RIZIN2018_0729_01.jpg

2018年05月10日

ジョシュ・バーネットが大砂嵐育成計画についてコメント

元幕内・大砂嵐が9.30『RIZIN.13』でMMAデビュー戦(2018年05月02日)

 こちらの続報。

【RIZIN】バーネットが明かす大砂嵐 最強育成計画(東スポWeb)
 現在、デビュー戦に向けて米国でMMAの猛特訓に入っているが、コーチ役に就任したのがバーネットだ。4月にテレビ番組に出演した後、大砂嵐が直訴して弟子入りが実現。番組の企画とはいえ実際に相撲をとって肌を合わせたことで「強さはよく分かった。テクニックはもちろんだけど、フィジカルの強さが素晴らしい。世界最強を目指す素質はあるよ」と力説した。

 2日には愛弟子のアリーシャ・ガルシア(24=米国)が出場した「RIZIN.10」でセコンドを務めるために来日。1日に渡米した大砂嵐とは太平洋上ですれ違った格好だが「明確な育成プランがある」と断言するや、こう続けた。

「彼と一緒に全く新しい格闘スタイルをつくり上げるつもりだ。キャッチレスリングと相撲をミックスした『スモー・キャッチ・レスリング』とでも言うべきかな。組んでからの力はずばぬけたものがある。ならば、その体勢をいかにしてつくるかが重要。ジャブを打ちながら相手を捕獲したり、ガードしながら相手を引きつけて捕獲する技術もある。彼の持つ技術をいったんは分解して、MMAに合わせて再構築していくことになるだろうね」

 かなり難解だが、理論家のバーネットらしく話の筋道はきちんと立っている。元UFC世界ヘビー級王者にして、数多くの選手を成功へと導いた名コーチだけに説得力は十分。これまで大相撲出身選手がMMAで成功を収める例は少なかったが「彼らは年を取って引退した後に戦った。でも大砂嵐は若いし、自分から弟子入りを志願するほどの情熱もあるんだから、過去の選手とは違う」と不安を一蹴した。

 オールスター後夜祭の『ガチ相撲2018』がきっかけだったとは思いましたが、弟子入りを直訴していたんですね。

【RIZIN】村田夏南子快勝も左目眼窩底骨折の大ケガ(東スポWeb)

 かなり腫らしてましたが、やはりそうでしたか…。

人材育成ハンドブック――いま知っておくべき100のテーマ
人材育成ハンドブック――いま知っておくべき100のテーマ

posted by ジーニアス at 00:14 | Comment(7) | RIZIN | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
村田夏南子本人は「眼窩底骨折かと思ってたけど検査の結果大丈夫でした」的なツイートしてるけどどっちなんでしょうね?
Posted by ケムオカ at 2018年05月10日 04:03
若いといっても相撲自体が落ち目だったし、ケガもあったようだから厳しいだろう。不良外国人に大金払うくらいなら真面目にやってる日本人を活躍させて欲しいよ。
Posted by bright at 2018年05月10日 07:04
ようやくビッグネームが入ってくれたよな
新たな選手も参戦してくるだろうし
転向してくるといいですね
Posted by ビッグまさ at 2018年05月10日 12:49
ところで現在の世界最強って誰なんだろう
Posted by ま at 2018年05月10日 17:57
大砂嵐の起用は総合格闘技のイメージを更に悪化させないか心配していたのですが…
スモーキャッチレスリング!?なんとロマン溢れる響き
さすがジョシュさん、非常に楽しみです
Posted by そういち at 2018年05月11日 12:55
>若いといっても相撲自体が落ち目だったし、ケガもあったようだから厳しいだろう。不良外国人に大金払うくらいなら真面目にやってる日本人を活躍させて欲しいよ。


だれもやりたがらないからなあ
Posted by ビッグまさ at 2018年05月11日 14:16
>不良外国人に大金払うくらいなら真面目にやってる日本人を活躍させて欲しいよ。

ちゃんとした日本人ファイターも出してるのに、わけわからん
相撲が落ち目だのまで言い出して、文句言いたいだけやん
Posted by あ at 2018年05月12日 00:11
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索