2020年09月24日

『UFC Fight Night 178』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

Athlete Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 178: Covington vs. Woodley』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級はダヴィッド・ドヴォルザークが3ランクアップし11位タイ。タイソン・ナムはバンタム級で試合をしましたがランク外から15位にランクインしています。これによりアミール・アルバジが15位からランク外に落ちています。

・フェザー級は14位にいたジョゼ・アルドがバンタム級転向によりランク外に。ブライス・ミッチェルがランク外から15位にランクインしています。

・ライト級はドナルド・セラーニが1ランクダウンし15位。今回のニコ・プライス戦はウェルター級でした。

・ウェルター級はコルビー・コヴィントンが1ランクアップし1位。コヴィントンに敗れたタイロン・ウッドリーが2ランクダウンし7位。

・ライトヘビー級はジョニー・ウォーカーが1ランクアップし10位。

・女子ストロー級はマッケンジー・ダーンが1ランクアップし14位。



posted by ジーニアス at 12:04| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索