2018年01月13日

ロバート・ウィテカーがUFC 221欠場について声明を発表

無念! ロバート・ウィテカーがUFC 221を負傷欠場、ルーク・ロックホールドとヨエル・ロメロでミドル級暫定王座決定戦(2018年01月13日)

 こちらの続報。

Robert Whittaker releases statement about UFC 221 withdrawal(MMAFighting)



 ロバート・ウィテカーがUFC 221負傷欠場についてインスタグラムで声明を発表。

「試合に出場できなくなったことを全てのサポーターとファンに謝罪したい。医学的に自国で防衛戦ができなくなった。この試合は自分にとって大きな意味があったし、落ち込んでいる。今できることは早期復帰することに集中することだ。ヨエルとルークが良い試合をすることを願っているし、結果を待ちたい」

 ケガの詳細については不明です。

困ったときにすぐに使える!ビジネス文書 書き方&マナー大事典: 社内文書、依頼文書、謝罪文…あらゆる場面で役に立つリアル文例!!
困ったときにすぐに使える!ビジネス文書 書き方&マナー大事典: 社内文書、依頼文書、謝罪文…あらゆる場面で役に立つリアル文例!!
posted by ジーニアス at 22:21| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
膝が思いのほか良くないのかな?
若いから焦らずゆっくり治して欲しい。
Posted by テレコ at 2018年01月13日 22:37
ヨエルにやられたら膝、そうとう酷いのかな。
Posted by コマンド at 2018年01月13日 22:56
やはり間接蹴りは反則にした方がいい
安全性に関しては言うまでもないが、
興行的にも短期的に見ると打ち合いが起きにくくなるし、
長期的にも見ると選手のブランクをまねく
Posted by スラッカー at 2018年01月14日 00:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索