2021年05月16日

『UFC 262: Oliveira vs. Chandler』速報



UFC 262 ‘Oliveira vs. Chandler’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

UFC 262 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です。
 
Early preliminary card(日本時間5月16日午前7時30分開始、UFC Fight Pass

▼ライト級/5分3R
クリストス・ジアゴス vs. ショーン・ソリアーノ


 1ラウンド。ジアゴスはスイッチスタンス。ソリアーノプレッシャー掛ける。ジアゴスカウンターの右ストレート! ソリアーノぐらつく! しかしソリアーノ右ロー、ジアゴスダウン、すぐ立つとタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ソリアーノ脱出。パンチが交錯。ソリアーノ右ロー。ジアゴス右ストレート。ソリアーノ左ロー、ワンツー、ワンツー、右ロー、ワンツー。パンチが交錯。またパンチが交錯もジアゴスがソリアーノにアイポーク。休憩後再開。ソリアーノ右ストレート。右ロー。ジアゴス右ロー。ソリアーノジャブ、ジアゴスタックルも切られる、ソリアーノ右ロー。ジアゴス右ハイ、膝蹴り、左フック、ワンツー、ソリアーノ左右ロー。ジャブ。右ロー、ワンツー。ジアゴス左ロー。前蹴り。ソリアーノワンツー、左ハイ。ジアゴス左ローからテイクダウン、バックを取るもここでラウンド終了。

 2ラウンド。ソリアーノワンツー。ワンツー、右ロー。ジアゴステイクダウン、サイドを取る。首を抱えてダースチョーク! ソリアーノ落ちた!

 2ラウンド0分59秒、ダースチョークでクリストス・ジアゴス勝利。


▼フェザー級/5分3R
ケビン・アギラー vs. タッカー・ルッツ


 1ラウンド。ルッツ左ハイ。右ロー。左ミドル。アギラーワンツー、右ロー。ワンツー、右ロー。ルッツ右ロー、右ストレート。ジャブからクリンチ、離れる。ルッツ右ロー、左ハイ。アギラーワンツー。ジャブ、膝蹴り。ワンツー。ルッツ左ロー。左ミドル。右ロー、左フック。右ボディ。アギラーワンツー。ルッツ左ミドル。アギラージャブ。ルッツ左ハイ。右ロー連打。アギラーワンツー。ルッツワンツー。右ロー。アギラー左ハイ。ルッツ左ストレート。テイクダウン、クローズドガード。ルッツ脇腹にパウンド。アギラーも側頭部にパンチを入れる。アギラー金網を背にする。ラウンド終了。

 2ラウンド。アギラーワンツー、パンチが交錯。ルッツ左ハイ。アギラーも左ハイ、右ミドル。ワンツー。ルッツ右ロー、アギラー左ロー、ルッツ右ロー、パンチが交錯。ルッツワンツースリー、右ロー。アギラージャブ、ルッツ右ストレート、右ハイ。アギラーワンツー。タックル、金網に押し込む。ルッツ膝蹴り、離れる。ルッツワンツー、右ロー、アギラー右ストレート。スーパーマンパンチ。ルッツ左ミドル。アギラーワンツー。ルッツ左フック。テイクダウン、クローズドガード。アギラー脱出、スタンドに戻る。ルッツワンツー。ローが交錯。ルッツ右ロー連打。アギラー右フック、左ミドル。ルッツ左フックからタックルもアギラーが金網に押し込む、離れ際に肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。アギラーワンツー。左ロー。ワンツー、右ミドル。ルッツワンツー、ワンツー。ワンツー。アギラーワンツー。ルッツ右ストレート、ワンツー、ワンツー。アギラー右フック。ルッツ右ロー、アギラーワンツー。右フック。パンチが交錯。ルッツ右ロー連打。カウンターのテイクダウン、クローズドガード。アギラー脱出。ルッツワンツー。右ボディ、左ミドル、タックルも切られる。逆にアギラーがタックルもルッツが金網に押し込む、離れる。ルッツ右ロー連打。ワンツー。右ロー。左フック。アギラーワンツー、右ロー。ワンツー、ワンツー。右ミドル。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でタッカー・ルッツ勝利。


▼女子フライ級/5分3R
ジーナ・マザニー vs. プリシラ・カショエイラ


 1ラウンド。マザニーはサウスポー。カショエイラプレッシャー掛ける。マザニー右ロー。カショエイラクリンチから膝蹴り。マザニー左ストレートからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ハーフガード。カショエイラ立つ、マザニーすかさず再度テイクダウン、ハーフガード。マザニーパウンド、肘打ち。カショエイラ立つ、マザニーなおも押し込みに行くもカショエイラが入れ替えて離れ際に左右連打! しかしマザニーまたもテイクダウン、ハーフガード。ラウンド終了。

 2ラウンド。マザニー前蹴り、右ロー。カショエイラプレッシャー掛けるもマザニーカウンターのテイクダウン、ハーフガード。バックに回り込むもカショエイラ反転、ハーフに戻し、さらにクローズドに戻す。ブレイク。カショエイラの下からの肘打ちでマザニー左目の上をカットしおびただしい出血。マザニー前蹴り、左ロー。タックルもかわされる。カショエイラ右フック。マザニータックルもかわされる。マザニー左ミドル。カショエイラジャブ。右ストレート。マザニータックルも切られる。左ミドル、カショエイラ左右連打! クリンチ、互いに膝蹴り、離れてカショエイラ左右連打! マザニー棒立ち! レフェリー止めた!

 2ラウンド4分51秒、プリシラ・カショエイラTKO勝ち。


Preliminary card(日本時間5月16日午前9時開始、UFC Fight Pass

▼女子フライ級/5分3R
アンドレア・リー vs. アントニーナ・シェフチェンコ


 1ラウンド。シェフチェンコはサウスポー。リー右ハイ。左ロー、右ハイ。ワンツー、右ロー、ワンツー。シェフチェンコ左ストレート。パンチが交錯。リークリンチ、金網に押し込む、互いに膝蹴り、離れる。リーワンツー。シェフチェンコ前蹴り。パンチが交錯、シェフチェンコクリンチから膝蹴り連打、離れる。シェフチェンコワンツー。クリンチ、離れる。リーワンツー。右ハイ、クリンチから金網に押し込む、互いに膝蹴り、リーテイクダウン、クローズドガード。リー肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。シェフチェンコ右ロー、リーバックハンドブローからテイクダウン、サイドを取る。パスしてマウントから三角絞め! さらに頭部に肘打ち連打! しかし角度がずれてるか極まらない。膠着状態が続く。ラウンド終了間際にリー体制を整えて腕を伸ばす! シェフチェンコタップ!

 2ラウンド4分52秒、トライアングルアームバーでアンドレア・リー勝利。


▼ミドル級/5分3R
ジョーダン・ライト vs. ジェイミー・ピケット


 1ラウンド。ピケットはサウスポー。パンチが交錯。互いに右ミドル、ピケットタックル、金網に押し込む、ライト側頭部に肘打ち連打! ピケット膝から崩れ落ちる! ライトパウンド、ピケット立つとライト膝蹴り、ピケット離れようとするもライト追いかけて左右連打! 右アッパー、膝蹴り! ピケットダウン! ライト鉄槌連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド1分04秒、ジョーダン・ライトTKO勝ち。


▼フェザー級/5分3R
ランド・ヴァンナータ vs. マイク・グランディ


 1ラウンド。グランディはサウスポー。ヴァンナータジャブ、左ハイ、左ロー。グランディジャブからタックル、金網に押し込んで膝蹴りもヴァンナータの急所にヒット。休憩後再開。パンチが交錯。ヴァンナータジャブ、左ハイ、左ローもグランディカウンターのタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ヴァンナータ立つ、グランディなおも押し込む、ヴァンナータ脱出し前蹴り、ワンツー、膝蹴り、左ハイもグランディカウンターのタックル、金網に押し込む。ヴァンナータ脱出し前蹴り。左ロー。右ハイ。グランディタックル、金網に押し込む、ヴァンナータすぐ脱出し右ロー。グランディ右フックからタックル、金網に押し込む。ヴァンナータ脱出し右ロー、前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ヴァンナータ右ハイ。グランディワンツー、ヴァンナータ前蹴り、グランディタックル、金網に押し込む。膝蹴り、離れる。ヴァンナータワンツースリー、ジャブ連打、右ストレート、右ハイ。右ストレート。左ロー。前蹴り、グランディカウンターのタックルも切られる。グランディ右ストレート。ヴァンナータ左ロー、左ミドル。グランディ右ストレート。ヴァンナータ右ハイ、右ロー。膝蹴り。左ロー。ジャブが交錯。ヴァンナータ右ストレート、ワンツー、右ロー。グランディ右ストレート、タックルっも切られる、ヴァンナータ膝蹴り。ワンツー、右ハイ、前蹴り、右ハイ。グランディ右ストレート。ヴァンナータ左ロー、右ハイ、前蹴り。左ロー、ワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。グランディタックルも切られる、グランディ再びタックルも切られる。ヴァンナータ右ロー、ワンツー。ジャブ。ワンツー。左ローもグランディカウンターのテイクダウン、首を抱える。ヴァンナータ金網際で膝をつくと逆にテイクダウン、グランディ脱出、スタンドに戻る。ヴァンナータ左ミドル。グランディ右ストレート。ヴァンナータ左ハイ、右ストレート、膝蹴り、前蹴り、左ハイ、右フック。グランディ右ストレート。ヴァンナータ左ロー。左ハイ。グランディ右ストレート。左ハイ。ヴァンナータ左ハイ、左ミドル。前蹴り、右ミドル。グランディ右ストレート、左ミドル。タックルもかわされる。ヴァンナータワンツー、左ミドル。グランディ右ミドル。ヴァンナータ右ハイ、グランディタックルもここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、27-30、30-27)でランド・ヴァンナータ勝利。


▼ミドル級/5分3R
ホナウド・ジャカレイ vs. アンドレ・ムニス


 1ラウンド。ムニスはサウスポー。ジャカレイ左ロー。ムニス左ハイ。ジャカレイ右ロー、ワンツー。ムニス左ミドル。ジャカレイ前蹴り、ワンツー、前蹴り、タックル、金網に押し込む、テイクダウン、ムニス金網を背にする、ジャカレイパウンド、立ってパウンド、深追いせず立たせる。ムニス左ミドルからテイクダウン、クローズドガード。ジャカレイ立つ、ムニスなおも金網に押し込む。ジャカレイ離れ際に右フック。ムニス左ハイ。カウンターのテイクダウン、ジャカレイすぐ立つ、ムニス跳びついておんぶ、ジャカレイ振り落とすもムニスすかさずアームバー! ジャカレイタップ!

 1ラウンド3分59秒、アームバーでアンドレ・ムニス勝利。

 アンドレ・ムニス「パチンという音が聞こえた。彼をリスペクトしているだけでなく柔術出身だから手を離さないとさらに大変なことになると思った」。


Main card(日本時間5月16日午前11時開始、WOWOWUFC Fight Pass

▼フェザー級/5分3R
シェーン・バーゴス vs. エジソン・バルボーザ


 1ラウンド。バーゴスプレッシャー掛ける。バルボーザ右ロー連打、ワンツー、右ロー連打。ジャブ、左右ロー。バーゴスワンツー。左ボディ。バルボーザ右ロー。ワンツー。バ互いにジャブ、バーゴスタックル、金網に押し込む、離れる。バーゴスワンツー。バルボーザ左ミドル。バーゴスジャブ、ワンツー。バルボーザ右ロー。バーゴスワンツースリー。互いにジャブ。バーゴスワンツー、バルボーザ左フック、左ロー。バーゴスワンツー。バルボーザバックスピンキック。ジャブ。バーゴス右ロー、ジャブ。バルボーザワンツー、ワンツー、右ロー連打、ワンツー、互いにジャブ。バーゴス前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。いきなり打ち合い。互いにワンツー、バルボーザ右ロー。ソバット。ジャブ。ジャブが交錯。互いに右ストレート。バルボーザ左ミドル、左ロー。バーゴスワンツー。バルボーザ右ロー、ワンツー、右ロー。バーゴスジャブ。ワンツー。前蹴り。ワンツー。ワンツー。左ボディ。バルボーザ左ロー。ジャブ連打。バーゴス右ロー。バルボーザ右ロー、ジャブが交錯。バルボーザソバット、右ロー。互いに右ロー。ジャブが交錯。バーゴスワンツー。右ロー。バルボーザワンツー。バーゴスジャブ。バルボーザワンツー。左ミドル。バーゴスワンツー、ワンツー。バーゴスワンツー、バックスピンキックは空を切る。ラウンド終了。

 3ラウンド。ローが交錯。バルボーザ左ロー、バーゴス右ロー。互いにジャブ。ジャブが交錯、バルボーザ左ロー、バーゴスジャブ、互いにロー。パンチが交錯。バルボーザ右ストレート。ワンツー! 時間差でバーゴスダウン! バルボーザパウンド! レフェリー止めた!

 3ラウンド1分16秒、エジソン・バルボーザTKO勝ち。


▼女子フライ級/5分3R
ケイトリン・チューケイジアン vs. ヴィヴィアニ・アラウージョ


 1ラウンド。アラウージョプレッシャー掛ける。チューケイジアン前蹴り、ジャブ。ワンツー。アラウージョワンツー、チューケイジアン右ロー、アラウージョワンツー、ワンツー。チューケイジアンワンツー、サイドキック。アラウージョワンツー。ワンツー。チューケイジアン前蹴り。アラウージョ右ストレート。パンチが交錯、チューケイジアン前蹴り。アラウージョワンツー、チューケイジアン左ハイ。ワンツー、前蹴り。アラウージョワンツー。チューケイジアンワンツー。ジャブ。右ロー。ジャブ、前蹴り。ジャブが交錯。アラウージョタックル、金網に押し込む。チューケイジアン膝蹴り。互いに膝蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。チューケイジアンワンツー、ワンツー。サイドキック。ジャブ連打、前蹴り、アラウージョダウン、すぐ立つ。チューケイジアン前蹴り。サイドキック。ジャブ連打。右ミドル、アラウージョキャッチしテイクダウン、パスしてハーフ。アラウージョ首を抱えながら脇腹にパウンド。さらにパスしてマウント、チューケイジアン必死にホールド。ハーフに戻す。チューケイジアン脱出、離れ際にワンツー、前蹴り、ワンツー、前蹴り、ジャブ、ワンツー、前蹴り、ジャブが交錯、チューケイジアンワンツー、前蹴り、ジャブ、右ロー、ジャブ、ワンツー、前蹴り。ラウンド終了。

 3ラウンド。アラウージョプレッシャー掛ける。チューケイジアンジャブ、前蹴り、ジャブ連打。アラウージョ前に出続けるもチューケイジアンジャブ連打。右ストレート、ジャブ連打。右ロー、ジャブ連打。ワンツー、サイドキック。ワンツー。アラウージョ右ストレート。チューケイジアン左ハイ。ジャブ連打。アラウージョタックル、金網に押し込むもチューケイジアン離れ際にワンツー、ジャブ連打。ワンツー、右ロー。ワンツー、ジャブ連打。アラウージョワンツー、チューケイジアン前蹴り、ワンツー。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でケイトリン・チューケイジアン勝利。


▼137ポンド契約/5分3R
マット・シュネル vs. ホジェリオ・ボントリン


 1ラウンド。シュネルプレッシャー掛ける。ボントリンサークリング。シュネル右ロー。ワンツー。右ロー。ジャブ。ワンツー。パンチが交錯。シュネル左ロー。ワンツー。左ミドル。ジャブ。ボントリンワンツー、右ロー。右ロー。シュネルワンツー、ボントリンワンツー、シュネルワンツー。ボントリン右ロー。シュネルジャブ、右ミドル。右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。シュネル右ハイ、ワンツー。右ロー連打。ジャブが交錯。ボントリン右ロー。シュネルワンツー。ジャブ連打。ボントリンジャブ。シュネルワンツー。ジャブが交錯。シュネルワンツー、ボントリンワンツー。シュネルジャブ。ボントリン右ロー、シュネルワンツー。ボントリンワンツー。シュネル左ロー。ボントリンワンツー、シュネルぐらつく! 一旦離れて右ミドル。ボントリン右ロー。シュネル右ハイ。ワンツースリー、ボントリン膝蹴り。ラウンド終了。

 3ラウンド。シュネル右ミドル。ワンツースリー。ワンツースリー。右ロー。ボントリンジャブ。左ロー。シュネルワンツー。互いにジャブ、ボントリン右ロー、ワンツー。右ロー。シュネルワンツー。ボントリンワンツースリー、なおも連打! 膝蹴り! テイクダウン、クローズドガード。ボントリン肘打ち。パスしてサイドから肘打ち。バックを取って横殴りのパウンド連打! 再びサイド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-28)でホジェリオ・ボントリン勝利。


▼ライト級/5分3R
トニー・ファーガソン vs. ベニール・ダリウシュ


 1ラウンド。互いにサウスポー。ダリウシュジャブ。ワンツー、左ロー、ワンツー。ファーガソン右ミドル。ダリウシュタックルもかわされる。左ロー連打。パンチが激しく交錯、ダリウシュタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ファーガソン三角狙いもダリウシュ行かせない。ファーガソン下から鉄槌連打。クローズドに移行、ダリウシュ構わずパウンド連打! さらにパスしてハーフ。ファーガソン下からアームバー狙いもダリウシュハーフに戻してパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。ダリウシュ左ロー。ファーガソンワンツー、前蹴り。ダリウシュタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ファーガソンすかさず首を抱えてダースチョーク狙い。ダリウシュ外す、クローズドガード。ダリウシュパウンド、ファーガソンも下から肘打ち。ダリウシュパスしてハーフ。スクランブルから互いに足関狙い、ダリウシュヒールフック! 外れる、ダリウシュトップを取るもファーガソンクローズドに戻す、ダリウシュパスしてハーフ。さらにパスしてサイドを取るもここでラウンド終了。

 3ラウンド。ファーガソン前蹴り、ダリウシュワンツー。左ハイ、ワンツー、タックル、ファーガソン首を抱えるもダリウシュ豪快なスラムでテイクダウン、上四方のような体制もファーガソン金網に足の裏を付けて脱出を伺う。ダリウシュサイドに移行。再び上四方、そしてサイド。ダリウシュパウンド。ファーガソンクローズドに戻す。ダリウシュなおもパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でベニール・ダリウシュ勝利。


▼UFCライト級王座決定戦/5分5R
チャールズ・オリヴェイラ vs. マイケル・チャンドラー


 1ラウンド。オリヴェイラ前蹴り、右ロー、チャンドラーダウン、すぐ立つ。チャンドラー前蹴り。ジャブ連打、右ボディ。オリヴェイラ前蹴り、チャンドラーワンツー、オリヴェイラテイクダウン、チャンドラーすかさずギロチンチョークもオリヴェイラ外してバックを取る、ボディトライアングル。チャンドラー立ってからグラウンドに叩きつけるもボディトライアングルは外れない。オリヴェイラ側頭部にパウンド。チャンドラー反転しトップを取るとパウンド、深追いせず猪木アリ状態。チャンドラー右ロー、オリヴェイラ立つ、チャンドラーワンツー! オリヴェイラダウン! なおもタックル狙うもチャンドラーなおもパウンド連打! オリヴェイラクローズドガード、チャンドラーなおもパウンド連打! オリヴェイラ頭部をカットしている。必死にホールド。チャンドラー立つと猪木アリ状態から飛び込んでパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。チャンドラージャブ、ワンツー、オリヴェイラカウンターの左フック! チャンドラーダウン! オリヴェイラパウンド! チャンドラー立つ、オリヴェイラ追いかけて左フック! チャンドラーダウン! オリヴェイラパウンド! レフェリー止めた!

 2ラウンド0分19秒、チャールズ・オリヴェイラTKO勝ち。ライト級新チャンピオンに。

posted by ジーニアス at 07:27| Comment(28) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャカレの肘、ポクッてなってたな。
スロー再生観た実況と解説が
「え? 肩?」
とか言ってたのは笑えた。
Posted by ヘビトンボ at 2021年05月16日 10:46
ジーニアスさんいつもありがとうございます。
ジャカレイタップアウトとかマジか!!
隔世の感があるなあ。
Posted by 若尻 at 2021年05月16日 11:20
あの顔したらもう終わったと思ったけど
ジャカレイに続きファーガソンも壊してないか・・・?
Posted by 名古屋 at 2021年05月16日 13:19
バルボーザ、バーゴス良かったなー
メイン、セミは実力がそのまま出た感じ。
Posted by yy at 2021年05月16日 13:51
いやー、今日もすごかった
メインのフィニッシュシーンで絶叫して家族と愛犬がビックリしてたわ笑
チャンドラーも負けて天晴れ
ヌルとオリベイラ見たかったなぁ
あと、特別ファンという訳じゃないんだが、トニーが負けると矢鱈と心が痛む
Posted by あなぼりっ君 at 2021年05月16日 13:51
オリヴェイラやったぜー!
Posted by りょう at 2021年05月16日 13:52
オリベイラ対チャンドラー凄い試合だった。
あのパッとしなかったオリベイラが打撃上手くなってチャンピオンとは。1Rでダウンした時は終わったかと思ったが。
試合始まった時はチャンドラー応援してたけど、途中からオリベイラ応援に変わった。感動の試合でした。
Posted by よ at 2021年05月16日 13:56
オリヴェイラやったぜ!ベラトールで既にピーク超えてるUFC2戦目のチャンドラーなんかにタイトル獲られなくて良かったわー!ブラジル人で数少ない好きな選手だから良かった!
Posted by りょう at 2021年05月16日 13:56
ファーガソンとジャカレイの衰え方が厳しいな
チャンドラー1ラウンド立技に拘っていれば結果が変わってたかもしれないのに勿体ない
次の挑戦者はゲイジーかな?
Posted by ハン at 2021年05月16日 13:57
オリヴェイラは実力見せましたね。
ファーガソンは言われている方いますように、3R全くだったんでやっている可能性大ですね。
あれでやってるんだから、驚異的な根性。
バーゴスも根性凄いですね。熱い闘いでした。
脳のダメージの怖さを改めて感じました。
根性で立ってても、身体は言うこときかないっていう。
バルボーザは階級落として復活ですね。
Posted by フライド at 2021年05月16日 14:02
まさかオリベイラがチャンピオンになるとは。数年前は思いもよらなかった。
おめでとう。
Posted by ミネソタ at 2021年05月16日 14:04
試合前予想でマクレガーと扇久保がオリベイラのKO勝ちを予想していて
びっくりしたけどその通りになってしまった。

個人的にはチャンドラーに勝ってほしかったがUFCのキャリア11年でKOや1本負けを
何度も喫しながらやっと掴んだチャンスを物にしてみせた新王者のオリベイラを素直に讃えたい。
負けたチャンドラーも1RでTDと寝技で追い込まれてからの逆転劇が素晴らしかった。

ファーガソンとジャカレイの負けは残念だしジャカレイの方はキャリア初1本負けと
このまま引退してもおかしくない手痛い敗戦だと思いました。
Posted by Machiavell at 2021年05月16日 14:04
貧民街から這い上がってUFC王者になるなんて、なんて人生だよ。感動しました。
Posted by ミドル at 2021年05月16日 14:21
オリベイラ勝利予想だったけど
応援してたのはチャンドラーだったから悲しい
でも名勝負だった

ファーガソンはもう一昔前の強さや狂気が加齢やダメージで見られなくなってしまった
負けるときも激闘だからダメージもでかそう

ライト級次期挑戦者はポイエーかな
Posted by 素人 at 2021年05月16日 14:22
オリヴェイラ バックをとる
チャンドラー パンチで逆転
オリヴェイラ パンチで更に逆転、KO勝ち
いや今回もメインはスゴかった。タイトルマッチがここしばらくハズレ無しだわ。
Posted by 回る老犬 at 2021年05月16日 14:40
チャンドラーはポイエーやマクレガーとは相性が悪いだろうな
オリヴェイラおめでとう!
効かして逃がさなかったところは素晴らしかった

次のライトのビッグマッチはマクレガーvsポイエー
マクレガー勝ってタイトルに挑戦してくれ!
Posted by ガチ at 2021年05月16日 15:22
ここ数年で一番すごいアップセットだった。
この一試合でコロナ禍の延期になった試合のお釣りが返ってくるくらい凄かった。

オリヴェイラが冷静に処理しながら戦ってる印象だったので、強かったですね。
早くもファイトオブザイヤー入りの好試合だったと思います。

あとレスラーvs柔術家の最高峰の試合が打撃で幕締めだったのも意外でした。
これだからガチファイトは面白いです。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2021年05月16日 16:31
オリヴェイラおめでとう!
1ラウンド終盤のチャンドラーの攻めに「これはヤバい…」と思ったけど、冷静に左フックを合わせたのは凄かった。
バルボーザは意地を見せた。スネをカットしたけど足技は健在だった。
ファーガソンは残念。。このまま落ちちゃうのかな。
Posted by サンダル at 2021年05月16日 16:52
チャンドラーもONEにいけばいいのに
Posted by 戦闘雲 at 2021年05月16日 18:51
>試合前予想でマクレガーと扇久保がオリベイラのKO勝ちを予想

これを改めて確認してみたらマクレガーの方は誤情報でした。
YouTubeのMMA Zoneの試合前予想のサムネイルのフェイクに騙されてしまった。
失礼しました。
Posted by Machiavell at 2021年05月16日 19:20
オリヴェイラがタックルを仕掛け、チャンドラーが柔術を仕掛ける。
最高峰の戦いはMMAですね。
11年で初のタイトル戦、勝利をもぎ取ったオリヴェイラは最高!
Posted by テレコ at 2021年05月16日 20:08
オリベイラもチャンドラーも素晴らしかった。
しかし正直「ヌルマゴなき王座」という気分が抜けない自分がいる。。
これからまた新たな時代を築いて欲しいですね。
Posted by スロー at 2021年05月16日 22:41
オリベイラは打撃にも自信があり2Rも普通に距離詰めて打ち合いに行ったのが良かったのと、1度きかされても立ち直れる猶予を作れる柔術の良さが出た感じでした。

ファーガソンは折角スウィープしたのにあそこでヒールを取られたのは痛かったし、ヒールは痛いと思った時は靭帯損傷してるケースが多いので今回もヤバそう。
Posted by NHB at 2021年05月17日 00:04
チャンドラーは爆発力は凄いけど、一発貰うと脆いのは昔から変わらないですね。
誰にでも勝つし、負ける。ジェットコースターのようなファイター。
Posted by あ at 2021年05月17日 00:21
> ベラトールで既にピーク超えてるUFC2戦目のチャンドラーなんかにタイトル獲られなくて良かったわー!ブラジル人で数少ない好きな選手だから良かった!
2021/05/16 13:56
りょう

文章から色々人間性が滲み出てるな
Posted by みし at 2021年05月17日 09:09
よくファーガソンが弱くなったような意見を見るけど、連勝してたときの相手のメンツ的にもともと今ぐらいの強さじゃないかとも思えてきた。トップ3には届かないぐらいの。ペティスに勝ったときも危ないシーンがあったし。
Posted by mk at 2021年05月17日 10:23
ジャカレイ、ファーガソンはUFCを撤退して是非RIZINに来て欲しい。引退するのは少し早い気がするし…
Posted by じぇるかふぇ at 2021年05月17日 12:26
やっぱりヌルマゴをボコボコに出来る可能性があるのはチャンドラーやな。
逆に完封されてボッコボコにされる可能性があるのもチャンドラー。
爆発力が半端ない代わりに壊れされるのも早い。アメ車みたいな選手。
Posted by ず at 2021年05月18日 20:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索