hughes.

However, in April of 2007, St. Pierre ran into Ultimate Fighter season four winner, Matt Serra. Serra, a huge underdog, quickly handed St. Pierre his first loss in over two years with a knockout in just over three minutes.

Now, St. Pierre begins the road back to the UFC welterweight championship. The quest starts on August 25 with a match against Josh Koscheck. The winner of the fight may very well be next in line to fight the winner of the Serra – Hughes title bout scheduled for the end of 2007.

We recently caught up the St. Pierre to talk about his fight with Koscheck, what happened with Serra as well as some interesting possibilities for his future.

(変訳)
ゲイリー・ハーマンによって

 前チャンピオンにして未来のチャンピオン?

 数ヵ月前、ジョルジュ・サン・ピエールは、誰にも止められないように見えました。彼は6連勝を逃がしました。 – フランク・トリッグ、ショーン・シャークとBJペンに対する勝利を含むこと – そして、マット・ヒューズとのUFCウェルター級選手権に勝利しました。

 しかし、2007年4月に、サンピエールはUltimate Fighterシーズン4の勝者マット・セラと対戦しました。勝ち目がほとんどないと思われていたセラは、僅か3分余りでノックアウト勝ちしサンピエールに2年以上ぶりの敗北をもたらしました。

 今後、サンピエールはUFCウェルター級王座奪回への道を開始します。リベンジロードは8月25日、ジョシュ・コスチェックとの試合で始まります。この試合の勝者は2007年末に予定されているセラvsヒューズのタイトルマッチの勝利者と戦うことになるかもしれません。

 我々はコスチェック戦の他、セラ戦で起こったこと、今後のことなどを尋ねるために、最近サン・ピエールを直撃しました。

GH: We’re about a month or so away form the fight with Josh Koscheck how is your training camp going?

GSP: I’m in the best shape of my life. Physically, mentally – everything is good right now.

GH: Koscheck has been on a tremendous roll as of late. What are your thoughts on your opponent?

GSP: Josh Koscheck is a very tough opponent. He’s one of the best guys in the division.

GH: The top guy in the division right now is of course, Matt Serra. After your fight with Serra, you were very complimentary towards him, but since then, the tide seemed to have turned a little bit. Is there anything that caused the friction between yourself and Serra?

GSP: The thing is – a lot of people got very mad at me when I lost that fight. A lot of people were asking me, “What happened to you Georges? How come you didn’t look so sharp? How come you looked so different?”

I felt like I had to explain myself and my version of the story. And by doing this, it was disrespectful to Serra. It took away some of his credit. After I realized what I said, I apologized to him about what I said. I do not want to take anything away from him. I don’t want to give any excuses. I am a professional athlete. I took that fight. I knew I’d have to deal with the consequences of a loss, and I’d have to deal with it like a man. That’s what happened. And now I look to the future.

GH: Taking a fight with Koscheck is certainly a great way to get you right back in the mix for a title shot.

GSP: Exactly. That’s why I wanted to fight Koscheck. I want to fight the best guy in line and I am very happy to be getting in there with Koscheck. I am pumped up for the fight.

GH: What did you think of Koscheck’s performance vs. Diego Sanchez?

GSP: He fought a very intelligent fight. He’s an intelligent fighter. He has a great camp. It’s a great challenge. It may be the toughest fight of my life, but I’m in great shape for it. Mentally, physically – I have no issues. Everything is going well in my life.

(変訳)
GH:ジョシュ・コスチェック戦まであと1ヶ月ほどになりましたが、トレーニングキャンプは順調ですか?

GSP:自分の人生で最高のコンディションです。フィジカル的にもメンタル的にも – すべての面で今が最高です。

GH:コスチェックの最近の勢いは相当なものがあります。あなたは彼に関してどう考えてますか?

GSP:ジョシュ・コスチェックは非常に手強い相手です。彼はこの階級で最高の選手の一人です。

GH:しかし現在トップに立っているのはもちろんマット・セラです。セラとあなたの試合の後、あなたは彼を非常に賞賛していました。しかし、それ以来、流れは少し変わったようでした。あなたとセラの間で摩擦を引き起こした何かが、ありましたす?

GSP:本当のところ – 私があの試合に負けた時、多くの人々は私に非常にひどく怒っていました。みんなは私にこう尋ねました。「何がお前に起こったんだジョルジュ?」「お前の動きはシャープに見えなかったが?」「お前はいつもと違って見えたがどうした?」

 私は、私自身のストーリーで説明しなければならないと感じました。そして、その説明をすることによって結果的にセラに対して失礼なことをしました。彼の信用のいくらかを奪ってしまいました。私は自分が何を言ったか理解した後、そのことについて彼に謝罪しました。私は彼から何も取りたくありません。私はいかなる弁解もしたくありません。私はプロのスポーツマンです。私はその試合をしました。私は負けた結果に対処しなければならないということを知っていました。そして、私は男としてそれに対処しなければなりません。それは起きてしまったことです。そして現在私は未来に目を向けています。

GH:コスチェック戦は、タイトル奪回と名誉挽回のためにもうってつけということになりますね。

GSP:その通り。だからこそ私はコスチェックと戦いたかったのです。私は最高の選手と戦いたいです、そしてコスチェック戦が組まれて非常に満足です。試合のモチベーションも上がっています。

GH:あなたはディエゴ・サンチェス戦でのコスチェックのパフォーマンスを見てどう思いましたか?

GSP:彼は非常に知的な戦いを行いました。彼はインテリジェンスファイターです。彼はいいポジションにいます。それは素晴らしいチャレンジです。私の人生で最も厳しい試合になるかもしれません。しかし私はこの試合のために最高のコンディションを築いています。精神的にも身体的にも – 私には何の問題もありません。全てが私の人生で最も上手くいってます。

GH: We talked a little about the division – guys like Serra, Sanchez, Koscheck. There are a lot of other great fighters as well – including Hughes, Karo Parisyan and possibly Penn. Maybe even Takanori Gomi in the future. The welterweight division is loaded. What are your thoughts on the welterweight division right now?

GSP: Well, it’s great. I am a very proud athlete. I want to be world champion again, and I think I will be. I don’t want to be a paper champion. I want to be a real champion. When you say you’re a ‘world champion’ but then you see someone in another organization is ranked higher, that makes you feel bad. But since the UFC bought so many organizations including Pride and with the talent they already have, when I become world champion, I will be the best in the world.

GH: What do you think about the Pride purchase? Is it good for the sport?

GSP: Absolutely. It’s great for the sport because we can unify the titles. It’ll be great for the fighters and the fans.

GH: Has the UFC mentioned anything about potential unification fights down the line if you were to win your next two fights?

GSP: I don’t know exactly what’s going to happen. From what I’ve heard, they are going to get the champions to face each other and that would be a great thing.

GH: That would be huge. Of course the similar Pride champion is the aforementioned Gomi, and he sits in the middle of 155 and 170. In the past, we had heard that you may be interested in actually moving up to 185 lbs to take on Anderson Silva. Are you still comfortable at 170?

GSP: I am very comfortable at 170. People think that I am bigger than I am. I don’t cut much weight. One day when I become world champion again and I have the opportunity to go up and I don’t have much competition in my division, I think I would go up.

It would be for the challenge. Nothing personal - I just want to make my mark in the sport. I want to make history. I want people to remember me as the best fighter there has ever been in the sport. To do that, I need to do some crazy stuff like going up and challenging other champions and that is in my plans. But right now, I am just thinking about the present moment and Josh Koscheck.

GH: You’ve had some big wins in your career – from Matt Hughes, BJ Penn, Karo Parisyan, Jason Miller, Sean Sherk and Frank Trigg. Do any of those fights in particular stand out with you as being your favorite fight?

GSP: The fight that I performed the best in was my last fight with Matt Hughes. After that, they were all great. And right now, I feel the best I ever have. My personal life is great. In the past, a lot of personal issues turned bad all at the same time. Now, I fixed the puzzle and everything is going well.

GH: Seeing your tremendous popularity in Canada, do you think the UFC will be going to Canada?

GSP: I’m at the same stage you guys are. I’ve heard some rumors. Hopefully, when I win my next fight, the UFC will come to Montreal. That would be great.

(変訳)
GH:階級についての話題が少し出ましたが – 多くの人々は、サンチェス、コスチェックが好きです。他にも多くの偉大なファイターが同様にいます – ヒューズ、カロ・パリシャンとBJペンも。おそらく今後は五味隆典もこの中に加わってくることでしょう。ウェルター級はますます混戦が予想されます。 あなたは現在のウェルター級に対してどう思いますか?

GSP:とてもグレートです。 アスリートとして非常に光栄です。私は再び世界王者に就きたい。そしてそうなると思います。私はペーパーチャンピオンになりたくありません。真のチャンピオンになりたい。みんなが「あなたは『世界王者』です」と言ってくれたとしても、他団体の誰かがより高いランク付けに評価されてたとしたら、みんなも気分は良くないでしょう。しかし、UFCがPRIDEや、その他にもトップファイターを抱える多くの団体を買収してくれれば、私が世界王者に就いた時、真の世界一ということになる。

GH:PRIDE買収についてどう思いますか? スポーツとしても良いことだと?

GSP:その通り。我々はタイトルを統一することが出来るので、それはスポーツのために大きい。ファイターにもファンのためにも大きいです。

GH:あなたが今後2連勝した場合、UFCはその後に控えているであろう統一戦については何か聞いていませんか?

GSP:私も詳しいことはよく分かりません。私が聞いた話だと、彼らはチャンピオン同士を戦わせるつもりのようです。そして、それは大変グレートな試合になります。

GH:それはとてつもないことになりますね。もちろん、類似したPRIDE王者は先ほど言った五味です。そして彼は155ポンドと170ポンドの中間に位置する王者です。以前あなたはアンデウソン・シウバと対戦するために185ポンドに階級を上げることに興味があると言っていました。あなたはまだ170ポンドが適していますか?

GSP:私は170ポンドが非常に適しています。みんなは、私のことを私自身より大きいと思っています。私は体重では区分けしません。私は再び世界王者になる昇り詰める機会があります。そして自分の階級で多くの競争はしません。私は自分は上がるべきだと思います。

 挑戦することに賛成です。個人的にというわけでなく - 私はスポーツに自分の足跡を残したい。歴史に残りたいのです。このスポーツに最高のファイターがいたということを人々の記憶に残したいのです。そのためにも、私は階級を上げて、他のチャンピオンを挑発するような若干変則的なことをする必要があります。それは私の計画にあります。しかし、たった今この瞬間はジョシュ・コスチェックについてだけを考えています。

GH:あなたは輝かしい戦歴を持っています – マット・ヒューズ、BJペン、カロ・パリシャン、ジェイソン・ミラー、ショーン・シャーク、フランク・トリッグなど。それらの戦いの中でどの試合がベストバウトですか?

GSP:私のベストバウトは、最近のマット・ヒューズ戦です。その後の選手達も全員偉大なファイターでした。今、私はこれまでで最高の時期だと感じています。私生活は充実してます。過去には多くの個人的問題を抱え、同時に悪くなっていました。まるでパズルが揃わないようでした。しかし、今は全ては上手くいっています。


 最後の方はUFCが地元カナダに来ることについてなので端折りますが、結構大きな野望を抱いていることが分かります。

 あと五味は体重を上げてUFCウェルター級に参戦しますかね。ニック・ディアス戦を見ていると70キロに下げるような気がしますが。

その他の最新プロ格ニュースはコチラ
 
posted by ジーニアス at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索