2021年09月03日

皇治がSNSにパウンドの練習写真を公開、MMA転向か



 2021年6月27日(日)丸善インテックアリーナ大阪『RIZIN.29』にて行われた「RIZIN KICKワンナイトトーナメント」の決勝で白鳥大珠に敗れ、その進退が注目されている皇治(TEAM ONE)が、自身のSNSに「training♪」とだけ書いて画像を投稿。その画像は、仰向けになってミットを持っている相手(顔は見えないがおそらくDEEPウェルター級王者の住村竜市朗だと思われる)の片足を持って、今まさにパウンドを打とうとしている場面。手にはRIZINのオープンフィンガーグローブを着用している。

 皇治は『ゴング格闘技 9月号 No.315』のインタビューで、「自分で今後どうするかはもう決めています」と言い、「亀田興毅さんからずっと連絡をいただいているのでボクシングかもしれないですし、自分はぶっ飛んだことをしたい体質なのでMMAの話もあります」と、リングに復帰するならキックボクシング以外の可能性もあると話していた。

 秋山成勲が「総合いらっしゃい!」とコメントしているのも気になるところ。あっさりテイクダウンされて仕留められる姿しか想像できませんが…。




posted by ジーニアス at 00:40| Comment(4) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヌコパウンド♪
Posted by オンプマン at 2021年09月03日 06:57
いや、無理だろう。
Posted by GGG at 2021年09月03日 10:33
頭突きOKなら可能では
Posted by パンダ at 2021年09月03日 12:36
や、ちがうだろ。
そこはラウェイいけよ。
Posted by JN at 2021年09月04日 16:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索