2020年09月23日

本日15時よりRIZINが『RIZIN.24』記者会見/皇治が意味深ツイート


https://www.youtube.com/c/RIZINFIGHTINGFEDERATION/

【RIZIN】皇治が23日15時から緊急会見「必ず試合成立させてひっくり返したるよ」(ゴング格闘技)
 ISKA K-1ルール世界ライト級王者・皇治は、9月27日のさいたま大会のメインイベントで、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とRIZINキックボクシングルール(3分3R・58.5kg契約)で対戦する予定だが、9月21日に「試合出来たらええな」「まあ、無事試合があるよう祈ってる」と、意味深なツイート。

 続く22日には「約束は守る為にあるもんやからな。約束を守らんかったら全て崩れてまうよ」「近々、会見か何かやるわな」「K-1大阪、イケてたな。次は RIZIN。必ず試合成立させてひっくり返したるよ。楽しみしとってな」と、「必ず試合成立させてひっくり返したるよ」と、RIZINでの那須川戦に向け、何らかの障害があることを記していた。

 試合中止!? まさかねぇ…。


 7月18日に行なわれた、K1からRIZINへの移籍記者会見では、「(天心対武尊は)ファンがホンマに1番、望んでいるカード」と口にし、武尊に“自分の名前を都合よく使うな”とツイッターで発信されるなど波紋を呼んた。皇治がRIZINに移籍したことで、夢の対決が遠のいたという声もあったことについて、「何故遠のくんですか? これで遠のくなら彼らのファンとの約束はその程度やったってことですよ。彼らはファイターである前に人間。誰の人生でもない。彼らの大切なたった1回の人生。己が公の前で口にしてファンと約束したなら守るのが当然。守らんかったら後悔しますよ。俺は守り方を示しただけ。いつまでも大人の事情や団体のせいにしても何も始まらない。己でリスク背負って動くしかないんですよ。それができないなら簡単な話、口にしなきゃええんですよ。いつまでファンを待たすんやと。それはあの2人に言えることですけどね。リングで闘ってるだけやなく己で決断しないと。まあ初めに喧嘩売ったんわ、天ちゃん(那須川)やから、天ちゃんがK-1にいったらええがなって話でもありますけどね(笑)。もう、俺はこれ以上彼等には言うことないですよ」と、この2人の戦いに関しての言及に終止符を打つ宣言をした。

 今回の会見はこれとは関係ないと思われます。



posted by ジーニアス at 12:41| Comment(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索