RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年12月07日

マーク・ハントのマネージャー「彼はアメリカでも健康診断をクリアした」「UFC 221でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦させたい」

マーク・ハント「睡眠障害や言語障害が出てきた。記憶力も落ちてきたが、まだまだ闘う」(2017年09月17日)

マーク・ハントが健康問題で『UFC Fight Night 121』を欠場、ファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・ティブラと対戦→ハントは激怒(2017年10月11日)

デイナ・ホワイト「私はマーク・ハントを嫌っていない。ファイターの健康を守らなければいけない」(2017年10月15日)

デイナ・ホワイト「マーク・ハントの主張は真実ではない」「彼がUFCを訴えた後も164万5000ドル支払っているのに恨んでるだと?」(2017年10月30日)

 こちらの続報。

Heavyweight Mark Hunt Medically Cleared to Compete in UFC, Targets February Return(Sherdog)

 マーク・ハントのマネージャー、ゼン・ジネンが以下のコメント。

「我々はアメリカでドクターの診察を受けて良い知らせをもらった。全てがポジティブに見えるよ。ドクターはマークは平均以上の成績だし試合をしても大丈夫だと言ってくれた。彼らはUFCにそのことを連絡してくれるし、我々はUFC出場がクリアされることを待っている」

「我々はパース大会(2月11日開催のUFC 221)でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦させたいと思ってる。フランシス・ガヌーが次期タイトル挑戦者だと思うので、その次の挑戦者決定戦をしたい。できれば2018年の後半にタイトルに挑戦して欲しいね」

 デイナ・ホワイトが指定していたラスベガスのルー・ルーヴォ脳健康センターで検査を受けたとのことなので、復帰には問題ないと思われます。

勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること (集英社新書)
勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること (集英社新書)

posted by ジーニアス at 18:13 | Comment(4) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
問題なくてよかったな。あとは対戦相手だね。
ヴェラスケス?ヴォルコフ?ブレイズ?誰でもいいな(笑)
Posted by ヴォル at 2017年12月07日 19:11
ボフットワークが良くてボクシングもできるヴェウドゥムは
相性悪いほうだと思う。
いっそのことガヌーとの対戦が見たいけど、
タイミング的にむつかしいしなあ。
残り少ないであろうハントの試合を、
ぜひ良い形で堪能させてほしいな。
Posted by macotic at 2017年12月07日 19:43
日本では、もう見れないかもしれないが
応援する。
Posted by 高田 延彦 at 2017年12月07日 20:11
正直、ベテラン同士よりもヴォルさんが挙げているようなヴォルコフやブレイズとの試合が見たいけど、マネージャーとしてはリターンの大きな相手と試合させたいんだろうな。どうせベテラン同士なら、まだ対戦経験のないアルロフとかのが見たいけど、それもリターンが少ないから無理かな。しかし、タバレス+セフォー、ヴォルコフ+シュルト、ガヌー+バンナと意外な形で往年のK−1選手の姿を見るのは懐かしさと同時に不思議な感じ(セフォーは見飽きたと言えなくもないけど)。
Posted by y at 2017年12月07日 22:40
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索