2019年07月19日

マックス・ホロウェイ「ライト級王座はまだ諦めていない」



 7月27日にカナダ・エドモントンで開催する『UFC 240: Holloway vs. Edgar』でフランク・エドガー相手にフェザー級王座防衛戦を行うマックス・ホロウェイが『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』で行われたライト級暫定王座決定戦でダスティン・ポイエーに判定負けした件について以下のコメント。

「それは俺の歴史だ。みんな(メディア)は俺の試合を毎回見ているが振り返ってみて欲しい。俺は毎回違うファイターだし、7月27日もこれまでとは違うファイターになるだろう。4月の時の彼が今俺の目の前に現れたら俺が勝つよ。このスポーツや人生は山あり谷ありの連続だ。より大きな山を登るために谷を降りなきゃいけないこともある」

「155ポンドはそれほど大きな違いはない。たったの10ポンド差だ。その時が来れば再挑戦する。遅かれ早かれそうなるだろうし、どうなるかはいずれ分かる。再挑戦したければ10連勝しろと言われればそうする。俺が仕事を恐れてはいないことはみんなも分かってるだろう」




posted by ジーニアス at 13:34| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だからホロウェイは好かれるんだな。
Posted by ブロリー at 2019年07月20日 13:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索