2018年10月25日

『UFC 229』ハビブ・ヌルマゴメドフとコナー・マクレガーの処分決定は12月以降に持ち越し

『UFC 229』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガー試合後の乱闘シーン(動画)(2018年10月07日)

ネバダ州アスレチックコミッション幹部「『UFC 229』乱闘事件は包括的な調査が必要だ」(2018年10月09日)

 こちらの続報。



 ネバダ州アスレチックコミッションが10月24日に会議を開き、『UFC 229: Khabib vs. McGregor』ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. コナー・マクレガーの試合後に起きた乱闘事件の処分についての話し合いが行われ、現在事件の調査中であることから、それまで処分を延期することを可決したとのこと。また、ヌルマゴメドフのファイトマネー200万ドルの支払いが保留されていましたが、とりあえず半額の100万ドルは支払われ、処分確定後に残りの金額が支払われるようです。ヌルマゴメドフのPPVボーナスは500~600万ドルと見られていることから多額の罰金が発生する可能性があるそうです。

 また、マクレガーもヌルマゴメドフのチームメイトに手を出していたことからマクレガーのファイトマネーも保留する方針とのこと。

 次回の会議は12月10日に開かれるそうです。




posted by ジーニアス at 04:29| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マクレガーのファイトマネーも没収とはフェアでいいねw、ファンも納得するわ
Posted by metal at 2018年10月25日 11:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索