2020年11月17日

プロボクシング引退の藤本京太郎がK-1に復帰、1.24『K’FESTA.4』に出場

榊原信行CEO、プロボクシング引退の藤本京太郎について「ウチとは特に話していない」(2020年11月13日)

 こちらの続報。


 立ち技格闘技イベント「K―1」の年間最大イベント「K’FESTA.4」が来年1月24日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されることが決定。ライセンスを返上し、プロボクシングから引退した前日本ヘビー級王者の京太郎(34)が参戦すると発表された。

 K―1への復帰会見にコミカルな格好で現れた京太郎は「K―1に対して遊びに来たと思っています。遊びでも真剣に取り組まないと何事も成功しない。楽しんで、最後いい感じで格闘技を終われたらいいなと思います」。目標を問われると「先日久しぶりに卜部の兄貴(弘嵩)に会いました。K―1に出たら芸能人と結婚できると聞きまして楽しみにしています」とうそぶき笑いを誘った。

 さらに垣根を超えてボクシングとK―1の二刀流を実現させたいとして「両方できるようにというのが夢なので、そういう風に動きたいです。10年後にプロを目指す子たちの選択肢がもっと広がればいいと思います」。約10年ぶりに復帰を果たす京太郎が新風を吹かせるか。

 そもそも角海老宝石ジムは「一度ライセンス返上とし、再び総合格闘技(K-1 など)へ挑戦する事となりました」と発表していたので、そのまんまK-1だったようです。


 同大会では武尊 vs. レオナ・ペタスのスーパーフェザー級タイトルマッチが決定しています。



posted by ジーニアス at 22:30| Comment(0) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索