2018年09月20日

来月出場停止処分が明けるジョン・ジョーンズが声明を発表

USADAがジョン・ジョーンズの処分をようやく決定、11.3『UFC 230』で復帰か(2018年09月20日)

 こちらの続報。



 USADAがジョン・ジョーンズに1年3ヶ月の出場停止処分を科すことを決定、サンプルが採取されたのは2017年7月28日なので10月28日から復帰可能になる件についてジョン・ジョーンズがインスタグラムで以下のコメント。

「今この瞬間を何と表現すべきか難しいところだが、俺の心の中は感謝の気持ちでいっぱいなのは断言できる。人生で最も厳しい時期に応援してくれた全ての人たちに感謝したい。それは俺にとって世界を意味しているしこれからもそうだ。今は前を向きド真ん中を走ることに集中するようシフトする時だ。俺は最高を追求しているし、王座奪回への道は正式に開かれた。カムバックシーズンの幕開けだ」

posted by ジーニアス at 21:07| Comment(4) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レスナーとステロイドマッチしてろよ。そうすれば誰も傷つかないし、UFCも興行的に問題ないしみんなハッピーだ。
Posted by FAT at 2018年09月20日 22:18
感謝じゃなくて反省だろ、クソドーパー
Posted by う at 2018年09月20日 23:08
今までドーピング発覚した奴らまとめてモンスター・トーナメントでもやればいい。無差別級で。ジューサーはジューサー同士だけでやってて欲しい。
Posted by アンセム at 2018年09月21日 11:02
レスナーとジョーンズは特にダナ・ホワイトのお気に入りのようだね
Posted by あいうえこ at 2018年09月22日 09:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索