2021年12月03日

外国人新規入国禁止を受けて川尻達也が大晦日に五味隆典とのボクシングマッチを提案



 川尻と五味は2005年9月の『PRIDE武士道』で対戦。ライト級(-73kg)トーナメント1回戦で実現したこの一戦は、ライト級日本人最強を決める戦いとして当時大きな注目を浴び、試合内容もファンを熱狂させた。結果は1R7分42秒、五味がリアネイキドチョークで川尻を降している。

 その後、何度か五味vs川尻の再戦が望まれる機会があったが、実現はしなかった。川尻はボクシングを長く学び、2008年大晦日に武田幸三、2009年7月に魔裟斗とK-1ルールで対戦したことがあり、五味は2020年大晦日に皇治とパンチのみで戦うスタンディングバウトルールで対戦している。

 懐かしいです。12.31『RIZIN.33』が外国人が呼べずにほぼ日本人で固めるとなると、こういうカードも有り得ますね。




posted by ジーニアス at 22:10| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川㞍選手と五味選手が出場してくれるなら、それぞれ川尻達也VS久保優太、五味隆典VS平本蓮、のMMAマッチが見たいなぁ
Posted by どたっぷファイター at 2021年12月03日 23:22
何で五味と川尻のボクシング見なきゃいけないんだよ?
Posted by なか at 2021年12月04日 07:20
格オタからしたら2人のMMA見たいし、
一般層からしたらせっかくの大晦日に川尻対五味のボクシングとか罰ゲームだろ。
Posted by ナニカ at 2021年12月04日 11:29
オミクロンで状況変わっちゃったし、大晦日をお祭り気分で盛り上げるカードとしてありだと思う。
リアルタイム知ってるおっさんしか盛り上がらないかも、だけどw
今更MMAで再戦されても悲しい気持ちになりそう、ティトvsチャックみたいな感じで。
Posted by あなぼりっ君 at 2021年12月04日 14:34
普通にmmaでやればいいのに
Posted by ee at 2021年12月07日 18:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索