2019年12月05日

12.21『UFC Fight Night 165』ジョン・チャンソン戦を負傷欠場するブライアン・オルテガが声明を発表「前十字靭帯を部分断裂してしまった」

無念! ブライアン・オルテガが12.21『UFC Fight Night 165』ジョン・チャンソン戦を負傷欠場(2019年12月05日)

 こちらの続報。

この投稿をInstagramで見る

2020

Brian Ortega(@briantcity)がシェアした投稿 -



 12月21日に韓国・釜山で開催する『UFC Fight Night 165: Ortega vs. The Korean Zombie』のメインイベントで予定されていたジョン・チャンソン戦を負傷欠場するブライアン・オルテガがインスタグラムで以下のコメント。

「練習中に前十字靭帯を断裂して韓国で試合ができなくなった。不幸中の幸いだったのは部分断裂だったのですでにリハビリを始めているし、2~3ヶ月後には100%に回復しているだろう。ファン、コリアンゾンビ、UFCを失望させたくなかったので無理にでも試合をしようと考えたが、ドクターから試合中に完全断裂するリスクが高いし、そうなると1年間棒に振ることになると言われた。みんなには申し訳ないが、すぐにこの問題に対処しないといけない。だが2020年には挽回することを約束するよ」




posted by ジーニアス at 18:20| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜コレは残念!
 ここ最近ではかなり楽しみにしていたカードだけに…
 ただ、怪我の箇所が箇所だけに選手生命に関わるのでオルテガには無理をして欲しく無い。
Posted by (^^)/ at 2019年12月05日 20:11
堀口(><)
Posted by すー at 2019年12月05日 20:17
最高に観たいカードだっただけに残念だけど、これは仕方ない。
と、言うより、朗報と取りたい。
オルテガがタフなファイターだけど、それ故に本当限界までやりがちな男だと思う。
ホロウェイ戦の殴られっぷりを思い出すと、そろそろダメージが蓄積してきてるんじゃなかろうか? だいぶ前とはいえ、ああいった試合は脳に不可逆なダメージを残すとも聞く。
今回の靭帯だって、たぶん体が悲鳴をあげたんじゃないかと。治る怪我ならむしろコレを幸いと、休息を取ってほしいもんだ。
Posted by JN at 2019年12月05日 22:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索