2022年10月02日

『Bellator 286: Pitbull vs. Borics』速報

BELLATOR MMA ワールドチャンピオンレプリカベルト 大人用サイズ


Bellator 286 ‘Pitbull vs. Borics’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

 上記を参照。以下、速報です。

Preliminary card(日本時間午前8時開始、U-NEXT

▼バンタム級/5分3R
リチャード・パレンシア vs. C.J.ハミルトン


 2ラウンド0分12秒、C.J.ハミルトンTKO勝ち。ハミルトン左ローも自らの脛を骨折!

 
▼158.2ポンド契約/5分3R
ランス・ギブソンJr. vs. ドミニク・クラーク


 1ラウンド1分49秒、三角絞めでランス・ギブソンJr.勝利。


▼フェザー級/5分3R
ウェバー・アルメイダ vs. ライアン・リリー


 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でウェバー・アルメイダ勝利。


▼女子フライ級/5分3R
スミコ・イナバ vs. ナディーン・マンディアウ


 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でスミコ・イナバ勝利。


▼ミドル級/5分3R
ハリド・ムルタザリエフ vs. カジムラット・バスタエフ


 2ラウンド3分02秒、ハリド・ムルタザリエフTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
ジェイジェイ・ウィルソン vs. ウラディミール・トコフ


 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でジェイジェイ・ウィルソン勝利。


▼ライト級/5分3R
イスラム・マメドフ vs. ニック・ブラウン


 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でイスラム・マメドフ勝利。


▼バンタム級/5分3R
ボビー・セロニオ3世 vs. ミゲル・ペンバート


 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でボビー・セロニオ3世勝利。


Main Card(日本時間午前11時開始、U-NEXT

▼141ポンド契約/5分3R
フアン・アルチュレタ vs. エンリケ・バルゾーラ


 1ラウンド。アルチュレタいきなり前に出てワンツースリー、クリンチ、離れる。ワンツー、ワンツー、ワンツースリー、クリンチ、離れる。アルチュレタワンツー、ワンツー、バルゾーラクリンチアッパー、アルチュレタテイクダウン、バルゾーラすぐ立つ、アルチュレタなおも金網に押し込む、足をつ踏みつけ、離れる。アルチュレタワンツー、ワンツースリー、バルゾーラクリンチアッパー、アルチュレタ左ロー、ワンツー、ワンツー、左アッパー、バルゾーラ片足タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ハーフガード、パスして上四方、バックに回り込む、アルチュレタ立つ、バルゾーラなおも押し込んでからテイクダウン、バックを取る、アルチュレタ振り落としてから立つ、左フックから金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。アルチュレタワンツー、右ストレート、バルゾーラ片足タックルも切られる、アルチュレタワンツー、バルゾーラ片足タックルも切られる、バルゾーラ片足タックルからテイクダウン、スクランブルからスタンドに戻る。アルチュレタ片足タックルから金網に押し込む、バルゾーラ側頭部に肘打ち、アルチュレタテイクダウン、バルゾーラ金網を背にする。バルゾーラ脱出、アルチュレタタックルも切られる、バルゾーラ右アッパー、アルチュレタタックル、金網に押し込む、テイクダウン、バルゾーラすぐ立つ、アルチュレタなおも押し込む、バルゾーラ入れ替える、アルチュレタさらに入れ替える。バルゾーラ側頭部に肘打ち連打! ラウンド終了。

 3ラウンド。アルチュレタ左ミドル、クリンチ、離れる、バルゾーラ左ミドル、ワンツー、アルチュレタテイクダウン、バルゾーラすぐ立つ、アルチュレタなおも金網に押し込む、離れる。アルチュレタジャブ、片足タックル、金網に押し込む、離れる。バルゾーラワンツーからタックル、金網に押し込む、離れる。バルゾーラワンツー、アルチュレタ前蹴り、右ストレート、バルゾーラワンツー、左右連打、アルチュレタ片足タックル、金網に押し込む、バルゾーラ側頭部に肘打ち、入れ替えてテイクダウン、ハーフガード、バックに回り込むとチョークもアルチュレタ外す。アルチュレタバックを取り返す、バルゾーラ立つ、アルチュレタなおも金網に押し込む、離れ際に跳び膝。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でフアン・アルチュレタ勝利。


▼フェザー級/5分3R
アーロン・ピコ vs. ジェレミー・ケネディ


 1ラウンド。ピコプレッシャー掛ける、ワンツーからタックル、金網に押し込む、肘打ち、離れる。ケネディ右ロー、ジャブ、ピコワンツー、ケネディタックル、金網に押し込む、膝蹴り、テイクダウン、バックからパウンド! ピコ立つ、ケネディなおも金網に押し込む、ピコ左肩を脱臼したか動かせない。ケネディテイクダウン、バックを取りボディトライアングル。側頭部にパウンド。ラウンド終了。

 なんとピコのセコンドが左肩を入れ直して試合再開させようとするもののドクターストップで試合終了。

 1ラウンド終了、ジェレミー・ケネディTKO勝ち。


▼156.6ポンド契約/5分3R
A.J.マッキー vs. スパイク・カーライル


 1ラウンド。カーライルいきなり飛び込んで前蹴りからワンツー、激しい打ち合い! マッキー左フック! カーライルダウン! すぐ立つ、マッキーテイクダウン、バックを取りチョーク狙いもカーライル正対、マッキー今度は三角絞め狙いもカーライル外す、クローズドガード。カーライルパウンド。パスしてハーフからパウンド、肘打ち。マッキークローズドに戻すもカーライル再びパスしてハーフ、マッキースイープ、パスしてマウント、バックに回り込んでチョークもカーライル外す、マッキーなおもパウンド、カーライル反転し正対。ラウンド終了。

 2ラウンド。マッキー右ハイ、カーライル左右ロー、マッキーワンツー、カーライルタックル、投げの打ち合い、マッキーが金網に押し込む、カーライル首を抱える、マッキーテイクダウン、バックに回り込む、チョークに行くもカーライル外す、カーライル立つ、マッキーなおも金網に押し込む、テイクダウン、カーライル金網を背にする、カーライル脱出し左フック、マッキー首を抱える、アナコンダチョーク狙いもカーライルディフェンス。マッキー切り替えてサイドを取る、カーライルクローズドに戻す。マッキーパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。カーライル右ストレート、左ロー、マッキー右ミドル連打、カーライル右ハイ、マッキーテイクダウン、サイドを取る、カーライル立つ、マッキーなおも金網に押し込む、テイクダウン、バックからパウンド連打、スクランブルからハーフに移行、マッキー首を抱えてギロチンチョーク! カーライル外してパウンド、逆にバックに回り込む、しかしマッキー足首取って足関狙い、カーライル外す、マッキーバックに回り込む、チョークに行くもここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-26、30-26、30-27)でA.J.マッキー勝利。


▼Bellatorフェザー級タイトルマッチ/5分5R
パトリシオ・“ピットブル”・フレイレ vs. アダム・ボリッチ


 1ラウンド。ボリッチ左ロー、ジャブ。フレイレ右ロー。ボリッチ左ミドル。フレイレワンツー。右ロー。ボリッチ右ロー。フレイレワンツー、ボリッチ跳び膝もフレイレカウンターの右ストレート、ボリッチダウン、フレイレバックを取る、ボリッチ離れてスタンドに戻る。ボリッチタックルもフレイレがテイクダウン、クローズドガード。フレイレ脇腹にパウンド。ブレイク。ボリッチワンツー、フレイレワンツー、跳び膝も不発。ラウンド終了。

 2ラウンド。ボリッチジャブ、左ハイ、フレイレ右ロー、パンチが交錯、ボリッチワンツー、フレイレ左ロー、ワンツー、互いにロー、フレイレワンツー、ボリッチ右ロー、フレイレ右ロー、右フック、ボリッチ前蹴り、右ロー、フレイレ右ストレート、互いにロー、互いにジャブ、ボリッチ左ロー連打、ワンツー、右ロー、フレイレキャッチしテイクダウン、パスしてハーフ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬。フレイレタックル、離れる、ボリッチワンツー、左ミドル、跳び膝もフレイレキャッチしテイクダウン、ハーフガード、パスしてマウント、フレイレ肘打ち。ボリッチ反転し立つ、フレイレおんぶ、ボリッチ金網に寄り掛かる、フレイレ一旦降りるも再びおんぶ、降りて金網に押し込む、ボリッチ入れ替えて膝蹴り。フレイレされに入れ替えたところでラウンド終了。

 4ラウンド。ボリッチプレッシャー掛けてジャブと左ロー連打、フレイレ右ロー、ボリッチ左ロー連打、右ストレート、左ロー、パンチが交錯、フレイレ右ロー、ボリッチワンツー、互いにロー連打、ボリッチワンツー、ワンツー、フレイレワンツー、ボリッチタックル、金網に押し込む、膝蹴り。ラウンド終了。

 5ラウンド。ボリッチプレッシャー掛ける、フレイレ右ロー、ボリッチジャブ、左ロー、ワンツー、ワンツー、左ロー、フレイレジャブ、ワンツー、ボリッチワンツー、跳び膝もフレイレキャッチしテイクダウン、ボリッチすぐ立つ、フレイレバックに回り込みおんぶ、フレイレ降りる、ボリッチ正対しテイクダウン、パスしてハーフからパウンド、フレイレ立つ、ボリッチなおも金網に押し込む、フレイレグラウンドに引き込む、パスしてトップを取りハーフガード。試合終了。

 5ラウンド終了、判定3-0(48-47、49-46、50-45)でパトリシオ・“ピットブル”・フレイレ勝利。フェザー級王座防衛に成功。




posted by ジーニアス at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベラトール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索