2018年02月04日

『UFC Fight Night 125: Machida vs. Anders』速報



UFC Fight Night 125 ‘Machida vs. Anders’ Play-by-Play, Results & Round-by-Round Scoring(Sherdog)

UFC Fight Night 125 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼フライ級/5分3R
デイヴィソン・フィゲイレド vs. ジョセフ・モラレス


 1ラウンド。フィゲイレドソバットもモラレス交わしてクリンチ、しかしフィゲイレドが金網に押し込みテイクダウン、モラレスバタフライガードからクローズドガード。フィゲイレド立ってパウンド狙うもモラレス蹴り上げ。フィゲイレド飛び込んで鉄槌。再び立ってパスを狙う。飛び込んで肘打ち、モラレスクローズドガード。ブレイク、スタンドで再開。フィゲイレド左ストレート! モラレスダウン! フィゲイレド首を抱えてギロチンに行くも外れる。鉄槌連打もここでラウンド終了。

 2ラウンド。フィゲイレドジャブ。飛び込んで右ストレート。ジャブ。モラレス右ミドル。フィゲイレドテイクダウン、バタフライからクローズドガード。フィゲイレド肘打ち。深追いせず立たせる。フィゲイレド左ミドル。モラレス右フック。右ロー。フィゲイレド前蹴り。モラレス右ロー。フィゲイレドクリンチ、離れる。フィゲイレド左フック! モラレスダウン! フィゲイレドパウンド! レフェリー止めた!

 2ラウンド4分34秒、デイヴィソン・フィゲレイドTKO勝ち。


▼バンタム級/5分3R
ユーリ・アルカンタラ vs. ジョー・ソト


 1ラウンド。アルカンタラはサウスポー。ローが交錯。アルカンタラ左ロー。ワンツー。ソトタックルも交わされる。アルカンタラ左ミドル、左フック、肘打ち! 左右連打! ソトダウン! アルカンタラパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド1分06秒、ユーリ・アルカンタラTKO勝ち。


▼女子ストロー級/5分3R
マイア・スティーブンソン vs. ポリアナ・ヴィアナ


 1ラウンド。いきなり激しい打ち合い。スティーブンソンクリンチもヴィアナがテイクダウン、しかしスティーブンソンすぐ立ち金網に押し込む。テイクダウン、しかしヴィアナ下から手首を取りアームバー狙い。スティーブンソン必死にロックも腕が伸びた! しかしスティーブンソン外して金網に押し込む。ヴィアナ入れ替えて膝蹴りからテイクダウン。ヴィアナハーフガードから鉄槌。パスしてマウント、スティーブンソン反転しバックマウント、ヴィアナすかさずチョーク! スティーブンソンタップ!

 1ラウンド3分50秒、リアネイキッドチョークでポリアナ・ヴィアナ勝利。


▼ライト級/5分3R
アラン・パトリック vs. ダミア・ハゾヴィッチ


 1ラウンド。パトリックはサウスポー。左ミドル。ミドルが交錯、パトリックバランス崩す、ハゾヴィッチ跳び膝に行くもパトリックキャッチしテイクダウン。ハゾヴィッチ立つ、パトリックなおも金網に押し込み膝蹴り。ハゾヴィッチ入れ替えるもパトリックテイクダウンからバックを取る。ハゾヴィッチ立つ、パトリックなおも金網に押し込む。ハゾヴィッチ入れ替える。膝蹴り。離れる。パトリック左ストレートからテイクダウンもハゾヴィッチ下からアームバー狙い。パトリック外すと肘打ち連打。ハゾヴィッチ金網際に移動。ハゾヴィッチ立つ、膝蹴りに行くもバランス崩す、ハゾヴィッチ再度立つ、金網に押し込む。パトリック入れ替えてテイクダウンからパウンド連打! しかしここでラウンド終了。

 2ラウンド。パトリック前蹴りからクリンチ、離れる。バックスピンキックは不発もそこからテイクダウン、クローズドガード。パトリックパスしてバックを取りチョーク狙い。しかし入りが浅く極まらずパウンド連打。再度チョーク狙いもまた極まらず。パトリックボディトライアングルから側頭部にパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。パトリックワンツーからテンカオ。左ストレート。ハゾヴィッチ右ミドル。パトリックテイクダウン、クローズドガード。ハゾヴィッチ下から三角狙いも外れる。パトリックパスを狙うもハゾヴィッチ立つ、パトリックなおも金網に押し込む。再度テイクダウンからバックを取る。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-25、30-27、30-27)でアラン・パトリック勝利。


▼ウェルター級/5分3R
セルジオ・モラエス vs. ティム・ミーンズ


 1ラウンド。ミーンズはサウスポー。ジャブ、ワンツー。モラエスワンツー。ミーンズ左ボディからテイクダウン、バタフライガード。ミーンズパスしてハーフ。モラエス脱出、スタンドに戻る。モラエスワンツー。ミーンズ左ミドル、ワンツー。モラエス右ミドルもミーンズキャッチし放り投げる。猪木アリ状態。レフェリー立たせる。モラエスワンツー、なおも連打。右ストレート。ジャブ。ワンツー。前蹴り。ミーンズ前蹴り、ワンツー、クリンチ、離れる。ミーンズ右ロー、モラエスワンツー、なおもワンツー。前蹴り。タックルも交わされる。ミーンズ前蹴り。モラエス右ハイ。ワンツー。ミーンズ跳び膝。右ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。パンチが交錯。モラエス右ハイ。ミーンズ右ロー連打。モラエスワンツー。ミーンズワンツー、右ロー、前蹴り。関節蹴り、ワンツー。モラエスワンツー。ミーンズ膝蹴り。左フック。ジャブ。左フック。ジャブ、前蹴り。モラエスワンツー。右ボディ。ワンツー。ミーンズ左フック。モラエスワンツー。ミーンズ左ハイ。モラエスワンツー。ミーンズジャブ連打。ワンツー。ジャブ。ワンツー。モラエス右フック、ワンツー、ワンツースリー。ミーンズワンツー、左ボディ。ジャブ。モラエスワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ミーンズジャブ。ワンツー。ジャブ、ワンツー。モラエス右ミドル、ワンツー。ミーンズワンツー、なおもワンツー、ワンツー、左ハイ。モラエスワンツー、なおもワンツー。右ミドル、ワンツー。激しい打ち合いが続く! モラエス右ハイ。パンチが交錯。ミーンズ膝蹴り。なおも打ち合いが続く。モラエスバランス崩し猪木アリ状態。ミーンズ飛び込んで肘打ちも深追いせず立たせる。モラエス左右連打! 試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でセルジオ・モラエス勝利。


▼ミドル級/5分3R
チアゴ・サントス vs. アンソニー・スミス


 1ラウンド。サントス左右ロー。跳び膝もバランス崩す、スミスワンツー。サントス左ロー連打。ソバット、跳び膝もスミスカウンターのテイクダウン、マウントを取る。肘打ち。しかしサントススイープから肘打ち。スミスクローズドガードから三角狙いも不発。サントス脇腹にパウンド。スミス金網を背にする。脱出しスタンド、ワンツー、膝蹴りもサントスカウンターの右フック! スミスダウンも組み付いてごまかす。サントスがぶって膝蹴り。スミスなおも下から組み付く。ここでラウンド終了。

 2ラウンド。サントス前蹴り、左ミドル、前蹴り、左ミドル。左ミドル! スミスダウン! サントス鉄槌連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分03秒、チアゴ・サントスTKO勝ち。


▼バンタム級/5分3R
ドゥグラス・シウバ・デ・アンドラジ vs. マルロン・ヴェラ


 1ラウンド。アンドラジいきなりワンツー、右ロー。ヴェラ関節蹴り。アンドラジワンツー。関節蹴り。パンチが交錯。ヴェラ左ハイ。アンドラジ右ミドル。ヴェラジャブ、関節蹴り。アンドラジ右ストレート。左ロー。ヴェラ右ロー、アンドラジワンツー。ワンツー、右ミドルもヴェラキャッチ金網に押し込む。離れる。ヴェラ右ロー。アンドラジワンツー。ヴェラ左ミドル、アンドラジワンツー。左ロー、ジャブ。右ストレート。ヴェラ左ハイ、前蹴り。互いに左ロー。アンドラジ前蹴り、ワンツースリー。ワンツー。ヴェラワンツー、膝蹴り。左ハイ。右ロー。ローが交錯。ヴェラワンツー。左ローもアンドラジタックルからバックを取る。テイクダウンもここでラウンド終了。

 2ラウンド。ヴェラ関節蹴り、ワンツー。左ハイ。アンドラジ右ミドル。ワンツー。右ロー。パンチが交錯。アンドラジ左フック。ヴェラ右目上から出血。アンドラジソバット、ワンツー。左フック。ヴェラ左ミドル。アンドラジ右フック。ヴェラ右ロー。アンドラジ右ハイ。左右フック。ワンツー。ヴェラ左フック、左ハイ。アンドラジバックハンドブロー、右フック、ワンツー。バックスピンキック、左フック。ワンツー。ワンツー、膝蹴り連打、右フック。ヴェラ右ハイ。アンドラジワンツーからクリンチ、バックを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。アンドラジワンツー。ヴェラ膝蹴り、ワンツー、膝蹴り、左フック。前蹴り。アンドラジ右フック、右ストレート。関節蹴り。ヴェラジャブ。アンドラジ右フック。左ロー。ワンツー。ワンツー。左フック、右ストレート。ヴェラ左ミドル。ジャブが交錯。ヴェラ右ロー。アンドラジワンツー。右フック。左アッパー、右ストレート。前蹴り。ヴェラ左フック。パンチが交錯。ヴェラ右ハイ、関節蹴り。アンドラジ前蹴り。ヴェラ左ミドル、ワンツー。左ミドル。アンドラジ右フック。ワンツー。右フック、膝蹴り。ワンツー、バックハンドブロー。ヴェラ跳び膝。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でドゥグラス・シウバ・デ・アンドラジ勝利。


▼ヘビー級/5分3R
ティモシー・ジョンソン vs. マルセロ・ゴルム


 1ラウンド。ジョンソンはサウスポー。左ストレート。ワンツー。ゴルム右ロー連打。ジョンソンワンツー。クリンチ、ゴルム膝蹴り、ジョンソン右ボディブロー。膝蹴り。右アッパー、右フック、離れる。ゴルム前蹴り。ジャブ。ジョンソンワンツー。パンチが交錯、クリンチ、ジョンソンクリンチアッパー。膝蹴り、金網に押し込む。ジョンソン右目上から出血。ゴルム入れ替える、離れる。ゴルム右ミドル。右ロー。ジョンソンクリンチ、互いに膝蹴り。ジョンソン金網に押し込む。クリンチアッパー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジョンソンワンツー。ゴルム右ハイ、激しい打ち合い! ジョンソンクリンチ、金網に押し込む。ゴルム入れ替える。離れる。ゴルム前蹴り。右ミドル。ジョンソンクリンチ、金網に押し込む。ゴルム入れ替える。離れる。パンチが交錯。ジョンソンクリンチ、金網に押し込む。脇腹にパンチ、膝蹴り。ゴルムも膝蹴り。ゴルム入れ替える。離れる。パンチが交錯、クリンチ、ジョンソンが金網に押し込む。ジョンソン離れ際にスピニングエルボー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジョンソンワンツー。ゴルム右ロー。ジョンソンワンツーからクリンチ、離れる。ジョンソンワンツー。ゴルム前蹴り。ジョンソン右ボディ、左右フックからタックル、金網に押し込む。ブレイク。ジョンソン左右フック、ゴルム膝蹴り。ジョンソンワンツーからタックル、金網に押し込む。膝蹴り。クリンチアッパー。膝蹴り。ゴルム膝蹴り、離れる。ゴルム右フック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でティモシー・ジョンソン勝利。


▼161ポンド契約/5分3R
ミシェウ・プラゼレス vs. デスモンド・グリーン


 1ラウンド。グリーンはサウスポー。プラゼレス右ミドル、右ハイ。グリーンジャブ。プラゼレス右ハイ。右ロー。グリーン右ロー。プラゼレステイクダウンもグリーンすぐ立つ、クリンチからグリーンが逆にテイクダウン、プラゼレス立つ、グリーンなおもバックを取り金網に押し込む。膝蹴りからテイクダウンもプラゼレスすぐ立ち逆に金網に押し込む。グリーン入れ替える。膝蹴り、離れる。プラゼレス右ミドル。右ミドル、左ロー。グリーン左ストレート。プラゼレスワンツーからテイクダウン、うつ伏せになったグリーンの側頭部にパウンドを入れるもレフェリーに後頭部を殴ったと指摘されスタンドから再開。グリーンジャブ。プラゼレスクリンチ、グリーン膝蹴りからテイクダウン、プラゼレスすぐ立つ、グリーンなおも金網に押し込み再度テイクダウンからサイドを取る。ラウンド終了。

 2ラウンド。グリーンジャブ。プラゼレス左フック。グリーンワンツー。プラゼレス左ロー。右フック。グリーンテイクダウン、クローズドガード。プラゼレス腹を蹴って脱出、スタンドに戻る。グリーン片足タックル、金網に押し込む。しかしプラゼレスがテイクダウン、パスを狙うもグリーン脱出、スタンドに戻る。プラゼレスクリンチ、首を抱えてテイクダウン、サイドを取る。プラゼレスダースチョークに行くも外れる。ラウンド終了。

 3ラウンド。プラゼレス右ロー。パンチが交錯。プラゼレス左フック。プラゼレスタックルも切られる。プラゼレス右ミドル。ワンツー。右ロー。右ミドル。右フック。右ミドル。右フック、左ロー。グリーンワンツー。プラゼレス右フック。右ローからテイクダウン、パス狙うもグリーン足に組み付く。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でミシェウ・プラゼレス勝利。


▼女子フライ級/5分3R
ヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs. プリシラ・カショエイラ


 1ラウンド。シェフチェンコはサウスポー。ジャブ。ワンツー。ワンツー、カショエイラぐらつく! シェフチェンコなおも連打からテイクダウン、クローズドガード。シェフチェンコパウンド、肘打ち連打! カショエイラ顔面からおびただしい出血! シェフチェンコなおも肘打ち、パウンド、肘打ち、パウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。シェフチェンコワンツーからテイクダウン、パスしてサイド。マット・ヒューズ・ポジションからパウンド連打! しかしカショエイラ粘る、シェフチェンコV1アームロック狙いに切り替えるも外れる。シェフチェンコ再度マット・ヒューズ・ポジションからパウンド! シェフチェンコ今度はマウントからパウンド連打! カショエイラ思わず反転、シェフチェンコバックマウントからパウンド連打! さらにチョーク! カショエイラタップ!

 2ラウンド4分25秒、リアネイキッドチョークでヴァレンティーナ・シェフチェンコ勝利。


▼ミドル級/5分5R
リョート・マチダ vs. エリク・アンダース


 1ラウンド。アンダースはサウスポー。マチダはスイッチスタンス。マチダ左ロー。前蹴り。右ロー連打。左ロー、アンダースバランス崩しダウン、マチダ上になる。パウンド。マチダ立って猪木アリ状態。マチダ左ロー連打。右ロー。飛び込んでパウンドに行くもアンダース脱出、スタンドに戻る。アンダース左ストレート。マチダ左ロー。左ハイ。右ロー。アンダース左ハイ。マチダ左ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。マチダ左ロー。アンダースカウンターの左ストレートからクリンチ、金網に押し込む。マチダ膝蹴り、離れる。アンダースプレッシャー掛ける。マチダはサークリングから左ロー。アンダースジャブ。マチダ左フック。テンカオ。右ロー。右ロー。アンダース左フック。マチダ左ロー。アンダースワンツーからクリンチもマチダ離れる。ラウンド終了。

 3ラウンド。アンダースプレッシャー掛ける。マチダ左ロー。左フック。右ミドルもアンダースカウンターのテイクダウン、マチダすぐ立つもアンダース額に膝蹴り、マチダ額から出血。マチダ左ロー。右ロー。ワンツー。前蹴り、ワンツー。アンダース膝蹴り。マチダ左ロー。アンダース左ストレートからタックル、金網に押し込む。離れる。ラウンド終了。

 4ラウンド。マチダワンツー。右ミドル、膝蹴り。ワンツー、クリンチ、離れる。マチダ右ミドル。アンダースワンツー。マチダ右ミドル。ワンツー。アンダースワンツー、マチダ下がる時にバランス崩しダウン、すぐ立つ、アンダース金網に押し込む。離れる。マチダ左ミドル、アンダースキャッチし金網に押し込む。テイクダウン、マチダすぐ立つ、アンダースなおも金網に押し込む。離れる。ラウンド終了。

 5ラウンド。アンダースプレッシャー掛ける。マチダ右ミドル。左ロー連打。右ハイ。右ロー、ジャブ。右ミドル、アンダース左フック。マチダ右ロー。アンダースタックル、金網に押し込む。互いに膝蹴り、離れる。マチダ左フック。右ロー。カウンターのテンカオ。右ミドル。テンカオ。ソバットもアンダースカウンターのテイクダウン、マチダすぐ脱出、スタンド。アンダース左フック。試合終了。

 5ラウンド終了、判定2-1(48-47、47-48、49-46)でリョート・マチダ勝利。

 マチダ、次に対戦したい相手に「マイケル・ビスピン!」とコメント。

posted by ジーニアス at 09:30| Comment(9) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チアゴ、いいねー。
応援してるよ。リョートガンバ!!!
Posted by gij at 2018年02月04日 12:32
シェフチェンコ強すぎ。
てかマリオ山崎止めてあげてよ!!
Posted by まっつん at 2018年02月04日 14:35
マリオ・ヤマサキのレフェリング酷すぎないか?
シェフチェンコがどんだけパウンド入れても全然止めないし。チョーク決まった時もあんだけ打たれてんだからカショエイラの1回目のタップで止めないと。
Posted by ジョン at 2018年02月04日 14:35
いつも管理人さんお疲れ様です
ありがとです
Posted by あか at 2018年02月04日 14:41
リョートどうにか勝ててほっとしたわ。
次はビスピンかな?
次戦は安心して見たいw
Posted by まっつん at 2018年02月04日 15:34
カショエイラ可哀想だったわ。レベル差がありすぎたな。
Posted by niku at 2018年02月04日 17:12
セミは明らかなミスマッチメイクだったな。

リョートは、リョートらしい戦い方ではあったが、攻撃やフットワークのキレは昔ほど無いのは見て取れた。
カウンター一閃でノックダウン獲る事もあまり見れそうにないと思うし、フットワークでかわし続けられるとも思えない。
もっとテイクダウンから削ったり等、新たな戦い方も必要なように感じた。
今日は相手がもたついてくれたので勝てたように思う。
Posted by もす at 2018年02月04日 17:43
リョートが帰ってきてくれた。
もうそれだけで満足。
Posted by JN at 2018年02月05日 11:37
マヘタは回し蹴りの次は三日月蹴りか、リョートと見てみたい。
アルカンタラは相変わらず攻撃力は抜群に高いし、後はレスリングが強くなれば上に食い込めそうなのに。
Posted by 塩 at 2018年02月05日 13:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索