2020年09月22日

UFCをリリースされたレイ・ボーグが引退を発表→その後撤回

UFCがレイ・ボーグをリリース(2020年08月08日)

 こちらの続報。


Ray Borg announces ‘it may be time to move on’ after UFC release(MMAFighting)

 レイ・ボーグがインスタグラムで引退を発表。「このゲームを14年間してきて27歳で引退するとは思いもしなかったが、家族のためにもに決断しないといけない。MMAコミュニティーが長年に渡り僕の家族に示してくれた全ての愛情に感謝しているが、人生の次の章に移る時が来たようだ」とコメントしています。

Ray Borg: ‘I Had Intentions on Retiring’(Sherdog)

 しかしその後、引退発表したインスタグラムの投稿を削除しSherdogのインタビューで撤回しています。ボーグは鬱とストレスが酷くて本気で引退するつもりでインスタを投稿したもののコーチやトレーニングをしてきた子どもたちや妻から説得されて撤回したとのこと。



posted by ジーニアス at 23:57| Comment(2) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コーチやご家族の思いやお考えはあるのでしょうけど、鬱やストレスが酷くて引退を決意した選手を説得して現役を続けされるというのはどうなんでしょう?最終的に現役続行を決めたのはご本人だとは思いますが。
個人的にはそんな精神状態で現役を続けるのは危険だし、格闘家だけが生きる道ではないのだから、やめた方がいいと思うのですが。まあ他人事だから無責任な事を言ってるんだと言われればそれまでなのですが。
Posted by bes at 2020年09月23日 01:13
周りの奴は鬱の人にその原因になってる仕事を続けさせるなよ。
自殺したらこいつらに殺されたようなもんだぜ。
Posted by ラブ at 2020年09月23日 05:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索