2019年03月06日

5.11『UFC 237』でジョゼ・アルドとアレックス・ヴォルカノフスキーが対戦



 UFCが5月11日にリオデジャネイロで開催する『UFC 237』でジョゼ・アルド vs. アレックス・ヴォルカノフスキーのフェザー級マッチが行われることをESPNが確認したとのこと。

 アルドは『UFC Fight Night 144: Assuncao vs. Moraes 2』でヘナート・モイカノに2R TKO勝ちして以来の試合。ヴォルカノフスキーは『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』でチャド・メンデスに2R TKO勝ちして以来の試合。

 ヴォルカノフスキーはMMA戦績19勝1敗(UFC戦績6勝0敗)にして「チャド・メンデスを引退させた男」。年内引退を表明しているアルドにとっては非常にタフな相手と言えます。

posted by ジーニアス at 04:53| Comment(5) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
引退間際、相手選んでも良さそうなのに…アルドカッコいいな。
Posted by こたつ at 2019年03月06日 08:37
ヴォルカノが勝てば次戦は王座戦でいいでしょうが、アルドが勝てばもう王座戦はいらない気もするしどうなるんだろ。ホロウェイがライトに参戦するとまた停滞するだろうし。
Posted by mk at 2019年03月06日 10:21
フェザーの番人
Posted by yy at 2019年03月06日 12:35
チャドメンデスを引退させた男と対決とは引退まじかなのに関係ないね
Posted by metal at 2019年03月06日 22:11
アルドはヴォルガノフスキーみたいな相手めちゃくちゃ得意だと思う
Posted by タロン at 2019年03月08日 18:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索