2018年09月13日

ニコ・モンターニョ「UFCは女子フライ級王座剥奪までする必要は無かったと思う」

ヴァレンティーナ・シェフチェンコ「ニコ・モンターニョの欠場には驚いていない」「彼女は最初から逃げる気だった」(2018年09月08日)

 こちらの続報。



 UFC女子フライ級王座を剥奪されたニコ・モンターニョがインスタグラムでコメント。しかし現在は削除されています。

 MMAJunkieの記事によると「タイトル剥奪は不要だった。何の罰も受けなかったファイターは大勢いる」「汗が止まってしまい腎機能が停止した。医師からはあと30分遅かったら心臓にも問題が出ていたと言われた」「私は10月に試合をしたかったが9月にやることを強要された」「ヴァレンティーナ・シェフチェンコは私と対戦するために3回も準備したと言ってるけど完全に間違っている」「彼女は私に執着していて努力や実績を無視して軽蔑と嫉妬をしている」と書いていたそうです。また、ベルトを奪回するために戻ってくるとも宣言しています。

posted by ジーニアス at 04:59| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索