2018年12月07日

『TUF 28 Finale』&『UFC Fight Night 142』の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『TUF 28 Finale』&『UFC Fight Night 142: dos Santos vs. Tuivasa』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

・フライ級はウィルソン・ヘイスが1ランクアップし7位。アレックス・ペレスはジョセフ・ベナビデスに敗れたものの2ランクアップし10位。サイド・ヌルマゴメドフが13位、エリック・シェルトンが15位にランクインしています。

・バンタム級は14位にいたブライアン・キャラウェイがランク外に落ちハニ・ヤヒーラがランク外から15位にランクインしています。

・ウェルター級はカマル・ウスマンが3ランクアップし2位。ウスマンに敗れたハファエル・ドス・アンジョスが2ランクダウンし5位。

・ライトヘビー級はマウリシオ・ショーグンが1ランクアップし12位。15位にいたジャスティン・ウィリスがヘビー級に転向したことを受けてパトリック・カミンズがランク外から15位にランクイン。

・ヘビー級はジャスティン・ウィリスは6ランクアップし9位。10位にいたマーク・ハントは契約終了によりランキングから外れ、ランク外にいたブラゴイ・イワノフが15位にランクインしています。



posted by ジーニアス at 21:13| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10年以上前にHERO'Sで戦っていたヤヒーラが、いまだ現役でなおかつUFCのランキングに入ってるって地味にすごいし、もっと評価されていいと思う。
Posted by y at 2018年12月07日 21:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索