2018年10月21日

ネイト・ディアスとダスティン・ポイエーが改めて対戦することを約束

ネイト・ディアスが『UFC 230』ダスティン・ポイエー負傷欠場を皮肉る→言い返される(2018年10月17日)

ダスティン・ポイエー「手術の必要はなかった。3週間後には練習に復帰できる」(2018年10月19日)

デイナ・ホワイトがネイト・ディアス vs. ダスティン・ポイエーを組み直す可能性についてコメント(2018年10月20日)

 こちらの続報。

EXCLUSIVE | Jorge Masvidal on short-notice Nate Diaz fight: ‘It would’ve been two fighting dogs just throwing down’(BJPenn.com)

 『UFC 230: Cormier vs. Lewis』を負傷欠場したダスティン・ポイエーの代わりにホルヘ・マスヴィダルがネイト・ディアスの対戦相手に名乗りを上げました。



 その後ポイエーがツイッターで「手術の必要はなかった。3週間後には練習に復帰できる」と書いたことを受けてネイト・ディアスがツイッターで「コイツはケガもしてないで欠場するとは不可解だし、ウザい選手じゃないのか? 責任取るならツアーに戻ってやるよ…ホルヘ・マスヴィダルには敬意を払う」とコメント。





 それに対してダスティン・ポイエーは「俺のケガが回復したらやろうぜ」と返答しています。

posted by ジーニアス at 22:49| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケガをしたのに
ケガもしてないでとわけのわからない因縁をつけるネイト
とにかくやってくれよ
Posted by ビッグまさ at 2018年10月22日 08:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索