2017年11月13日

UFC 220でイスラン・マカチェフとグレイソン・チバウが対戦

Islam Makhachev vs. Gleison Tibau booked for UFC 220 in Boston(MMAFighting)

 UFCが1月20日にマサチューセッツ州ボストンで開催するUFC 220でイスラン・マカチェフ vs. グレイソン・チバウのライト級マッチを行うことをMMAFightingが確認したとのこと。

 マカチェフは『UFC 208: Holm vs. de Randamie』でニック・レンツに判定勝ちして以来の試合。『UFC Fight Night: Volkov vs. Struve』でミシェウ・プラゼレスと対戦予定でしたが負傷欠場していました。

 チバウは『UFC Fight Night 77: Belfort vs. Henderson 3』でエイブル・トゥルジーロに1Rリアネイキッドチョークで勝利したものの、その後禁止薬物の陽性反応が出て反則負けに変更されて以来の試合。2年間の出場停止処分明けの復帰戦です。

二年間の休暇〈上〉 (偕成社文庫)
二年間の休暇〈上〉 (偕成社文庫)
posted by ジーニアス at 00:15| Comment(3) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チバウは薬物反則負けだったのか
薬物で反則負けになる場合とノーコンテストになる場合の違いって・・
Posted by あか at 2017年11月13日 06:47
無冠の帝王チバウの帰還は楽しみです。
Posted by あ at 2017年11月14日 02:57
チバウは以前アンジョスに競り勝っている程の実力者。
記憶を改める程のの休養期間を経ての闘いだが、
今話題?の薬物明けの一戦になる。
とても興味深いではありませんか。
Posted by サクラソウイチオー at 2017年11月14日 12:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索