2007年07月07日

ホンマン問題に関するFEGとCSACの見解の相違&アメリカのPRIDEプロモーターがPro Elite副社長に就任

崔洪万、脳腫瘍「全く問題ない」・・・8・5香港GP出場(スポーツ報知 2007年7月4日)
 崔の出場許可をしなかった米カリフォルニア州アスレチックコミッションにはFEGが異議申し立てをしており、再調査の回答を待っている状況だが、香港での試合出場には影響しない。

 となっておりますが、カリフォルニア州アスレチックコミッション(CSAC)の見解はすでに出ていたようです。

PM UPDATE – JULY 5(THE FIGHTNETWORK)
CSAC: NO JURISDICTION OVER CHOI

California State Athletic Commission Executive Officer Armando Garcia says his state agency has no potential recourse regarding recent news that Korean Hong Man Choi will be fighting again in Fight Entertainment Group’s (FEG) K-1 World Grand Prix Aug. 5 at the Asia World-Expo Arena in Hong Kong.

The 7-foot-2, 355-pound Choi was denied a license in the state of California a little more than a month ago for his scheduled main event bout with Brock Lesnar at K-1 “Dynamite!! USA” June 2 in Los Angeles.

The California State Athletic Commission did not release the reason behind its refusal to grant Choi a license, though K-1 representatives told the foreign press the week of the “Dynamite!! USA” show that the denial centered on a tumor found during required medical testing. The same representatives indicated to the press that they did not believe the tumor was dangerous and that Choi could have fought.

“I got instructions from legal that we don’t have jurisdiction over them in Asia,” said Garcia today during a Fight Network Radio interview. “In other words, if they went over there and had a show there and included Mr. Choi, and then decided to come back, they would not be facing disciplinary action just for that.”

Garcia confirmed he had communicated with FEG regarding the matter.

“I would sincerely hope that Mr. Choi and FEG clearly follow the instructions that I sent to them in a letter this week, and I can not comment any more on that,” commented Garcia.

(変訳)
CSAC:チェに対する管轄権はない

 カリフォルニア州アスレチックコミッション相談役アーマンド・ガルシアは、彼の州機関がFEGが8月5日に香港で主催するK-1ワールドグランプリ(会場:アジアワールドエキスポアリーナ)で韓国のチェ・ホンマンが試合をするという最近のニュースに関して彼は戦えるポテンシャルではないと言います。

 7フィート2インチ、355ポンドのチェは、6月2日ロサンゼルスで開催されたK-1 Dynamite!! USAでブロック・レスナーとメインイベントで対戦する予定でしたが、カリフォルニア州が許可を与えませんでした。

 CSACは当初チェにライセンス発行を許可しなかった理由を公表しませんでした。しかし、K-1代表はDynamite!!が開催される週に外国のプレスに対し「メディカルテストで脳に腫瘍が見つかったことから出場が許可されなかった」と言いました。さらにその代表は、腫瘍がチェが戦うことができないほど危険とは思っていないことをプレスに知らせました。

 ガルシアはFight Networkラジオのインタビューで「我々はアジアで彼らに対する管轄権がないから、指示はできません」と言いました。「言い換えると、彼らが香港に行ってショーを開催し、戻って来ても、チェ氏を含めて彼らを懲戒処分に科す可能性はないということです」

 ガルシアは、彼がこの問題に関してFEGと連絡を取り合ったことを確認しました。

「私はチェ氏とFEGが、私が今週書状で彼らに送った指示に従うことを心から願います。そして、私はそれ以上コメントすることができません」と、ガルシアは言いました。

 FEGは「再調査の回答を待っている状況」と言ってたが、嘘をついてるのでしょうか? それとも行き違いなのでしょうか? もしくはこの書状に不満で再調査を要求したのでしょうか? 謎です。

 また、THE FIGHTNETWORKの同じページに以下の記述がありました

Turi Altavilla has resigned from his position with Japan’s Dream Stage Entertainment -- the former promoters of PRIDE Fighting Championships -- and has taken a vice president role with Pro Elite, the parent company to EliteXC seen on Showtime.

Altavilla served as vice president of Marketing and Production with PRIDE the last four-and-a-half years at its Los Angeles office and was employed by King of the Cage for three-and-a-half years prior to that.

On March 27, Lorenzo and Frank Fertitta, owners of the Ultimate Fighting Championship, announced they’d purchased the PRIDE organization for an undisclosed sum. The last DSE-run PRIDE event occurred on April 8 in Japan.

(変訳)
 トゥーリ・アルタヴィラは日本のDream Stage Entertainment ― PRIDE Fighting Championshipsの元プロモーター ― を退職して、Pro Eliteの副社長に就任しました。EliteXCの親会社はShowtimeです。

 アルタヴィラはロサンゼルスに事務所を構え、最近4年半はPRIDEのマーケティングとプロダクションの副社長を務め、その前はKing of the Cageで3年半の間務めていました。

 3月27日に、ロレンツォ&フランク・フェティータ(UFCのオーナー)は、彼らがPRIDEの買収(金額非公表)を発表しました。最後のDSE経営のPRIDEイベントは、日本で4月8日に開催されました。

 これは何を意味するのでしょうか。PRIDE FC WORLDWIDEにアルタヴィラ氏が見切りを付けたのか、フェティータ兄弟に切られたのか、Pro Eliteがアルタヴィラ氏の手腕を評価して引き抜いたのか。謎です。

その他の格闘技関連のニュースはコチラ
 
posted by ジーニアス at 15:02| Comment(0) | TrackBack(1) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

[格闘技][k-1][ブログ]「チェ・ホンマンがアジアで闘ってもOK(懲戒権は無い)」とコミッション側もみとめる。
Excerpt: http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20070701#p1 の続きだが、「谷川さんいわく」ではなく、あちら側のコメントとして裏付けられたのはよかった。これ以上はちょっと望みよ..
Weblog: 見えない道場本舗
Tracked: 2007-07-08 04:57
記事検索