2019年05月12日

T.J.ディラショー「失望させた全ての人たちに謝罪したい」「名誉を挽回するためにも2年後に復帰する」

USADAがT.J.ディラショーに2年間の出場停止処分/禁止薬物の詳細も判明(2019年04月10日)

 こちらの続報。

Ex-UFC champ T.J. Dillashaw admits fault in statement after suspension for failed EPO test(MMAJunkie)

 エリスロポエチン(EPO)の陽性反応が出たことからUSADAから2年間の出場停止処分を受けたT.J.ディラショーがインスタグラムで以下のコメント。

「台無しにしてしまった。厳しい時期を過ごさなきゃいけないが、それを受け入れることに苦労している。自分が批判されたり詮索されたりすることは理解している。だが、本当に残念なのはコーチや家族、チームメイトが悪く思われることだ。彼らは無関係だし、最も申し訳ないと思ってる。俺には1歳3ヶ月の息子がいるし、彼のお手本にならなきゃいけないと思ってる。

 自分のしたことに責任を取らなきゃいけないし、全ての罰を受け入れた。このことで争うことはしなかった。2年間休むことにした。

 2021年1月18日以降に復帰が可能になる。右肩の手術をしたし、2ヶ月後には左肩の手術もする。2年半前からSLAP損傷で苦しんでたし、復帰前にそれらが治れば嬉しいことだ。

 みんなからは消え失せろと言われたが、それが正しい方法だとは思わない。息子にはミスをしたらこうなるということを見せないといけない。2年間洞窟に隠れて髭を生やした方がいいんじゃないかとも思ったが、俺はファイターだ。このことを乗り越えないといけない。

 ファン、家族、コーチ、チームメイト、失望させてしまった全ての人たちに謝罪したい。十分に謝ることはできないが、俺はこれで終わったわけじゃない。俺は復帰するし、より強くなって戻って来る。俺の実績はハードワークにより培われたもので、誤った行為によるものではないことを証明する。それが俺のできることの全てだ。名誉を挽回するためにもやるしかない。俺はもっと強くなるし、そうなる」




posted by ジーニアス at 06:27| Comment(20) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原文読んでないからわかるないけど「EPO使いましたすいません」とははっきり言えないもんなのかな
Posted by 儚 at 2019年05月12日 08:20
息子には、悪いことをしたら、その世界から追放されるってことを教えてあげれば良い。
挽回できる名誉なんか無い。
みんなから言われてる「消え失せろ」をいう言葉を受け入れれば良い。
Posted by General at 2019年05月12日 09:28
あんまり倫理観とかない俺からするとさ、TJは単純に戦い方が見てて一番かっこいいしセンスの塊だと思うから 正直薬使ってようがなんでもいいわ
まあガーブラントは本当にかわいそうというか、ディラショー戦後もまけて3連敗ってもう一体なにが起きた?って感じだけどさw
Posted by ソ at 2019年05月12日 09:42
個人的にTJディラショーってなんか、キャラがドラコ・マルフォイっぽいw
ルックスもどことなくそんな感じ。いや、いいキャラしてると思うわ。
しかし、別団体には出ないで、マジで2年間休むのかね。
Posted by 筋肉 at 2019年05月12日 09:50
2年間はoneに出て、2年後にufcに復帰はダメなの?(個人的にone好きで団体名に意味はないです)
Posted by kkk at 2019年05月12日 10:18
別団体出れないよ。UFCとの契約的に。
Posted by あ at 2019年05月12日 13:23
契約うんぬん以前に、別団体に出られたら検査の意味無いでしょ

それと、選手を追放とかしても、別団体に出られる現状では意味無いよね
今は出場停止の選手は10人以上(2年出場停止は9人)いるみたいだけど、みんな守らせてるよ
Posted by DA at 2019年05月12日 14:21
EPOってニードルでなきゃ体に入れられないんでしょ?
医師の協力無しにできるものなの?
処方者は追及されないのだろうか。
Posted by 鯨木 at 2019年05月12日 14:34
以前、フランク・ミアが検査引っかかって、試合できないから、他団体に出たいからリリースしてほしい!とか言ってた気がしますが、UFCとの契約が切れれば、他団体には出れるってことなのかな?って思ったんですが、実際はどうなんでしょうね?
個人的には、契約関係なく他団体にも一生出れなくしてほしい。
Posted by General at 2019年05月12日 17:16
俺は待ってるよ
きちんとお薬抜いてきて正々堂々戦ってくれればいい
Posted by ガン at 2019年05月12日 20:05
UFCからは契約が切れて薬物での出場停止中に他団体に出たのは、ミルコぐらいですかね?
ミアやアダム・ハンターの時には、契約切れてても警告などの圧力が有ったかもしれませんね
ミアのコメントぶりからも

一生試合に出られなくしろとか、罰になってないとかよく言われますが、
他団体だと、UFCと契約したUSADAのようには各種の高度な検査も、多くの抜き打ち検査も、点滴の規制も、
厳しい罰則も、公表も、所属選手なら試合しなくても検査され管理されるシステムなどが何も無いですからね
UFCだけこれ以上厳しくしろってのは、バランスも取れてないし難しいでしょう

他団体では、6か月じゃ罰になってないどころの話ではないですから
Posted by DA at 2019年05月12日 22:15
ガン←体から残留薬物反応が消えても薬物&トレーニングの効果で超人化した肉体はもう使用前には戻らない。
仮に復帰して快進撃してもそれは努力のみの結果ではなく薬物によってすでに強化済みの肉体でハードトレーニングした結果。
ドーピング事後容認者が増えるのは恐怖でしかない。
Posted by 鯨木 at 2019年05月13日 00:09
DAさん、それ5ちゃんねるにも何度か同じ内容時々書いてるからバレちゃうよ。
Posted by あ at 2019年05月13日 08:47
ディラショーはかっこいいから薬使っても全然良いとか草
他の守ってる選手に失礼すぎる
まあディラショーはこのままフェードアウトしてください。御苦労様でした。
Posted by ダン at 2019年05月13日 15:01
お薬を使ったのを認めるコメントをしてるのはまあいい方だとして、、

出場停止程度だと対戦相手は納得できないんじゃないか?
特にお薬の効果がある期間に負けた選手は。

ガーブランドは何と言う?

俺が対戦相手だったらフェアにしろって言いたい。
相手を反則負けにして白星を黒星に。
こちらの黒星は白星に。
勝利者ファイトマネーは没収してこちらが受け取れるように。
全試合でこれをしないとフェアではない。

お金の回収が非現実的だからできないのだろうか?
出場停止だとお薬期間に負けた選手があまりに不憫だ。
リレーやハンマー投げでも順位がひっくり返ってるじゃないか。
でもMMAではノーコンテストになる。
DQにするべきだ。
Posted by 8778 at 2019年05月13日 15:35
ボクシングだったりMMAの他団体だったりを見てても、UFCがこれ以上罰則を厳しくするのは現状では難しいでしょう

アマスポーツなら、王者が永久追放になったとしても、
次の大会でまた新しい王者は生まれるし、運営はノーダメージだけど

厳しい検査をしてるのはUFCだけなのが現実ですし、
ディラショーやレスナーは永久追放にすべきだって意見は、よく聞くんですが、
ミルコやキング・モーやアリアックバリのレスリング時代は永久追放にすべきだって意見はあまり聞かないんですよね
同じだと思うんですが、なぜなんでしょうか?
Posted by DA at 2019年05月13日 16:46
なぜかってそれはあらゆる面で業界トップが負う責任はとてつもなく大きいからです。UFCのような業界最大手の巨大企業になると何事においてもRIZINのような個人商店のようにはいきません。矢面に立たせれる機会も多いでしょう。しかしそれは仕方ないのです。大手であればあるほどに世間の風当たりも強く厳しくなるのが世の常ですから。
Posted by マイク at 2019年05月13日 23:19
>>ソ
あまり倫理観ないからとか恥ずかしいから自分で言わない方がいいぞ笑
TJは最低ヤローなんだよ それが今回ので決定的になった。
もしUFCに復帰して試合に出るときはTJ Killershaw Dillashaw改めTJ EPO Dillashawってコールしてもらってくれ
Posted by 玉 at 2019年05月14日 02:04
責任だとか言われても、現状ではUFCは今の厳しさが精一杯じゃないですかね?
UFCのUSADAとの契約が、むしろ薬物対策の第一歩だと思います

やったもん勝ちとか言われてますが、他団体ならお薬もより自由に使えてバレる心配も罰則もアレなので、
どう考えても、もっとやったもん勝ちになりますし
Posted by DA at 2019年05月14日 06:39
羨ましさすらおぼえるほどのポジティブさというか厚かましさというか笑
Posted by oz at 2019年05月14日 17:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索