2021年10月24日

『UFC Fight Night 196: Costa vs. Vettori』速報

UFC VENUM AUTHENTIC FIGHT WEEK UNISEX HAT


UFC Fight Night 196 ‘Costa vs. Vettori’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

UFC Fight Night 196 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です。

Preliminary card(日本時間10月24日午前2時開始、UFC Fight Pass

▼バンタム級/5分3R
ジョナサン・マルティネス vs. ズヴァイアド・ラジシュビリ


 1ラウンド。マルティネスはサウスポー。マルティネス前蹴り、左ロー連打。ラジシュビリジャブ、ワンツー、マルティネス左ストレート、左ミドル。ラジシュビリタックル、金網に押し込む、膝蹴り。テイクダウン狙うもマルティネス行かせない。離れる、マルティネス前蹴り連打、ラジシュビリ右ロー、マルティネス左ストレート、左ロー、左ミドル、ラジシュビリジャブ、互いにロー、ラジシュビリ右ストレート、互いにロー連打、マルティネス左ミドル、ジャブ、左ハイ、ジャブ、ラジシュビリ右ストレート、ジャブ、右ロー、右ミドル、右ストレート、ジャブ、サイドキック、マルティネスジャブ、ラジシュビリ前蹴り、右ロー、ジャブが交錯。マルティネスワンツー、左ミドル、左ストレート。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いにジャブ。マルティネス前蹴り、ジャブの応酬が続く。ラジシュビリ右ミドル、ジャブの応酬、ラジシュビリ前蹴り、ジャブの応酬、マルティネス左ロー、左ストレート、ラジシュビリ右ロー、前蹴り、互いにストレート、ラジシュビリワンツースリー、マルティネス左ミドル、ラジシュビリ右ロー、右フック、肘打ち、サイドキック、右ミドル、マルティネス左ストレート、左ミドル、左ハイ、ジャブ、ラジシュビリ左ロー、マルティネスジャブ、ラジシュビリ右ストレート、マルティネス右ロー、左ハイ、ジャブ、ラジシュビリ右ミドル、左ロー、右ミドル、右ストレート、マルティネス右ロー、ジャブ、ラジシュビリ右ミドル、ジャブ、マルティネス左ミドル、ジャブが交錯。マルティネス左ミドル。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬、マルティネス右ロー連打、ワンツー、パンチが交錯、マルティネス右ロー、互いにロー連打、マルティネス左ストレート、ジャブ、ラジシュビリ左ロー、マルティネス左ロー、ジャブ連打、左ストレート、互いにジャブ、パンチが交錯、ラジシュビリタックルもマルティネス切って左ストレート、ジャブ連打、ワンツー、ジャブが交錯、マルティネス左ミドル、ジャブ、ラジシュビリ前蹴り、右ストレート、マルティネスジャブ連打、左ストレート、ジャブ連打、左ストレート、ラジシュビリ右ミドル、マルティネス左ハイ、ジャブ連打、ワンツー、ジャブ、左ミドル、ラジシュビリ前蹴り、マルティネス左フック、前蹴り、左ハイ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でジョナサン・マルティネス勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
リヴィア・ヘナタ・ソウザ vs. ランダ・マルコス


 1ラウンド。ソウザプレッシャー掛ける、マルコス右ロー、ソウザジャブ、マルコスジャブ、ワンツーからタックル、金網に押し込んでから肘打ち、ソウザ入れ替えて膝蹴り、マルコスさらに入れ替えて膝蹴り連打、離れる、互いにジャブ、マルコス右ロー、ソウザ首投げでテイクダウンから袈裟固め、鉄槌連打、マルコス脱出図るもソウザバックに回り込んでチョーク! しかしマルコス正対し外す、さらに逆に金網に押し込んで肘打ち、クリンチアッパー、膝蹴り、ワンツースリーから金網に押し込もうとするもソウザグラウンドに引き込む、クローズドガード。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いにジャブ。ソウザ右フックからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード、しかしマルコススイープ、ハーフガードからパウンド。ソウザ脱出図るもマルコス行かせない。ソウザクローズドに戻してからアームバー狙うもマルコス外す、ソウザ今度は足関狙いもマルコスこれも外す。ラウンド終了。

 3ラウンド。ローが交錯、マルコス前蹴り、ジャブ連打、ソウザワンツー、マルコスワンツーからクリンチ、金網に押し込む、離れ際に左右連打! クリンチからクリンチアッパー、ソウザ首投げでテイクダウン、袈裟固めもマルコス外してバックを取りパウンド、チョーク狙うもソウザすかさず正対し外す、マルコスハーフからパウンド、スクランブルから再びハーフ、パスしてサイド、バックを取る。マルコス側頭部に肘打ち。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-28)でランダ・マルコス勝利。


▼フライ級/5分3R
ジェフ・モリーナ vs. ダニエル・ダ・シウバ


 1ラウンド。シウバはサウスポー。シウバ左ハイ、左ロー、前蹴り連打、左ロー連打、モリーナ右ロー、左ロー、シウバ前蹴り連打、モリーナクリンチ、離れる、シウバタックル、金網に押し込む、バックに回り込んでおんぶからチョーク、モリーナ振り落とそうとするもシウバ今度はアームバー狙い、モリーナ外すとトップを取り肘打ち、シウバ下から三角絞め狙い、モリーナ外す、シウバなおもクローズドガード、モリーナパウンド連打! シウバ下からアームバー狙い、モリーナ外してまたもパウンド連打、パスしてハーフからパウンド連打! ラウンド終了。

 2ラウンド。シウバ前蹴り、モリーナ右ミドル、左ロー、シウバ左ミドル、モリーナ右ストレート、ローが交錯、シウバ左ミドルもモリーナカウンターの右ストレート! シウバダウン! モリーナパウンド連打! バックマウントからなおもパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド0分46秒、ジェフ・モリーナTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
カーマ・ワーシー vs. ジェイ・ハーバート


 1ラウンド。ワーシー前蹴り。ハーバートジャブ。左ロー。左ハイ、ジャブ、ワーシー右ロー。ハーバート左ミドル、左ロー、右ストレート。ワーシー前蹴り、左ロー、右ストレート。左ロー。ハーバートジャブ、右ロー。互いにジャブ、ハーバートワンツー、なおも左右連打! ワーシー金網際で棒立ち! ハーバートなおも左右連打! ワーシーダウン! ハーバートパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分47秒、ジェイ・ハーバートTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ジェイミー・ピケット vs. ローレアノ・スタロポリ


 1ラウンド。ピケットはサウスポー。スタロポリプレッシャー掛ける。ジャブが交錯。ピケット右ロー。ワンツー。ジャブ、スタロポリカウンターの片足タックル、金網に押し込む、膝蹴り。テイクダウン狙うもピケット行かせず逆に膝蹴り。ブレイク。ピケット左ハイ、スタロポリキャッチし金網に押し込む。ピケット入れ替えて肘打ち、なおも押し込む。離れ際にスタロポリ膝蹴り。右ミドル。ピケットワンツーもスタロポリカウンターのタックルから金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。スタロポリプレッシャー掛ける。ピケットジャブ、スタロポリ左ハイもスリップ、すぐ立つとタックル、金網に押し込む。しかしピケットバックに回り込むとテイクダウン、スタロポリ立つ、ピケットなおも金網に押し込み膝蹴り。スタロポリ肘打ち、離れる。スタロポリジャブからタックル、金網に押し込む。ピケット離れる。スタロポリ右ミドル、右ストレート、ワンツー、ピケットワンツースリー、左ミドル。スタロポリタックル、金網に押し込む。離れる。パンチが交錯、ピケット左ミドル連打。左ローもスタロポリカウンターのテイクダウン。ラウンド終了。

 3ラウンド。ピケット左ミドル、スタロポリ右フックからテイクダウン、しかしピケットすぐ立つと逆にテイクダウン、スタロポリ金網を背にする。ピケットバックに回り込む、スタロポリ脱出、スタンドに戻る。スタロポリタックル、金網に押し込む。ピケット膝蹴りもスタロポリの急所にヒット。休憩後再開。スタロポリワンツー。右ミドル。ワンツー。ピケットジャブ。スタロポリ左ロー。ピケットワンツースリー。クリンチもスタロポリが金網に押し込む。ピケット膝蹴り、スタロポリ肘打ち、離れる。ピケット左ハイ、スタロポリ右ミドル、ジャブ、ピケットワンツー、スタロポリタックル、金網に押し込む。ピケット入れ替えて膝蹴りもまたもスタロポリの急所にヒット。休憩後再開。ピケットワンツー、ワンツー、左ハイ、跳び膝、左ストレート、スタロポリ右ミドルからクリンチ。ラウンド終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-37、29-28)でジェイミー・ピケット勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
タバサ・リッチ vs. マリア・オリヴェイラ


 1ラウンド。リッチいきなり今成ロールもオリヴェイラかわす、リッチ右フック、右ロー、オリヴェイラ前蹴り、リッチ右ミドル、ワンツー、タックルもかわされる、オリヴェイラジャブ連打、左ロー。リッチ右フック。タックル、金網に押し込む。膝蹴り。オリヴェイラ離れてジャブ連打、右ハイ。互いにジャブ。オリヴェイラ右フック、右ロー。パンチが交錯、オリヴェイラ右ミドル、パンチが交錯、オリヴェイラ左ロー、右ハイ、ジャブ、互いにロー、ジャブが交錯、オリヴェイラワンツー、リッチタックル、金網に押し込む。離れる。オリヴェイラ右ハイ。ワンツー、ジャブ。リッチワンツー。オリヴェイラ右ロー。ワンツー。ワンツー。リッチ右ロー、オリヴェイラも右ローもリッチキャッチしテイクダウン、クローズドガード。リッチパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。オリヴェイラ右ストレート、ジャブ、リッチはオリヴェイラにアイポーク。再開。ローが交錯、オリヴェイラジャブ連打、サイドキック、リッチタックル、金網に押し込む、オリヴェイラ離れる、リッチ左ロー、オリヴェイラ右フック、右フック、左右ロー、リッチカウンターのテイクダウン、パスしてマウントから肘打ち、パウンド、鉄槌、しかしオリヴェイラ脱出、スタンドに戻る。オリヴェイラジャブ、リッチワンツー、右ロー、オリヴェイラ右ロー、左ロー。ジャブが交錯、リッチワンツー、オリヴェイラワンツー、リッチカウンターのテイクダウン、クローズドガード。リッチパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。オリヴェイラプレッシャー掛ける、ワンツー、ワンツー、前蹴り、ワンツー、左ロー、右フック、ワンツー、リッチタックルも切られる。オリヴェイラジャブ、ワンツー、パンチが交錯、オリヴェイラ右ロー、ワンツー、リッチテイクダウン、クローズドガード。リッチパウンド。パスしてハーフからパウンド。オリヴェイラ立つ、リッチなおも金網に押し込む。離れる。オリヴェイラジャブ、ワンツー、ジャブ、左ローもリッチカウンターのテイクダウン、クローズドガード。リッチパウンド。パス狙うもオリヴェイラ行かせず下から鉄槌。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でタバサ・リッチ勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
メイソン・ジョーンズ vs. デビッド・オナマ


 1ラウンド。オナマいきなりジャブ、ジョーンズワンツー、至近距離で激しい打ち合い! ジョーンズクリンチ、金網に押し込む、オナマ入れ替える、ジョーンズさらに入れ替える、離れる。ジョーンズワンツー、パンチが交錯、オナマ膝蹴りもジョーンズテイクダウン、ハーフガード。オナマ立つ、ジョーンズなおも金網に押し込む、テイクダウン、バックを取る、オナマ立つ、ジョーンズすかさずテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウント、オナマ反転、ジョーンズバックを取りパウンド。オナマ脱出、スタンドに戻りワンツー、ジョーンズ前蹴り、ソバット。ジャブ、ワンツー、右ミドル、パンチが交錯、オナマワンツー、ジョーンズワンツー、右ハイ、オナマワンツー、膝蹴り、ジョーンズワンツー、オナマワンツースリー、ジョーンズクリンチ、金網に押し込む。テイクダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド。いきなり激しい打ち合い! ジョーンズ前蹴り、ワンツースリー、クリンチ、離れる、オナマワンツー、パンチが交錯、ジョーンズワンツー、激しい打ち合い、ジョーンズクリンチ、金網に押し込む。オナマ側頭部に肘打ち連打もジョーンズテイクダウンからバックを取る。ボディトライアングルから側頭部にパウンド。チョーク狙うもオナマ脱出、スタンドに戻りワンツー、左右連打! ジョーンズクリンチ、金網に押し込み膝蹴りもオナマがマットに手をついてた時に頭部に入れたためにこれは反則。休憩後再開。パンチが交錯、オナマワンツー、ワンツー、膝蹴り、ジョーンズ右ロー、オナマワンツースリー、ジョーンズクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。オナマ離れる、ジョーンズワンツーからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、バックを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬、パンチが交錯、ジョーンズワンツー、右ミドル、ジョーンズワンツー、パンチが交錯、激しい打ち合い! ジョーンズテイクダウン、ハーフガード、パスしてマウント。ジョーンズ側頭部にパウンド。肩固め狙いもオナマディフェンス。オナマ立つ、ジョーンズすかさずテイクダウン、バックを取る、ジョーンズパウンド。オナマ立つ、ジョーンズなおも金網に押し込む。テイクダウン、オナマ金網を背にする。スクランブルからオナマ立つ、ジョーンズなおも押し込む。オナマ離れ際にワンツー、ジョーンズテイクダウン、オナマすぐ立ちワンツー、ジョーンズクリンチ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でメイソン・ジョーンズ勝利。


▼ミドル級/5分3R
パク・ジュンヨン vs. グレゴリー・ホドリゲス


 1ラウンド。パク右ロー。ホドリゲス右ボディ、パクジャブ、右ロー。ホドリゲスジャブ。パクジャブ、右ロー。ジャブ連打。ホドリゲスボディにワンツー、パク右ロー、ホドリゲスワンツー、パンチが激しく交錯。ホドリゲスジャブ、パクワンツー、右ロー。ホドリゲスタックル、金網に押し込んでから肘打ち、離れ際にパンチが激しく交錯。ホドリゲスジャブ連打、ワンツー。片足タックルからテイクダウン、バックに回り込む、ボディトライアングル。ホドリゲスパウンド。バックマウントから肘打ち、パウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。ホドリゲスワンツー、パクワンツー、ホドリゲスワンツー、至近距離で激しい打ち合い! ホドリゲスクリンチ、パク肘打ち、ホドリゲス膝蹴り、タックルもパクがぶって首を抱える。ギロチン狙いもホドリゲス外してバックに回り込む、ボディトライアングル。パク脱出しジャブ、ワンツー、左右連打! ジョンソンクリンチから払い腰でテイクダウン、バックを取る、パク立つ、ホドリゲスなおも押し込む、パク離れる、またも激しい打ち合い! パク左右連打! ホドリゲスワンツー、ワンツー! パクぐらつく! ホドリゲスなおも連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド3分13秒、グレゴリー・ホドリゲスKO勝ち。


Main card(日本時間10月24日午前5時開始、UFC Fight Pass

▼ライトヘビー級/5分3R
ニコラエ・ネグメレアヌ vs. アイク・ヴィラヌエヴァ


 1ラウンド。ネグメレアヌ左ロー連打、ヴィラヌエヴァジャブ、ワンツー、ネグメレアヌ左ロー、タックル、金網に押し込む。ネグメレアヌ離れ際のスピニングエルボーは不発、ヴィラヌエヴァワンツー。ネグメレアヌワンツー、パンチが交錯、至近距離で激しい打ち合い! ネグメレアヌワンツー! ヴィラヌエヴァ前のめりにダウン! ネグメレアヌパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド1分18秒、ニコラエ・ネグメレアヌTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
フランシスコ・トリナルド vs. ドワイト・グラント


 1ラウンド。トリナルドはサウスポー。トリナルドプレッシャー掛ける、ジャブの応酬。グラントワンツー、左ロー。ワンツー。トリナルド左ミドル。グラントジャブ、トリナルドワンツー。グラントジャブ。トリナルド左ストレート。探り合いが続く。互いにロー。トリナルド左ストレート。グラントワンツー。トリナルド左ハイ。グラントワンツー。トリナルド左ストレート。グラント右フック。ボディにワンツー。トリナルド左ストレート。左フック。左ハイ。ワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブの応酬が続く。トリナルド左ハイ。左ストレート。左ストレート。グラントジャブ、トリナルドワンツー、左ハイもバランス崩しダウン、グラントトップを取りパウンド連打、トリナルドすぐ立つ。ジャブの応酬が続く。トリナルド左ロー。左ストレートからタックル、金網に押し込む。膝蹴り連打。グラント離れてジャブ連打。パンチが激しく交錯。ラウンド終了。

 3ラウンド。トリナルドプレッシャー掛ける、グラントジャブ、ワンツー。トリナルド左ローもグラントの急所にヒット。休憩後再開。ジャブの応酬。パンチが交錯。ジャブの応酬。トリナルド左フックからテイクダウン、ハーフガード。トリナルドパウンド、鉄槌。さらにパスしてマウントから肘打ち、パウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(27-29、29-27、29-27)でフランシスコ・トリナルド勝利。


▼フェザー級/5分3R
アレックス・カセレス vs. チェ・スンウ


 1ラウンド。カセレスはサウスポー。カセレス左ロー、左ミドル、サイドキック、チェ右ロー。カセレス左ミドル。左ロー。ジャブ。右ハイ、ジャブ。チェワンツースリー。カセレス右ロー。パンチが交錯。チェワンツー。カセレス左ミドルもチェカウンターのワンツー! カセレスダウン! チェパウンド連打! カセレス立とうとしたところにチェ膝蹴り! しかしカセレスが膝をついてた時にアゴにヒットしたのでこれは反則。チェに1ポイント減点から再開。チェ右ハイ、カセレス左ミドル。右ロー、チェワンツー、右ロー。右ロー。左ロー。カセレス左ミドル。ワンツー。チェ左ハイ。カセレス左フック。チェワンツー。右ミドル。カセレス左ミドル。パンチが交錯。カセレス左ミドル、チェカウンターのワンツー。カセレスサイドキック。ラウンド終了。

 2ラウンド。チェプレッシャー掛ける。カセレスジャブ。チェ左ハイ。右ハイ。カセレス左ハイもスリップ、すぐ立ちサイドキック。クリンチ、金網に押し込む。離れ際にワンツー、チェ右ハイ。カセレス左ロー。チェクリンチもカセレスが金網に押し込む。離れる。チェ右ストレート。右ハイ。カセレス左ロー、チェワンツー。カセレス左ストレート。ワンツー。チェ右ミドルもカセレスバックに回り込んでおんぶからチョーク! チェタップ!

 2ラウンド3分31秒、リアネイキッドチョークでアレックス・カセレス勝利。


▼女子バンタム級/5分3R
ジェシカ・ローズ・クラーク vs. ジョセリン・エドワーズ


 1ラウンド。クラークプレッシャー掛ける、ワンツースリーからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。エドワーズラバーガードに行く。クラーク脇腹にパウンド連打。エドワーズクローズドに戻す。クラーク攻めあぐむ。ブレイク。クラークいきなりタックル、金網に押し込む。テイクダウンも勢い余って1回転しエドワーズすぐ立つと逆に金網に押し込む。クラーク離れる。エドワーズ左ミドル。クラークタックル、金網に押し込む。テイクダウン、クローズドガード。ラウンド終了。

 2ラウンド。エドワーズ右ロー、クラーク右ストレート、右ロー、エドワーズ右ロー、クラークタックルもエドワーズが金網に押し込む。膝蹴り。互いに膝蹴り。クラークテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウント。しかしクラークそこから攻めきれずTKシザースで脱出図るエドワーズに対しマウントに固執せず立たせる。エドワーズ前蹴り連打。ラウンド終了。

 3ラウンド。ローが交錯、パンチが交錯、クラークワンツー、エドワーズワンツースリー、クラークタックル、金網に押し込む。テイクダウン、クローズドガード。エドワーズ下から肘打ち。クラークパスしてハーフ。しかしそこから攻めあぐむ。エドワーズ立つ、クラークなおも金網に押し込み再びテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウントにしたところで試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-28)でジェシカ・ローズ・クラーク勝利。


▼ライト級/5分3R
グラント・ドーソン vs. リック・グレン


 1ラウンド。グレンはサウスポー。グレン前蹴り、左ロー。ドーソン右ハイ、右ロー。グレン左ロー、左ミドル。ドーソンテイクダウン、サイドを取る。脇腹に膝蹴り。バックに回り込む、ボディトライアングルから側頭部に鉄槌、顔面にパウンド。グレン脱出図るもドーソンボディトライアングルをキープしなおもパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。グレン左ハイ。左ミドル。ドーソン右ミドルからテイクダウン、グレンすぐ立つ。ドーソン右ハイから片足タックル、金網に押し込む。膝蹴りからテイクダウン、サイドを取る。グレンクローズドに戻す。ドーソン再びパスしてサイド。脇腹に膝蹴り。顔面にパウンド。ドーソンハーフに移行しパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ドーソン右ロー、タックルもグレン切って膝蹴り、ドーソン再びタックルも切られる。ドーソンまたもタックル、グレンがぶってトップを取るとパウンド、鉄槌連打。ハーフガード。ドーソン脱出図る、グレン抑え込んで肩固め狙うも外される。グレンパウンド、鉄槌、肘打ち、パウンド連打! 首を抱えてダースチョーク狙いもここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定1-0(29-28、28-28、28-28)でマジョリティドロー。


▼ライトヘビー級/5分5R
パウロ・コスタ vs. マーヴィン・ヴェットーリ


 1ラウンド。ヴェットーリはサウスポー。コスタ右ロー。右ロー。ジャブ、右ミドル連打も尻もち、すぐ立つ。ヴェットーリワンツー、ワンツー、コスタ右ミドル、ヴェットーリワンツー、コスタクリンチもヴェットーリが金網に押し込む、離れ際に左フック。左ストレート。左ストレート。コスタジャブ、右ミドル、右ストレート。右ストレート。右ミドル。ヴェットーリ左ストレート、コスタ右ミドル、右ストレート、ジャブ、ヴェットーリワンツースリー。コスタ右ロー。ヴェットーリワンツースリー、膝蹴り、コスタ右ミドル。右ミドル。ヴェットーリジャブ連打。コスタ右フック、右ミドル、右ロー、右フック。ヴェットーリジャブ、ワンツー、左ミドル、ワンツースリー、ワンツー、ワンツー、ジャブ。コスタ右ストレート。ヴェットーリワンツー。コスタ前蹴り、右ボディ。右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。ヴェットーリ左ミドル、コスタ右ミドル、ヴェットーリワンツースリー、ワンツースリー、コスタジャブ、右ミドル、右ロー、ヴェットーリワンツー、コスタ右ストレート、ヴェットーリジャブ連打、ワンツー、コスタ右ハイ、ワンツー、右ミドル、右ボディ、右ミドル、ワンツー、ヴェットーリワンツー、膝蹴り、コスタ右ハイ、ワンツー、ワンツー、ヴェットーリワンツー、ワンツー。ワンツー。コスタ右ロー、ヴェットーリ左ロー、ワンツー、コスタ右ロー、ヴェットーリワンツー、コスタワンツー、左アッパー、ワンツー、右ボディ、ワンツー、右ミドル。パンチが交錯。ヴェットーリテイクダウン、バックを取る、コスタ立つ、ヴェットーリ深追いせず離れる。コスタアイポークから右ミドル。これは悪質。コスタ1ポイント減点。ヴェットーリドクターチェック後に再開。コスタ右ミドル。ヴェットーリ左ミドル、コスタ右ハイ連打、右ロー、前蹴り、ヴェットーリジャブ、ワンツー、左ロー、左ストレート、左右連打、離れる。コスタジャブ、ヴェットーリワンツー、ワンツー、コスタ右ストレート、右ハイ、右ミドル、右ボディ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ヴェットーリジャブ連打、コスタ右ロー、右ハイ、ヴェットーリワンツー、ワンツー、ジャブ、左ボディ、ジャブ、パンチが交錯、ヴェットーリジャブ、左ロー、コスタワンツー、ヴェットーリワンツー、左ボディ、ワンツー、ジャブ。コスタバックスピンキックは不発もそこから右フック。ヴェットーリジャブ、コスタ前蹴り、右フック。ヴェットーリジャブ、コスタ右ミドル、ジャブ、右フック、ヴェットーリクリンチ、金網に押し込む。離れ際に肘打ち。ジャブ、コスタ右ボディ、ヴェットーリジャブ、ワンツー。ワンツースリー。左ロー。ワンツー、膝蹴り、コスタテイクダウン、立ってパウンド、ヴェットーリ立とうとしたところでコスタ首を抱えてギロチンに行くも外れてヴェットーリがトップを取る、クローズドガード。ヴェットーリ肘打ち。ラウンド終了。

 4ラウンド。ヴェットーリプレッシャー掛けてジャブ連打、コスタ右ミドル、ヴェットーリワンツー、ジャブ連打、コスタ右ストレート、ジャブ、右ミドル、ヴェットーリワンツーからクリンチ、金網に押し込む。離れる。コスタ左フック。パンチが交錯。ヴェットーリワンツー、膝蹴り、ジャブ。左ロー。コスタ右ロー。ヴェットーリワンツー。コスタ左ハイ、ジャブ、ヴェットーリワンツー、膝蹴り、ワンツー、膝蹴り、コスタ左右ボディ、ヴェットーリジャブ、コスタ右ミドル、右フック、ヴェットーリワンツースリー、ジャブ、コスタジャブ、右ミドル、右ロー、ジャブ、ワンツー、ヴェットーリワンツー、左フック。コスタ右ボディ。右ロー。右ミドル。パンチが交錯。ヴェットーリジャブ、膝蹴り、ワンツー。ジャブ。タックル、金網に押し込む。離れる。コスタ右ミドル。ヴェットーリワンツー。左ミドル。ラウンド終了。

 5ラウンド。コスタワンツー、ヴェットーリワンツー、コスタ右ハイ、ヴェットーリジャブ、コスタ右ミドル、ワンツー、右フック、ヴェットーリジャブ、右ミドル、ヴェットーリワンツー、コスタジャブ連打、ワンツー、右ミドル、ワンツー、右ミドル、右ボディ、ヴェットーリタックルも切られる。ジャブから再びタックル、金網に押し込む。離れる。コスタジャブ、ワンツー、膝蹴り、右ミドル、左ボディ、ヴェットーリタックル、金網に押し込む。離れる。コスタ右ミドル。ジャブ。ヴェットーリ左ミドル。コスタ右フック。右ストレート、右ストレート、ジャブ、右ハイ、右ストレート、膝蹴り。ジャブ、右ロー。ヴェットーリジャブ、コスタワンツー、右ミドル、ヴェットーリワンツー、コスタ右ロー、ヴェットーリタックル、金網に押し込む。試合終了。

 5ラウンド終了、判定3-0(48-46×3)でマーヴィン・ヴェットーリ勝利。




posted by ジーニアス at 02:00| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライトヘビー仕様のコスタの重い打撃をあれだけ顔面、ボディに受けて耐えるヴェットーリの打たれ強さに改めて驚きました。
アデサニャとの再戦は2人とも見たいのでコスタはミドル級でやる気があるなら次は真面目に減量して欲しい。
Posted by Machiavelli at 2021年10月24日 08:39
なんだかんだてコスタが勝つんだろうな〜・・・と思ってたが
ギャラでゴネたクセに譲渡してまで敗戦

干されそうだぜ
Posted by 名古屋 at 2021年10月24日 09:18
二人ともタフだなあ
ヴェットーリは株上げたしコスタもそこまでは評価は下げない試合・・・ってのはファンとしてあまりに甘過ぎる見分ですかね

コスタには精神的なとこに問題がありそうなんで
それを乗り越えてまたミドルで頑張ってほしいです
骨格的にライトヘビーじゃ通用しそうにない
Posted by 素人 at 2021年10月24日 19:07
ハーゾグレフリーと黒い置物の差が如実に出た大会だった。
メインのアイポークもハーブディーンなら減点はなかっただろうし、
そのせいで勝敗も変わってたかも。

彼が有能なのは周知のとこだけど、
体格故に重量級のレフリィングは厳しいと思ってたが、
ライトヘビーの試合を捌いた事でその心配も杞憂かな。
Posted by スラッカー at 2021年10月24日 21:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索