2018年12月16日

1.19『UFC Fight Night 143』でジョセフ・ベナビデスとダスティン・オーティズが4年2ヶ月ぶりに再戦

『UFC 233』で予定されていたジョセフ・ベナビデス vs. デイヴィソン・フィゲイレドは消滅、ベナビデスはセフード vs. ディラショーのバックアップに回る(2018年12月14日)

 こちらの続報。



 UFCが1月19日にニューヨーク州ブルックリンで開催する『UFC Fight Night 143: Cejudo vs. Dillashaw』でジョセフ・ベナビデス vs. ダスティン・オーティズのフライ級マッチが行われることをNewsdayが確認したとのこと。

 ベナビデスは『TUF 28 Finale』でアレックス・ペレスに1R TKO勝ちして以来、オーティズは『UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2』でマテウス・ニコロウに1R KO勝ちして以来の試合。両者は2014年11月の『UFC Fight Night 57: Edgar vs. Swanson』で対戦しており、この時はベナビデスが判定勝ちしています。

 ベナビデスは『UFC 233』でデイヴィソン・フィゲイレドと対戦予定だったものの大会中止、その後『UFC Fight Night 143』に変更という噂があったもののベナビデスは否定しヘンリー・セフード vs. T.J.ディラショーのフライ級タイトルマッチのバックアップに回るとコメントしていました。なぜフィゲイレドではなくオーティズになったのかは不明です。



posted by ジーニアス at 05:52| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索