2020年07月09日

フロイド・メイウェザー「もうすぐ東京に行く。RIZINとミーティングを行う」/榊原信行CEO「タイミングが合えばメイウェザーがもう一度日本で試合をする」



 フロイド・メイウェザーがインスタグラムで「もうすぐジェット機に乗り込んで東京に行く。2020年について、俺のパートナーとRIZINとミーティングを行う。お楽しみに」とコメント。

【RIZIN】メイウェザーについて榊原CEO「タイミングが合えばメイウェザーがもう一度日本で試合をする」(ゴング格闘技)

 この件について榊原信行CEOは以下のコメント。
 
「メイウェザープロモーションのレナードさんとはずっと年が明けてから、ここまでコロナがひどくなる前からも話はさせてもらっています。それもこれもRIZINとしては9月にも大会を開きたいです。年末にも開きたい。その中で当然コロナが解消されれば、メイウェザーも今話している中では日本で試合がしたいと。もう一回日本に戻って。RIZINのクラウドファンディングの記事を、僕のインタビューを見てそういうエールを送りたいってことがひとつあって、ぜひプライベートジェットで日本へ行って打合せしようって感じみたいですけれど、飛んでこれないですから(笑)。日本へ入れないですから。ただ、ずっとそういう話は、コミュニケーションはとっています。だから本当にタイミングが合えばメイウェザーがもう一度日本で試合をする、それは秋でも可能性があるだろうし、年末でも可能性がある」

「でもそれは全部お金にまつわるんですよ。そのためにもクラウドファンディングとかでみんなに支援してもらって。RIZINという舞台の経済活動を続けていくことの先には、トフィック・ムサエフも戻ってきて秋に大会も出来るし、その中でメイウェザーだって可能性があるし。それを実現させていくにはもちろん選手とプロモーターである我々とファンの人たちの協力があって実現させていけるものだと思うので、不可能はないと思っています。プロモーターとして俺は世界一になるんだと目標を決めなければ世界一にはならないんですね。だから僕らとしても世界一のプロモーターになるんだと宣言して、悪戦苦闘していると。多分RIZIN始まって以来の事業が継続できないという危機なので。だけど下を向いていても仕方がないし、戦うしかない。でもみんなファンと共に支援をもらいながら次の一手を見つけていきたい。その先にはメイウェザーも必ずあると思います。ただ一点、コロナが解消されることが必要になりますけれど

「メイウェザーサイドともいろいろな話をして、今回で言うとRIZINと日本にエールを送りたい、いつでも試合の準備が整えば行く準備があるし、その打ち合わせをしようという想いが今日のインスタの中に出たのかなと思います」

 メイウェザーの方がRIZINに前のめりなのには驚きましたが、現時点での来日は無いようです。

posted by ジーニアス at 16:28| Comment(5) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうほんといい加減にしてほしい。

大金を彼に使わないでほしい。
それをするんだったら、もっとできる事があるはずだ。
GSPやAJと交渉してもいいし、
立ち技だったら、武尊をひきぬくでもいい。
とにかく依然みたいな10億円ちかい大金をつかわないでほしい
Posted by あ at 2020年07月09日 19:16
もうライジンに呼ばなくていいだろ
好き勝手やって手間は掛かるし、天心には試合前に文句付けるし
見たい選手ではない
Posted by MMA at 2020年07月09日 19:49
あのクラウドファンディングの金額程度じゃメイウェザー呼べないだろ知らんけど
てか呼ばなくていい
Posted by u at 2020年07月10日 12:09
日本なんてただのカモでしょ。
金の無駄遣い。
Posted by GGG at 2020年07月10日 19:50
前回のメイウェザーのギャラの大半はサイゲームスが用意してくれたんじゃなかったでしたっけ?
だからRIZIN側は低リスク。
10億払って、やっと瞬間視聴率が二桁に乗るくらいじゃ本来大失敗。
クロンのギャラは渋ったのに、メイウェザーへの10億がもう一度OKってのはそーゆう事でしょう。
サイゲームスがまた出してくれるって言うなら、こちらとしては楽しむだけですけどね。
Posted by か at 2020年07月13日 06:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索