2018年01月14日

デイビッド・ブランチが『UFC on FOX 28』のヨエル・ロメロ戦消滅についてコメント

無念! ロバート・ウィテカーがUFC 221を負傷欠場、ルーク・ロックホールドとヨエル・ロメロでミドル級暫定王座決定戦(2018年01月13日)

 こちらの続報。



 『UFC on FOX 28』でヨエル・ロメロと対戦予定だったデイビッド・ブランチがロバート・ウィテカーのUFC 221負傷欠場によりロメロがルーク・ロックホールドとのミドル級暫定王座決定戦に回った件についてインスタグラムでコメント。コメント欄では「ヨエルとルーカスのベストと、チャンピオンの早期復帰を願っている」と書いていますが、動画では「フ◯ック」を連発しており以下のコメントをしています。

「起きてこのニュースを知った。必死で練習していた。俺は家族から離れてジムで寝ている。こういうこと(負傷欠場)はこのビジネスでは付きものだが、俺はヨエル・ロメロ戦に燃えていた。前回(ルーク・ロックホールド戦)はミスがあった。すぐにオクタゴンに戻って来るが対戦相手は分からない。自宅に帰って寝ると思う。どうなるかは分からないし、クレイジーだ」

ざんねんな偉人伝 (新しい伝記シリーズ)
ざんねんな偉人伝 (新しい伝記シリーズ)
posted by ジーニアス at 23:58| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欠場の穴埋めで他カードの選手が繰り上がり、残された選手の試合が宙に浮くってよく考えたらおかしな話だ。納得いかない気持ちは分かる
Posted by 磐田 at 2018年01月15日 01:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索