2019年07月16日

『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』メディカルサスペンション

UFC Sacramento medical suspensions: 5 fighters face possible six-month suspensions(MMAFighting)

 カリフォルニア州アスレチックコミッションが『UFC Fight Night 155: de Randamie vs. Ladd』のメディカルサスペンションを公表。

・マーヴィン・ヴェットリが右手の指、胸骨、右膝の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・セザ-・フェレイラが左足と鼻の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・マイク・ロドリゲスが眼窩底骨折の疑いにより医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・シェイモン・モラエスが左足と鼻の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

・ジョナサン・マルティネスが右肩と左足の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 その他の選手は60日間以内です。



posted by ジーニアス at 08:09| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索