2019年12月08日

『UFC on ESPN 7: Overeem vs. Rozenstruik』速報



UFC on ESPN 7 ‘Overeem vs. Rozenstruik’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

UFC on ESPN 7 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です。
 
Early Preliminary Card(日本時間12月8日午前7時45分開始、UFC Fight Pass

▼ミドル級/5分3R
マフムド・ムラドフ vs. トレヴァー・スミス


 1ラウンド。互いにジャブ。スミス左ロー。ムラドフジャブ、ワンツー。スミス左ローもムラドフの急所にヒット。休憩後再開。パンチが交錯。ムラドフジャブ連打、ワンツー。スミスジャブ。右ロー。右フック。ムラドフジャブ連打。左フック。ワンツー。左ミドル、ジャブ。パンチが交錯。ムラドフワンツー。スミス右フック。右ロー。ムラドフワンツー。飛び膝、二段蹴り! ラウンド終了。

 2ラウンド。ムラドフ足を使ってジャブ。ワンツー。ワンツー。スミス右フック。ムラドフワンツー。ジャブ連打。ワンツー、左ハイ。ジャブ。スミス飛び込んで右フックも空を切る。ムラドフジャブ。右フック。スミス右フック。パンチが交錯。ムラドフ右フック、ジャブ連打、ワンツー。ジャブ。クリンチ、離れ際に右フック。ジャブ。ワンツー。スミス左ロー。ムラドフワンツー。ジャブ。スミスタックル、金網に押し込む、ムラドフ離れる。ムラドフワンツー。ジャブ。スミス右ミドルもムラドフキャッチしテイクダウン、バックを取りチョーク狙いもここでラウンド終了。

 3ラウンド。スミス突っ込んで行くもかわされる。ムラドフジャブ。ワンツー。ワンツー。右フック。スミス右ロー、右フック。ムラドフワンツー。右フック、ワンツー、なおもワンツー、左ハイ、右フック。ワンツー、ジャブ。ワンツー。ジャブ。ワンツー。スミス右ロー、右フック。ジャブ。ムラドフボディにワンツー、直後に頭部にワンツー! アゴにモロに入りスミスノックアウト!

 3ラウンド、マフムド・ムラドフKO勝ち。


▼女子ストロー級/5分3R
ヴィルナ・ジャンジローバ vs. マロリー・マーティン


 1ラウンド。ジャンジローバワンツー。ワンツー。マーティン前に出るもジャンジローバカウンターのテイクダウン、マーティンすかさずギロチンチョーク。ジャンジローバ外す、ハーフガードからパスしてマウント。ジャンジローバ肩固め! しっかり入ったように見えるもマーティン脱出、スタンドに戻る。ジャンジローバジャブ、右フック。マーティンタックル、金網に押し込む。ジャンジローバ膝蹴り、離れる。パンチが交錯、マーティンワンツー、ジャンジローバテイクダウン、マーティンすかさずギロチンチョーク。ジャンジローバ外す。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャンジローバワンツー。テイクダウンからバックを取る。チョーク! マーティンタップ!

 2ラウンド1分16秒、リアネイキッドチョークでヴィルナ・ジャンジローバ勝利。


Preliminary Card(日本時間12月8日午前9時開始、UFC Fight Pass

▼ライト級/5分3R
ジョー・ソレッキ vs. マット・ワイマン


 1ラウンド。ソレッキプレッシャー掛ける。テイクダウン、ワイマンクローズドガード。ソレッキ脇腹にパウンド。パスしてハーフからパウンド。なおもパウンド連打。ソレッキさらにパスしてバックマウントからパウンド連打。ワイマン脱出図るもソレッキボディトライアングルからなおもパウンド連打、肘打ち、パウンド連打、鉄槌。しかし仕留めきれずラウンド終了。

 2ラウンド。ワイマンワンツー。ソレッキワンツーからテイクダウン、ワイマンすかさずギロチンチョークもすぐ外れる。クローズドガード。ソレッキパウンド、ワイマンも下から肘打ち。膠着状態が続きブレイク。パンチが交錯。ソレッキテイクダウン、ワイマンすかさずギロチンチョークも入りは浅い。ラウンド終了。

 3ラウンド。互いにジャブ。ワイマン膝蹴り。ソレッキテイクダウン、ハーフガード。ソレッキパウンド、肘打ち、パウンド。ソレッキバックに回り込む。パウンド。ワイマン体制入れ替えてトップを取る、ソレッキクローズドガード。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-26、30-26、30-27)でジョー・ソレッキ勝利。


▼148.5ポンド契約/5分3R
ブライス・ミッチェル vs. マット・セイレス


 1ラウンド。ミッチェルサイドキック、セイレス前蹴り、右ストレート。ミッチェルテイクダウン、パスしてサイドからパウンド。さらにパスしてマウントからパウンド。しかしそこから攻めあぐむ。ミッチェルバックに回り込むとツイスター! セイレスタップ!

 1ラウンド4分20秒、ボディツイスターでブライス・ミッチェル勝利。


▼フェザー級/5分3R
ビリー・クアランティーロ vs. ジェイコブ・キルバーン


 1ラウンド。ビリー左右ロー、クリンチから膝蹴り、金網に押し込む。キルバーン入れ替えクリンチアッパー。ビリーなおも膝蹴りからグラウンドに引きずり込みアナコンダチョークに行くも外れる、しかしパスしてマウントからパウンド連打! バックに回り込むとなおもパウンド。再びマウントからパウンド連打! キルバーンたまらず反転するもビリーなおもバックからパウンド連打からチョーク狙い。しかしキルバーンディフェンス。ビリー再びパウンドも仕留めきれずラウンド終了。

 2ラウンド。ビリーテイクダウン、パスしてサイドを取る。さらにパスしてマウントからパウンド連打! キルバーン必死のディフェンス。ビリー今度は肩固めに行くも仕留めきれず。再びパウンド連打! バックに回り込みなおもパウンド連打。今度は三角絞め! キルバーンタップ!

 2ラウンド3分18秒、三角絞めでビリー・クアランティーロ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
チアゴ・アウベス vs. ティム・ミーンズ


 1ラウンド。ミーンズはサウスポー。アウベスワンツー、左ロー。ミーンズ左ロー。タックル、金網に押し込む、離れる。アウベス左ローも急所にヒット。すぐ再開。ミーンズ左ロー。クリンチもアウベスが金網に押し込む、離れる。ミーンズ前蹴り、左ストレート。アウベス右ミドル、ミーンズタックル、金網に押し込む。離れ際にスピニングエルボーもクリーンヒットせず。ミーンズ左フック! アウベスダウン! ミーンズパウンド連打! 首を抱えてギロチンチョーク! アウベスタップ!

 1ラウンド2分38秒、ティム・ミーンズ勝利。


Main Card(日本時間12月8日午前11時開始、UFC Fight Pass

▼バンタム級/5分3R
ロブ・フォント vs. リッキー・シモン


 1ラウンド。フォントプレッシャー掛ける。ジャブ。右フック。ジャブからテイクダウン、しかしシモンすぐ立ち金網に押し込む。膝蹴り、離れる。フォント右フック、右アッパー。ジャブ。シモンジャブからタックルも切られる。シモン右ロー、フォントワンツー。ワンツー、左ハイ。シモン左フック、飛び膝! テイクダウン、フォント金網を背にする。フォント立つもシモン膝蹴りから再度テイクダウン、クローズドガード。シモンパスしてハーフもフォント脱出しスタンドに戻る。フォント右ストレート。ワンツースリー、膝蹴り。ジャブ。スピニングエルボー狙いもシモンカウンターのテイクダウン、クローズドガード。パスしてハーフ。フォント脱出、スタンドに戻る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブの応酬。シモン右ロー。ジャブが交錯。ローが交錯。フォントワンツー、シモンタックルも切られる。フォントワンツー。前蹴り、ワンツースリー。シモンタックル、今度はテイクダウン成功もフォントすぐ立ちジャブ。ジャブ、膝蹴り。シモン左フック、ジャブ。パンチが交錯、シモンタックルもかわされる。フォント右フック。ジャブ、ワンツー。シモンジャブ。フォントワンツー。シモンタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、フォント金網を背にする。フォント立つ、スタンドに戻る。フォントワンツースリーからタックル、金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬。フォントワンツー。シモン左フック。互いにジャブ。シモンワンツー、膝蹴り。左フック。タックルも切られる。フォントワンツー。シモンジャブ、フォントワンツースリー。ジャブが交錯。シモンワンツー、膝蹴り。片足タックルからテイクダウン、サイドを取る。しかしフォント脱出、スタンドに戻るとジャブ連打。ジャブが交錯。フォント右フック。ジャブ、右フック。ジャブが交錯。シモンワンツー、フォント右フック。前蹴り。ジャブの応酬。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でロブ・フォント勝利。


▼バンタム級/5分3R
コディ・スタマン vs. ソン・ヤードン


 1ラウンド。スタマンプレッシャー掛ける。ソン左ロー、ワンツースリー。ジャブ。スタマンジャブ。ソンバックスピンキック、ワンツー。スタマンジャブ。テイクダウン、ソン金網を背にする。ソン首を抱えてギロチンチョーク! スタマンは極まってないアピール。ソンそこから膝蹴りもスタマンが膝をついていたのでこれは反則。1ポイント減点から再開。ソンジャブ。スタマン前蹴り、ジャブが交錯。スタマン左ロー。ソン左ロー。スタマン左ミドル。タックルもかわされる。ソンジャブ。ワンツー。スタマン片足タックル、ソンがぶるも強引にテイクダウン、ハーフガード。しかしここでラウンド終了。

 2ラウンド。ソン右フック、左ミドル、ワンツー。左ハイ。スタマンタックルもソンがぶる。離れる、スタマン左ボディ。左ロー。ソン右ロー、スタマンワンツー、ソンワンツースリー。スタマンタックル、金網に押し込む。ソン入れ替える。離れ際に肘打ちもスタマンすかさずテイクダウン、ハーフガード。スクランブルからスタンドに戻る。スタマン左ハイ。ソンワンツー。前蹴りもスタマンキャッチしテイクダウン、サイドを取る。ソンハーフに戻す、さらにスイープしトップを取ると肘打ち。パウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブの応酬。互いにロー。スタマン右フック、ジャブ。ソンワンツー。スタマンテイクダウン、バックを取る、スクランブルからスタマンハーフガード。スタマンパウンド。バックに回り込む。パウンド連打、鉄槌連打。試合終了。

 3ラウンド終了、判定1-0(29-27、28-28、28-28)でマジョリティドロー。


▼女子バンタム級/5分3R
アスペン・ラッド vs. ヤナ・クニツカヤ


 1ラウンド。ラッドジャブからクリンチもクニツカヤが金網に押し込む。膝蹴り連打。ブレイク。ローが交錯、パンチが交錯、クリンチ、クニツカヤが金網に押し込む。膝蹴り連打。ラッド入れ替えようとするもクニツカヤ行かせない。ラッドテイクダウン、パスしてハーフ。クニツカヤ反転し亀になるもラッドバックからパウンド連打! しかしクニツカヤスイープ。ここでラウンド終了。

 2ラウンド。いきなり激しい打ち合い。ジャブが交錯。クニツカヤ右ロー、ラッド左フック。クニツカヤ右ロー。ラッド左フックからタックルもクニツカヤが金網に押し込む。膝蹴り連打。離れ際に左ミドル。前蹴り。ラッドジャブからテイクダウン、クローズドガード。しかしそこから攻めあぐむ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ラッドいきなり左フック! クニツカヤダウン! ラッドパウンド連打! クニツカヤ反転し亀になるもラッドなおもパウンド、肘打ち連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド0分33秒、アスペン・ラッドTKO勝ち。


▼ヘビー級/5分3R
ステファン・シュトルーフ vs. ベン・ロズウェル


 1ラウンド。互いにジャブ。シュトルーフ右ロー連打。ロズウェルプレッシャー掛ける。ワンツー。シュトルーフ左ミドル、右ロー連打。前蹴り。右ロー、ワンツー、左ハイ。ロズウェルクリンチ、金網に押し込む。シュトルーフテイクダウンもロズウェルすぐ立ち再び金網に押し込む。シュトルーフ膝蹴り、離れる。シュトルーフ左ハイ。ロズウェル左ミドルもシュトルーフの急所にヒット。シュトルーフ悶絶。回復に時間が掛かりそう。ようやく立つもなおも苦悶の表情。ようやく再開。シュトルーフ右ロー、二段蹴り、左ミドル、ロズウェル右フック連打からクリンチ、金網に押し込んでクリンチアッパー連打、離れる。シュトルーフ右ハイ、右ロー連打、左ミドル、左ロー、前蹴り。ロズウェル右フック。シュトルーフ左ハイ。ロズウェルクリンチ、金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。ロズウェルプレッシャー掛ける。シュトルーフジャブ連打。左右ロー。ロズウェルクリンチ、金網に押し込む、離れ際にシュトルーフ左ローもロズウェルの急所にヒット。すぐ再開。パンチが交錯。シュトルーフ右ロー、ジャブ、ロズウェルタックル、金網に押し込む。互いにクリンチアッパー、離れる。ジャブが交錯。シュトルーフ右ロー、左ミドル、膝蹴り。右ロー、ジャブ、ロズウェル右ローからクリンチ、金網に押し込む。シュトルーフ膝蹴り、離れる。シュトルーフ左ロー、前蹴り、ロズウェル左ミドルもまたもシュトルーフの急所にヒット。シュトルーフまたも悶絶、なかなか立てない。ロズウェルに1ポイント減点から再開。シュトルーフ膝蹴り、ロズウェル右フック、クリンチから金網に押し込みクリンチアッパー。離れる。シュトルーフ右ローも自身の脚を痛める。ロズウェルワンツー、クリンチアッパー連打! シュトルーフノックアウト!

 2ラウンド4分57秒、ベン・ロズウェルTKO勝ち。


▼女子120.5ポンド契約/5分3R
マリーナ・ロドリゲス vs. シンシア・カルヴィーロ


 1ラウンド。カルヴィーロ左ロー、ロドリゲスワンツー。カルヴィーロ左ロー、ロドリゲス右フック。ジャブ。カルヴィーロ左ロー連打。ロドリゲス右フック、クリンチ、離れる、ロドリゲス右フック。ワンツー。カルヴィーロ左ロー、ロドリゲスワンツー。カルヴィーロテイクダウン、ハーフガード。しかしロドリゲス脱出するとワンツー、肘打ち、膝蹴り連打、離れる。ロドリゲス肘打ち、カルヴィーロクリンチ、金網に押し込む。ロドリゲス膝蹴り、右ハイ、膝蹴り連打! カルヴィーロ右フック、ワンツー、なおもワンツー。ロドリゲス右フック、カルヴィーロテイクダウン、ハーフからパウンド連打! ラウンド終了。

 2ラウンド。カルヴィーロ右ロー連打。ロドリゲスワンツー。カルヴィーロ左ロー。右フック。ジャブ連打。ロドリゲス膝蹴り。ワンツー、前蹴り。カルヴィーロ左ロー。ジャブ。ロドリゲス右ストレート、膝蹴り、右フック、右ロー。カルヴィーロ右フック。ロドリゲスワンツー、右ロー。前蹴り。前蹴り。ワンツー。ソバット。カルヴィーロバックハンドブロー、ジャブ、ワンツー、ロドリゲスクリンチから膝蹴り連打! 前蹴り。カルヴィーロ右ロー。ロドリゲスジャブ、右ロー。飛び膝。カルヴィーロクリンチ、金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。カルヴィーロ左ロー、ジャブ。ロドリゲス前蹴り。カルヴィーロジャブ。ロドリゲス右ロー連打。カルヴィーロテイクダウン、ハーフガード。カルヴィーロ手首を取ってキムラロック狙い。今度は肘打ち連打からバックに回り込むと肘打ち、パウンド、鉄槌連打! マウントになってもパウンド連打! しかしロドリゲス辛うじて脱出、スタンドに戻る。ロドリゲスジャブ、前蹴り。試合終了。

 3ラウンド終了、判定1-0(29-28、28-28、28-28)でマジョリティドロー。


▼ヘビー級/5分5R
アリスター・オーフレイム vs. ジャルジーニョ・ホーゼンストライク


 1ラウンド。オーフレイムはサウスポー。オーフレイムサイドキック。ホーゼンストライク左ロー。左ロー。ジャブ。オーフレイムジャブ。ホーゼンストライクジャブ。左ロー。オーフレイムジャブ、クリンチからテイクダウン、サイドを取る。ハーフに移行しパウンド。肘打ち。脇腹に膝蹴り。ホーゼンストライク脱出図るもオーフレイム再びトップを奪いサイドを取る。側頭部に肘打ち。ラウンド終了。

 2ラウンド。ホーゼンストライクジャブ。オーフレイム飛び込んでクリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り。ホーゼンストライク離れようとするもオーフレイム再び金網に押し込む。互いに膝蹴り。ブレイク。ホーゼンストライクワンツー。オーフレイム左ハイ。ホーゼンストライク右ストレート。オーフレイムサイドキック、ホーゼンストライク左ロー。右フック。オーフレイムジャブ、関節蹴り。ホーゼンストライク右フック。オーフレイム左フック。ホーゼンストライク右アッパー、左フック。オーフレイム左ストレート、ホーゼンストライクワンツー。ワンツー。オーフレイム左ミドル。ホーゼンストライク右フック、オーフレイム左ミドル。ラウンド終了。

 3ラウンド。オーフレイムジャブ。ホーゼンストライク前蹴り、ジャブ。オーフレイムジャブ。タックル、金網に押し込む。ホーゼンストライク離れる。ジャブ。オーフレイムジャブ。関節蹴り。ワンツー。ホーゼンストライクジャブ。右フック。左フック。オーフレイムジャブ、関節蹴り。ホーゼンストライク左ロー。オーフレイム左ミドル、ホーゼンストライク右ロー。オーフレイム左フック。タックル、金網に押し込む。互いに膝蹴り。オーフレイムテイクダウン、ハーフガード。オーフレイム鉄槌、パウンド、肘打ち。ラウンド終了。

 4ラウンド。オーフレイムワンツー。関節蹴り。ホーゼンストライク右ストレート。オーフレイム左フック。ホーゼンストライクジャブ、左ロー。オーフレイム左フック、左ロー。ホーゼンストライク左右連打、飛び膝! しかしオーフレイム冷静。オーフレイム左フック、ジャブ。互いにジャブ。オーフレイム関節蹴り。サイドキック。ホーゼンストライク左右フック。オーフレイム左フック。ホーゼンストライク左アッパー。ジャブ。ホーゼンストライク飛び膝、左右フック、飛び膝。オーフレイム左フック。左フック連打。ホーゼンストライク前蹴り。オーフレイムサイドキック。ホーゼンストライクワンツー、飛び膝。ラウンド終了。

 5ラウンド。オーフレイム左フック。ホーゼンストライク左ロー、ジャブ。オーフレイム関節蹴り、タックルもかわされる。オーフレイム左ストレートからタックル、金網に押し込む。離れる。互いにジャブ。オーフレイム左ローからタックル、金網に押し込む。離れる。ジャブが交錯。オーフレイム左ロー。ホーゼンストライク右フック。オーフレイムジャブ。ホーゼンストライク右フック連打。オーフレイム関節蹴り。ホーゼンストライクジャブ、飛び膝。オーフレイムタックルも切られる。ホーゼンストライク右フック。オーフレイムジャブ。ホーゼンストライク飛び込んで左フック、右フック! オーフレイムノックアウト!

 5ラウンド4分56秒、ジャルジーニョ・ホーゼンストライクKO勝ち。

posted by ジーニアス at 08:02| Comment(32) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュトルーフ不憫過ぎるよ
ロズウェルにゃ何にも罰無しかよ
Posted by 名古屋 at 2019年12月08日 13:23
金的ばかりで試合になってない
途中棄権できないのか?
シュトルーフが不憫
Posted by 苦い涙 at 2019年12月08日 13:29
オーフレイムもシュトルーフもモヤモヤだわ…
レフェリーの質悪すぎて
Posted by かさ at 2019年12月08日 14:55
オーフレイムは確実に効いていたし
危なかったけど相手が立ち去ったから止めた感じがした。
ハントとかMVPもよくやるけど
MMAはダウンで終わりじゃないから
なんだかな。
最終ラウンド2ポイントとられても
オーフレイムが勝ってたしなー
MMAのレフリーは難しいな。
Posted by yy at 2019年12月08日 15:08
アリスターの試合レフリー変だったのもあるけど、それにしても最後もったいないな~。
Posted by ストレッチ at 2019年12月08日 15:54
シュトルーフは金的を喰らってダメージ抜けきらない状態で戦ってKO負けで気の毒だったが、
アリスターのKO負けにしたのはレフェリーの適切な判断で素晴らしかった。
試合を止めるか止めないかの判断は残りの時間がどの位で決めるべきではないから。
スローで見ればわかるがホーゼンストライクの最後の右フックを喰らった後アリスターは立った事は立ったが脳が揺れている状態で戦わせるべきでなかったから。
ホーゼンストライクの次の相手は本人も望んでいるガヌーを期待したい。
ヘビー級も面白くなってきた。

fightpassの解説者が「行かないと行かないと、行くなら今でしょ」をひたすら繰り返し言っているのがうざかったですね。。
Posted by fightclub at 2019年12月08日 15:58
最後あと数秒だったからレフェリーが入らなきゃ逃げ切ったかもしれないけど、ダウンしたアリスターの顔面にもう一発アッパー入ってたら危険だったし、止めて正解だと思う。
ほんとMMAファンはみんなすぐにグチグチ文句を言うが、ギリギリで一発当てたローゼンストライクが持ってたってことでいいじゃないか。
それにしても上口唇深く切れてる画は鳥肌たったわ。
Posted by うまお at 2019年12月08日 16:23
あと、ツイスターよかったね。UFCでツイスターが決まるのは2回目か?
Posted by うまお at 2019年12月08日 16:24
アリスターの試合後の写真は少なくとも食事中は見ない方が良いです。
見た瞬間吐きそうになった。
唇が5センチ位裂けている顔は初めて見た。。
ローゼンストライクは恐ろしいパンチ力なんだな。
Posted by fightclub at 2019年12月08日 16:26
アリスターの唇、えらい事になっとるね。
Posted by 身勝手の極意 at 2019年12月08日 16:27
アリスターはレフェリーに勝ちを盗まれたな。あのまま追撃を受けても、間違いなくゴングの方が先に鳴ってた。
年齢的にもタイトル挑戦へのラストチャンスだっただけに可哀想。

この勝敗結果を以て、ローゼンストライクのランキングが急上昇するのは論理的におかしい。
Posted by ありんこ at 2019年12月08日 16:53
アリスターは駄目だなぁ・・・。
終了10秒前の拍子木の後、試合を流そうとプレッシャーを解いたから、途端に相手が飛び込んできてあんなことになる。
あの負け方は本当に勿体ない。
Posted by 白 at 2019年12月08日 17:53
パンチ打ち抜かれた後、アリスターは意識飛んでたからレフェリーが止めるのは妥当。あの状態でパウンド食らってたら脳にダメージが残ってしまう。
それにしてもアリスターはボクシングのディフェンス技術が低すぎる...。
Posted by よ at 2019年12月08日 17:56
ダウン後の追撃でのダメージ蓄積やリング禍を防ぐために一瞬でも意識が飛んだとレフェリーが判断したら即ストップ。というのは非常に合理的かつ人道的ですけど、どうしてもモヤモヤ感は残ってしまいますよね。人命に関わることだから仕方ないのだとしても。

ただその一方で、金的やアイポークといった反則が一部でやったもん勝ち状態になってるのを放置してるのは、さすがにいかがなものかと思います。
サッカーではありませんけど、イエローカードみたいに過去の反則の重複によって何かしらのペナルティを与えるとかしないと減らないのではないでしょうか。
Posted by アンドレ・ホグ at 2019年12月08日 18:39
アリスター止められたのおかしい言ってる奴はデイナのインスタを見てくるといいよ
あんな裂傷出来てたら意識あろうと止められて当たり前だ
Posted by 名無しさん at 2019年12月08日 18:53
アリスター気の毒だけど、でも最後気抜いたな。ヘビー級はこれがあるから怖いな。
Posted by koba.aloha at 2019年12月08日 19:27
アリスターの唇えらい事なっとるね
Posted by 身勝手の極意 at 2019年12月08日 20:22
ストップの理由が「一瞬意識が飛んだ」であれば合理性はないのでは?(そんな事象、山ほどあるよね?)
しかし今回のストップの理由が「唇のカット」であれば、良ジャッジだと判断できた。(デイナのインスタ写真見て)

アリスターは勝負には勝ったが運悪く試合に負けたというのが合理的結論。
この勝敗結果により、ローゼンストライクのランキングが大きく上昇した場合、論理性はない。
Posted by ぐえ at 2019年12月08日 20:23
メインは両者共に評価を落とすような試合だった。
Posted by テレコ at 2019年12月08日 20:34
アリスターは勝つときは地味に勝つけど負けるときは豪快に負けるなぁ
Posted by Juggur at 2019年12月08日 20:41
まさかRIZINファイターの中でも下の方のホーゼンストライクがアリスターをKOするとはね。
Posted by tt at 2019年12月08日 22:59
ダンは気まぐれなのか空気を読める人なのか、
レイエスVSサンプルーの試合は止めなかったのにね
Posted by あう at 2019年12月08日 23:53
アリスターが止められたのはダウンから立ち上がってトンでもない方向へ歩き出した瞬間だったね。 あれは戦意喪失か意識がおかしいって取るべきだね。 あの瞬間に無効向いちゃってる相手に「オイ、追撃しろ、早く!」ってレフェリーが言っちゃ駄目でしょ?
Posted by ロンド at 2019年12月09日 00:57
アリスター、もし止められなかったとしても休憩中にドクターストップなってただろう…。

ステファン・シュトルーフ、個人的に一番期待して見てたが、なんとも不運な…。
序盤、めっちゃいい蹴り放ちまくってたんだがな。
ミドルのつもりがでかすぎて丁度入ってしまうのか…。
ロズウェルも申し訳なさすぎて2発目の時感情爆発してたな。

Posted by 筋肉 at 2019年12月09日 03:20
毎度毎度レフェリーとジャッジだけは必ずガッカリさせてくれる
これだけは期待を裏切らないよUFC
アリスターとシュトルーフの試合裁いたダンマグリアータはもう使わないで欲しい
後ヤードンの判定したジャッジも
Posted by alema at 2019年12月09日 05:17
判定までいってりゃ勝ってただろうに
アリスター詰めが甘かったな
Posted by ガン at 2019年12月09日 06:39
アリスターがクチビルオバケになってもうてるやん。止めて正解。これ飯食うのもキツいぐらい痛いだろ。
Posted by ak at 2019年12月09日 09:34
シュトルーフは試合続行を選んだわけだし、レフリーがあそこで試合終わらせるかは難しいとこじゃないですかね?
結果的にはシュトルーフが負けたので、やらなきゃよかったって感じですが
KIDの魔裟斗戦や堀口の天心戦を、KIDや堀口の反則勝ちにすべきだみたいな話ですよね?

ヤドンの試合も普通に引き分けを支持してる人たちもいるし、人それぞれ見方は幅が有るものだから、
このジャッジが絶対におかしいと思ってる方が、おかしな考え方をしてる人なんじゃないかとは思います
Posted by DA at 2019年12月09日 21:21
金的×2でケージを数分間のたうち回った後に試合続行を余儀なくされたシュトルーフ(その後KO負け)とKIDの魔裟斗戦や堀口の天心戦の試合は全くの別内容だと思います
Posted by ヌンチャク at 2019年12月10日 01:26
程度の差の問題だったんですか?
シュトルーフがもっと休んで回復してたり、
シュトルーフがそこまでダメージ無かったり、その後勝ってた結果だったら問題なかったって話なんですか?

KIDや堀口も2回の金的で影響ありましたよね
Posted by DA at 2019年12月10日 04:45
RIZINで下のほうだったローゼンストライクがとか
ランキングが云々とか
アリスターあそこで止められなくてもラウンド間に止められてただろうとか(5Rの終わりなのに。。。)

俄かのコメントばかりでどーしようもねーや
数年前までいなかったハンドルネームたちだからRIZINから入った人なのかな
Posted by うまお at 2019年12月10日 08:07
>うまお
>アリスターあそこで止められなくてもラウンド間に止められてただろうとか(5Rの終わりなのに。。。)

すまん、普通に5Rってのが頭から抜けてたわ。俺のミスだw



>数年前までいなかったハンドルネームたちだからRIZINから入った人なのかな

それは断じて違うわいw
ちなみにコメントは1、2年前くらいからだが、このサイト自体は10年前から楽しみに拝見させてもらっていますよ。

Posted by 筋肉 at 2019年12月10日 17:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索