2019年12月04日

12.31『RIZIN.20』で朝倉×ケイプのバンタム級王座決定戦、石渡×扇久保の次期挑戦者決定戦、シュメトフ兄弟、石井慧、C.B.ダラウェイも参戦



12月4日14時より『BELLATOR JAPAN』&『RIZIN.20』追加対戦カード発表記者会見/インスタグラムでライブ配信(2019年12月03日)

リベンジなるか!? 12.31『RIZIN.20』でRENAとリンジー・ヴァンザントが半年ぶりに再戦(2019年12月03日)

 こちらの続報。
 
 RIZINが都内で12.29『BELLATOR JAPAN』&12.31『RIZIN.20』追加対戦カード発表記者会見を開きました。




Sergey Shemetov(Sherdog)

Jayme Hinshaw(Sherdog)

 『BELLATOR JAPAN』の方はこちらの3カードが追加発表。

 シビサイ頌真は『RIZIN.19』でキム・チャンヒに1Rアームロックで勝利して以来の試合。セルゲイ・シュメトフはビタリーの兄で現在35歳(試合時は36歳)のロシア人。戦績8勝6敗で今回がRIZINデビュー戦。日本での試合経験もあり、2006年10月の『MARS 5』で野地竜太に1R TKO負けしています。

 平本蓮は2018年3月21日の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』でゲーオ・ウィラサクレックに2R KO勝ちして以来の試合。11月1日に自身のSNSでK-1との契約満了、フリーになったことを発表していました。芦田崇宏はMMA戦績23勝10敗2引き分け。DEEP第8代フェザー級チャンピオンで10月の『DEEP 92 IMPACT』で長倉立尚に判定勝ちして以来の試合。今回はキックルールでの試合。

 浅倉カンナは『RIZIN.18』でアリーシャ・ザペテラに判定勝ちして以来の試合。ジェイミー・ヒンショーは現在30歳のアメリカ人で戦績4勝3敗。全てKOTCでの試合で現在3連勝中。今回がRIZINデビュー戦。






Simon Biyong(Sherdog)

C.B. Dollaway(Sherdog)

 『RIZIN.20』の方はこちらの5カードが追加発表。

 ビタリー・シュメトフは『RIZIN.17』でジェイク・ヒューンに3R TKO負けして以来の試合。シモン・ビヨンは現在28歳のイタリア人で戦績6勝1敗。6勝中5勝がTKO勝ちで今回がRIZINデビュー戦。

 ジェイク・ヒューンは『RIZIN.17』でビタリー・シュメトフに3R TKO勝ちして以来の試合。石井慧は10月31日の『PFL 2019, Playoffs 3』でデニス・ゴルソフに判定負けして以来の試合。RIZIN参戦は2017年4月の『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』でヒース・ヒーリングに判定勝ちして以来2年8ヶ月ぶり。1月19日の『HEAT 46』でクレベル・ソウザとの対戦が決定していますが大丈夫でしょうか。

 イリー・プロハースカは『RIZIN.19』でファビオ・マルドナドに1R TKO勝ちして以来の試合。C.B.ダラウェイは現在36歳のアメリカ人で戦績17勝9敗(UFC 11勝9勝)。2018年9月の『UFC Fight Night 136: Hunt vs. Oleinik』でハリッド・ムルタザリエフに2R TKO負けして以来の試合で今回がRIZINデビュー戦。

 朝倉海は『RIZIN.19』で佐々木憂流迦に1R TKO勝ちして以来の試合。マネル・ケイプは『RIZIN.18』で水垣偉弥に2R KO勝ちして以来の試合。両者は2018年5月の『RIZIN.10』で対戦しており、この時は朝倉が判定勝ちしています。

 石渡伸太郎は『RIZIN.17』で佐々木憂流迦に2Rノースサウスチョークで勝利して以来の試合。扇久保博正は『RIZIN.17』で元谷友貴に判定勝ちして以来の試合。

 記者会見で榊原信行CEOは来年春に朝倉 vs. ケイプの勝者と石渡 vs. 扇久保の勝者を対戦させるとコメントしており、バンタム級新チャンピオンは同日に次期防衛戦の相手が決まることになります。


 スカパーではセット割引もあります。DAZNでは『BELLATOR JAPAN』のみ視聴できます。


 その他RIZIN情報。

posted by ジーニアス at 16:30| Comment(26) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり石渡と扇久保はショートノーティスで不利だから朝倉戦を断ったんだろうね
あと1ヶ月じゃ体重作るのがやっとだろ
アンダードッグになるぐらいなら次のチャンスまで待ったほうがいい
Posted by GO at 2019年12月04日 17:16
ケイプは金でも積んだのか?
スポンサー紹介したのか?
何かチカラが働いたのだろうか......

ウルカにも堀口にも海にも負けてるのに
扇久保と石渡をさしおいて.....

久しぶりの大きな不可解
Posted by ビッグまさ at 2019年12月04日 17:25
ほとんど予想通りの地味なカードばかりだな。
朝倉海の成長スピードを考えたらケイプ等相手にならないのは想像出来る。
せめてまだ発表されていない那須川天心で派手なカードが欲しいな。
天心VSパッキャオ位のカード組めたら良いのだが。
Posted by fightclub at 2019年12月04日 17:40
mmm....
UFCで名は有名だけど全然実績がないC.B...
また重量級で非UFC団体の選手集めて選手発掘・活性化を図った方がいいな。RIZIN初期の無差別級TやK-1 WGP 2009 in TOKYOみたいな、未知強発掘トーナメント面白いからヘビー&ライトヘビーでまたやって欲しいな。
それなりの選手はイリー以外みんな出て行っちゃったし、ローゼンストライクのRIZIN不発からのUFCで大活躍とか、ローゼンストライクにはよかったけどなんか寂しいよね。
Posted by うまお at 2019年12月04日 18:15
なんか普通のRIZINやな。。
Posted by BOSS at 2019年12月04日 18:18
あれ?期待してたのにこれは・・w
で、31日のメインカードはどれ?
Posted by m at 2019年12月04日 18:24
期待外れだの毎度言う人がいるけど現状のRIZINでどんな対戦カードなら満足なんだ?パッキャオ対天心とかありえねーしやったとしても結果見え見えだろ。
Posted by hnk at 2019年12月04日 18:33
全体的にカード弱い感あります。海vsケイプ、見たくなくはないんだけど、出来ればベラトールから強いの呼んで欲しかった。この際tjでもw
Posted by たた at 2019年12月04日 18:54
とりあえずいまのところはいつものRIZINレギュラー大会見に行く感覚に持っていこう。そう思えば結構気になる試合が多い。
天心や美憂などで世間の目を引く試合を組みたいと榊原さん言ってたみたいだが、何とか目立つ試合を組んでくれたら。

シュメトフ兄弟揃い踏みか。ベラトール、2部だけでも煽りVしてくんないかな。
平本こっち来たのね。
ダラウェイってドーピングひっかかんなかったけ? UFC離れて日本での試合はセーフなのか?
Posted by 回る老犬 at 2019年12月04日 19:04
石井、C.B.ダラウェイは意外でしたね。
あと平本蓮と契約するあたりは、日本人選手集めのツボを押さえてるなと感じました。
来年あたりRIZINキックを面白くしてくれそうな存在。

海vsケイプ。お祭りなので「天心とキックでいいじゃん」ってずっと思っていました。
一部ネットでケイプを推す謎の現象が起きていたので、
恐れていましたが不安的中です。。。
ケイプは2連勝中なのでタイトル戦してもいいと思うのですが
これは大晦日にやる事なのか疑問。
しかも最近のケイプは結構手堅く戦う傾向があるから。。。
これは海はスカ勝ちしないと全然盛り上がらないやつです。
Posted by 000 at 2019年12月04日 19:38
CBダラウェイはこの試合出たら、アメリカで試合できんようになるような気がする。
RIZIN.17に出たロシア人のように。
Posted by Ysk at 2019年12月04日 20:10
平本vs日菜太の69キロ契約でもよかったのではないだろうか
Posted by UNE at 2019年12月04日 20:10
大晦日っぽさは少ないけど、十二分に好カード。とても楽しみ。
ただ、地上波視聴率が不安になる。てっきり天心vs海、美優vsRENAくらいやるかと思ってたが、予想外。
何とか来年につながる結果が出て欲しい。
Posted by らぴど at 2019年12月04日 20:29
平本連のタトゥーやば。こんなことなってたんか。
Posted by こたは at 2019年12月04日 20:30
明日5日も同じ14時から会見らしいって。誰かが帰国してくるのかな?
前も連日あったっけか。今後は年末に向けちょっとづつ発表で行くかな?
Posted by 回る老犬 at 2019年12月04日 20:45
シュメトフ兄弟のコメントが相変わらず 笑
Posted by Hi- at 2019年12月04日 21:06
こんばんは!
明日も、カード発表記者会見有りなんですね⁈
Posted by リー at 2019年12月04日 21:26
窮地を救えるのは朝青龍しかいない。
Posted by KK at 2019年12月04日 21:34
朝倉海の相手いないんだな。
毎度出し惜しみなく好カードを組んできたからの弊害か。
年末年始は海外で過ごすことにした。
Posted by ディカ at 2019年12月04日 21:35
明日も会見あるようですね。
SBでシーザー会長から呼びかけられてた、立ち技チャンピオンを集めた企画の発表ですかね。
RISEから天心、SB選手の参加は決定的として、これに急転直下、武尊が参戦となれば大晦日にふさわしいビッグカードになるけど、ま〜、それは難しいかな〜。
Posted by とみとみ at 2019年12月04日 21:40
RIZINがここで海vs天心なんてカード組むようなアホ団体になってなくてよかった。
一つの流れやストーリーを持っている中心選手には、それなりに見合うマッチメイクをして団体全体のストーリーを作って行くことがJMMAでは大事だし、ここで戦わせたらその流れを無視したただの天心堀口の二番煎じ。
あの時点でRIZIN周辺に相手がいない所まで到達していた堀口だからドリームカードになったしKICKで負けても評価が落ちなかったのであって、まだMMAで戦うべき相手がいくらでもいる海が今寄り道して負ければ堀口よりも評価下がる。海が天心倒せば海の評価は上がるだろうが、天心が独自で持っている流れに釘を刺す。海はケイプ・石渡/扇久保・堀口リマッチ・vs BELLATOR etc、本業で勝ち続ければそれで評価は十分上がり大きな流れは進む。
二人別々でそれぞれの流れを進めさせることがJMMA/J-KICKにとってwin-winだろう。誰かが言ってたお互いにデメリットってのは、そういう部分もあってのことだろ?
軸となる選手において、KICKとMMAの違う競技の交流をさせるのは、タイミングや全体の流れや背景をよく考えないとね。
古屋とか、25年分の格闘技を年代順に見て深めたほうがいいよ。

Posted by うまお at 2019年12月04日 22:08
リングの石井とか見る価値ないな
Posted by あき at 2019年12月04日 23:58
大晦日に打ち上げ花火的なカードを望むファンの期待感が未だに根強いのはちょっと意外です。
例えば誰と誰のどんなカードなんだろう?と思うけど、特に具体案があるわけでもなく。
これだけ真面目でガチのカードを揃えてる状況で、おふざけや色物カード、他流試合などの劇薬を投入したところで良い流れに水を差すだけだと思うんですが。
Posted by NMB at 2019年12月05日 01:12
>うまおサン

全くその通りです。
Posted by kk at 2019年12月05日 01:53
楽しみなカードばかり

ただ大会を締めるようなのがないな〜僕はこれでも全然いいけど

もしメインになる試合をここから組むとすると
天心×武尊くらいか

マークハントこないのかなー
あとバンタム級のだれかとエドゥアルドダンタス戦ってくれないかな

あーそれかあまり良くないけど謹慎中のディラショーきてくれないかな

それとどこからかバンタム級の無敗の強豪発掘するべき
そうすれば来年その選手が掻き回してくれる
Posted by おまけ at 2019年12月05日 08:51
>うまお
うるせえバカ野郎。だがストーリーが日本のMMAにおいて重要だってのは俺も重々理解してるし必要な要素だと思う。それこそがUFCと差別化かつ別の魅力を生み出すと思うからな。選手それぞれのストーリーを描くってのは大事だと思うよ。だがそのストーリーのラインってのはたった1本じゃないはずだ。勝つべき選手が負けて初めて生まれるストーリーもあるし、無くならないと思ってた団体が消滅して生まれた団体のストーリーも歴史もある。MMAがヤラセじゃない限り、そういう運命は誰にも操れないんだよ。俺だってこの選手には負けてほしくなかったな、勝ち進んでこの選手とやってほしかったなって思った時はあるよ。でも必ずしもそうはならない。無意味だと思われた試合から初めて生まれるストーリーラインもある。例えば堀口対朝倉なんて戦う前はほとんどの人間が堀口の圧勝だと思ってた。やる必要なんて感じてなかった。でもそこから朝倉海のこのストーリーが生まれたろ?何がどうなるかなんて結局誰にも分かんないんだよ。だからやる前からいちいちコアファンはこんなの観たくないだと消極的な冷めた意見聞くといいから黙って観ろよって言いたくなるんだよ。
Posted by 古屋 at 2019年12月05日 20:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索