2019年01月11日

『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』ジョン・ジョーンズの薬物検査の結果は陰性だった



 12月29日にイングルウッドで開催された『UFC 232: Jones vs. Gustafsson 2』でアレクサンダー・グスタフソンに3R TKO勝ちしライトヘビー級新チャンピオンになったジョン・ジョーンズですが、試合後の薬物検査の結果は全て陰性だったとのこと。



posted by ジーニアス at 12:34| Comment(9) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それが本来当たり前なのです。基本的にね・・・
Posted by シンイチ at 2019年01月11日 13:02
これが記事になるのがすごいw
Posted by くれいじー at 2019年01月11日 14:27
やる必要無いでしょ。充分強いんだから。
Posted by あさ at 2019年01月11日 14:32
あれがノーマルジョーンズか。
まぁ確かに、ステって感じの動きではなかったね。
Posted by 筋肉 at 2019年01月11日 15:07
当たり前のことがニュースになってる笑

まあ、よかったよね
Posted by かずん at 2019年01月11日 15:46
ドーピングしてたから強くなれた
ナチュラルでもない
ファンはいい加減に学びなよ
Posted by TV at 2019年01月11日 17:11
てか試合後の検査で陰性だったからやってないとかあれがナチュラルの強さって事ではないよ
むしろ試合前に見つかってるんだからやってたのは間違いない
ただ試合後の検査では上手くマスキングできてて良かったねというだけの話
Posted by ワイン at 2019年01月11日 18:23
というか新しい検査方法で17ヶ月前の使用を検出できるようになったんならなんで試合のあとに陰性になるのよ
Posted by Act at 2019年01月11日 23:39
ジョーンズはコーミエ意外にはナチュラルでも余裕で勝てるよ

コーミエ戦では必ず使ってくる
Posted by ヒモ at 2019年01月12日 11:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索