2019年03月06日

ミルコ・クロコップ、新日本プロレスでMMAマッチをする交渉をしたものの決裂していた!?





 新日本プロレスは2003年5月2日に『ULTIMATE CRUSH』という大会を開催したこともありますし(ジョシュ・バーネットやリョート・マチダも出場しています)、長州力 vs. ヒクソン・グレイシーの交渉をしたこともありますし、PRIDEやK-1に出場した選手もいましたし、説得力はありますね。総合路線で痛い目に遭ったので今では考えられないでしょうけど。



posted by ジーニアス at 14:41| Comment(13) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新日本 で MMAを やるなら
棚橋って さすが ミルコだわセンス goo
Posted by あんべ at 2019年03月06日 15:01
素地が学生プロレスの棚橋には無茶ぶりですね
Posted by パコちゃん at 2019年03月06日 16:08
当時のK-1ならびに、ミルコとしても、格闘技にアジャストされてない棚橋のほうが、ネームバリューもあるうえ、勝ちやすいって計算だったのでしょう。
Posted by 裸 at 2019年03月06日 16:34
そのむかし棚橋も猪木祭りで挨拶したりして総合やんのか?って時が一瞬あった
Posted by へけ at 2019年03月06日 19:44
昔、イグナショフとMMAルールで試合して勝ったり負けたりしてたもんね中邑
ミルコがMMAに転向したのもこの時期だっけ?
Posted by k8 at 2019年03月06日 21:42
>棚橋のほうが、ネームバリューもあるうえ、勝ちやすいって計算だったのでしょう

ネームバリューの事情だけで、勝ちやすいってのは誰が相手でも楽勝だから関係ないだろ(笑)
Posted by は at 2019年03月06日 22:14
観たいかも。
Posted by JN at 2019年03月06日 22:43
棚橋の練習動画をみたがグラップリングやタックルの打ち込みみたいなこともやってるんだな。もちろん格闘家に通用するようなものではないと思うが‥
そういうのとは無縁の人だと思ってたから意外だったよ
Posted by さん at 2019年03月06日 22:50
たしか、棚橋は武士道に参戦することが内定していたけど怪我等で代わりに誰かが出ることになった、という記憶がある。記憶違いかもしれない。
Posted by たかし at 2019年03月07日 00:35
中邑はそこらへんのmmaファイターとは次元が違うくらい人気あるしね
Posted by ふぅー at 2019年03月07日 08:53
これ、言い換えればミルコは中邑真輔をナメてなかったってことやんね?
まあ、そう言ったら棚橋には申し訳ないけども(苦笑)
Posted by キンキン at 2019年03月07日 12:12
まあこれ中邑的にも実現しなくて良かったよね。
永田さんはミルコとヒョードルという、当時世界の強さトップ3の人たちに瞬殺されただけでいまだにコケにされてんだもん。
Posted by GDP at 2019年03月08日 08:52
永田さんがヒョードルに瞬殺?何を言ってるんですか?あればリング上に上がった猫をかばってて、止められたって証明されてますよペイ
Posted by 静夫 at 2019年03月09日 08:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索