RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年11月12日

『UFC Fight Night 120: Poirier vs. Pettis』速報

UFC Ultimate Collector Series 10 Figure Anthony Pettis
UFC Ultimate Collector Series 10 Figure Anthony Pettis

UFC Fight Night 120 ‘Poirier vs. Pettis’ Play-by-Play, Results & Round-by-Round Scoring(Sherdog)

UFC Fight Night 120 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です。当初は日本時間8時30分開始予定でしたが、中止の試合が無いにも関わらず9時開始となっています。

▼ミドル級/5分3R
ダレン・スチュワート vs. カール・ロバ―ソン


 1ラウンド。ロバートソンはサウスポー。ロバートソン左ハイ。スチュワートバックハンドブロー、右ロー。右ロー。スチュワートのソバットとロバートソンの左ローが交錯。ロバートソン左ハイ。互いにロー。ロバートソン左フック、スチュワート右フック、ロバートソン左アッパー、スチュワートが金網に押し込む。肘打ち、なおも押し込む。しかしロバートソンがテイクダウンからバックを取る。パウンド。チョークに行く。スチュワートディフェンスするもロバートソン体制を整えて再度チョーク! スチュワートタップ!

 1ラウンド3分41秒、リアネイキッドチョークでカール・ロバートソン勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
ジェイク・コリアー vs. マルセル・フォルトゥナ


 1ラウンド。コリアー左右ロー。ワンツー。フォルトゥナワンツー。ジャブ。ワンツー、コリアースリップダウン、すぐ立つ。フォルトゥナワンツー、なおもワンツー。コリアーワンツー、左ハイ、ワンツー。フォルトゥナジャブ。コリアー跳び膝に行くもカウンターのジャブ。ワンツー。コリアーワンツー。左ミドル。フォルトゥナワンツー。胴タックルからバックを取る、金網に押し込む。離れ際に右フック。コリアー右ロー。右ミドル。フォルトゥナバックハンドブロー、ワンツー。コリアー左ミドル。左フック、フォルトゥナぐらつく! コリアー左ロー、左ハイ。フォルトゥナワンツー。右ストレート。コリアークリンチ、離れる。フォルトゥナジャブ。コリアーバックハンドブロー、ワンツー。ワンツー。フォルトゥナ前蹴り。コリアークリンチ、金網に押し込む、離れる。コリアー右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。コリアーワンツー。ジャブ。ジャブが交錯。ローが交錯。フォルトゥナ右フック。コリアーワンツー。フォルトゥナテイクダウン、バックを取る、コリアー立っておんぶに、脱出。互いにフック。コリアーワンツー。ソバット。なおもソバット。ジャブ、ワンツー。右ロー、右フック。パンチが交錯。コリアーバックハンドブローもフォルトゥナ交わしてクリンチ、金網に押し込む。離れる。コリアージャブ、左ロー。右フック。フォルトゥナ右ストレート。パンチが交錯。コリアー左ミドル、ソバット。フォルトゥナテイクダウン、パスしてマウントから肩固めも外れる、コリアースイープ、フォルトゥナクローズドガード。コリアー肘打ち。パウンド。フォルトゥナ下から肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。コリアーワンツー。ジャブが交錯。コリアーワンツー、左ハイ。ジャブが交錯。コリアーワンツー。左ミドル。ワンツー。フォルトゥナタックルも切られる。コリアージャブ。ワンツー、左ミドル。膝蹴り。フォルトゥナテイクダウンもコリアーすかさずスイープ。深追いせず立たせる。コリアー右フック。左ロー、ワンツー。左ロー。パンチが交錯。コリアー左ロー。ワンツー。左ボディ。フォルトゥナタックルも切られる。コリアージャブ。フォルトゥナ右フック、コリアーぐらつく! フォルトゥナ左右ハイ。コリアー左フック。右ストレート。ジャブ。左ロー。フォルトゥナ右ストレート。左ミドル、ワンツー。左ハイ。フォルトゥナ左フック。タックルも切られる。コリアージャブ連打。フォルトゥナ右ロー。コリアータックルもがぶられる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でジェイク・コリアー勝利。


▼ウェルター級/5分3R
コート・マッギー vs. ショーン・ストリックランド


 1ラウンド。マッギー左ロー、ジャブ、ワンツー。ストリックランドジャブ。マッギー右ハイもストリックランドカウンターのテイクダウン、パス狙うもマッギー立つ、離れる。マッギー左ロー。ジャブ。ストリックランドジャブ、ワンツー。左ハイ。ジャブ。左ハイ、ワンツー。マッギー右ミドル、左ロー。ストリックランドジャブ。ワンツー。マッギージャブ、左ロー。激しいジャブの応酬が続く。マッギー左右ロー。ストリックランド左ミドル。なおも激しいジャブの応酬。マッギー右ロー。ストリックランドワンツー。ジャブ連打。マッギーソバット。ストリックランドワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。マッギーワンツー。ストリックランドジャブ連打。打ち合いからマッギータックル、金網に押し込む。離れる。マッギー右ロー、左ミドル。ストリックランドワンツー。マッギー右ミドル。激しいジャブの応酬。前に出るのはマッギーだが手数は互角。マッギータックル、金網に押し込む。離れる。ジャブの応酬。マッギーバックハンドブロー。ローが交錯。ジャブの応酬。マッギー左右ロー。タックルは交わされる。マッギー右ロー。ストリックランドジャブ連打。マッギー左ロー。左ハイ。パンチが交錯。マッギー左ロー、ワンツー。タックル、金網に押し込む。離れ際にストリックランドワンツー。マッギー左ハイ。ストリックランド左ミドル、ワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。マッギープレッシャー掛ける。ジャブの応酬。マッギー右ハイ。右ロー。ストリックランドジャブ。マッギー左右ロー。ワンツー。タックルは交わされる。ストリックランドジャブ。マッギーワンツー。左ミドル。左右ミドル。タックル、金網に押し込む。離れる。マッギータックルもストリックランドがテイクダウン、ハーフガード。ストリックランド肘打ち。パウンド。マッギー脱出、バックを取り金網に押し込む。足関に行くもストリックランドがバックを取り返してチョーク! マッギー外すもストリックランドボディトライアングルからパウンド連打! 試合終了。

 3ラウンド終了、判定1-0(30-27、29-29、29-29)でマジョリティドロー。しかし、その後採点ミスでショーン・ストリックランドの勝利に変更とのアナウンス。


▼女子ストロー級/5分3R
アンジェラ・ヒル vs. ニーナ・アンサロフ


 1ラウンド。アンサロフ右ロー。ヒルジャブ。ワンツー。アンサロフ右ロー。右ロー。ヒルジャブ。パンチが激しく交錯。アンサロフ右ハイ。ソバットもヒルがカウンターのタックル、金網に押し込む。アンサロフ離れ際にジャブ、右ハイ。パンチが交錯。アンサロフ右ロー、ジャブ。ヒル右ロー連打。アンサロフ右ロー。左ロー。ヒル右ロー。パンチが交錯。ヒルジャブ、右ロー連打。アンサロフ右ローもヒルキャッチしテイクダウン、立たせる。ヒル右ストレート。ジャブ。アンサロフ右ロー。前蹴り。ヒルワンツー。ジャブが交錯。ヒル左右ロー。右ミドル。アンサロフ右ミドル。右ロー。ジャブ。ヒルジャブ。ワンツー、左ミドル。アンサロフジャブ。右ロー。右ハイ。ヒル右フック。ワンツー。アンサロフ左フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いにロー連打。ヒルジャブ。パンチが交錯。互いに前蹴り。ヒルジャブ、右ストレート、右ロー。左フック。前蹴り。アンサロフジャブ。ヒル右フック。アンサロフ右ロー。ヒル左ロー。ワンツー。互いに左フック。ヒルワンツー。アンサロフ右ストレート。右ロー。ヒル左ロー。ジャブ。右ロー。ワンツー。ジャブ。アンサロフ右ロー、ジャブ、右ロー。左ロー、ワンツー。右アッパー。右ロー。ヒル右フック。アンサロフワンツー。右ロー。ヒルクリンチから膝蹴り、離れる。アンサロフ右ローもヒルカウンターの右フック。ジャブ。アンサロフ左ロー、ワンツー。ヒル膝蹴り。アンサロフワンツー、左ロー。バックスピンキック。ヒル右フック。アンサロフ右ロー。パンチが交錯。ラウンド終了。

 3ラウンド。いきなりパンチが交錯。アンサロフ右ロー。激しい打ち合い。アンサロフソバット。ヒルワンツー。右フック。アンサロフ右ロー。パンチが激しく交錯。アンサロフ右ロー。右ロー。ヒル右ストレート。ワンツー。右ストレート。アンサロフ右ロー連打。ジャブ。ローが交錯。パンチが交錯。アンサロフ前蹴り。ジャブ。右ミドルもヒルキャッチし右フック。アンサロフ右ミドル、ヒルキャッチし右フック。パンチが交錯、ヒル左ミドル。アンサロフ右ロー。右ハイ、右ミドル。ヒル膝蹴り。前蹴りが交錯、ヒル尻もちもすぐ立つ。パンチが交錯。アンサロフジャブ。右ロー。右ハイ。ヒル左ローもアンサロフ足払い、ヒルすぐ立つ。アンサロフワンツー。クリンチ、離れる。アンサロフ右ミドル。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でニーナ・アンサロフ勝利。


▼ライト級/5分3R
セイジ・ノースカット vs. ミシェウ・キニョネス


 1ラウンド。キニョネス右ロー。ノースカットワンツー。キニョネス右ロー。パンチが交錯。ノースカットサイドキック。ワンツー。キニョネスワンツー、ノースカット右ロー。右フック、左ハイ。キニョネス左ロー。ノースカットバックスピンキックも空を切る。キニョネス左右ロー。ノースカット右ミドル。右フック、右ストレート。パンチが交錯。キニョネス左ミドル、ノースカット右ストレート。互いに構えをスイッチして挑発。ノースカットジャブ。キニョネス左ミドル、右ロー。ノースカットワンツースリー。サイドキック。キニョネス右ロー。ノースカットジャブ。キニョネスサイドキック、ノースカットテイクダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド。キニョネス左右ロー。ノースカット右ストレート。サイドキック。右ミドル。キニョネス左ロー。右ストレート。ノースカットバックスピンキック。キニョネス左ロー。ノースカットジャブ連打。右ミドル。バックスピンキック。キニョネス右ロー。ノースカット左ロー。キニョネス左右ロー、ノースカット右ストレート。ワンツー。ジャブ。キニョネス右ストレート。左ロー。ノースカット右ミドル。パンチが交錯。ノースカット右ミドル。ジャブ、左ミドル。ワンツー。キニョネス右ロー。ノースカットワンツー。ワンツー、右ロー。キニョネス左ロー、ワンツー。ノースカット右ミドル。パンチが交錯。ノースカット左ロー。パンチが交錯。ノースカット右アッパー。テイクダウン、サイドを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。ノースカット左ミドル。キニョネス前蹴り。ノースカット左ミドルからタックル、金網に押し込む。離れる。キニョネス右ロー。ノースカットワンツー。ワンツー。左ミドル。キニョネス右ロー。ノースカット足払い、キニョネスすぐ立つ。ノースカットワンツー。右フック。右ミドル。左右ロー。キニョネス右フック。ノースカット左ミドル。キニョネス右ストレート。ノースカットタックル、金網に押し込んでからテイクダウンも深追いせず立たせる。ノースカット左ロー。ワンツー。キニョネス右ストレート。ノースカット右ミドル連打。前蹴り。キニョネスワンツー。ノースカットタックル、金網に押し込む。離れる。ノースカット側転蹴り。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でセイジ・ノースカット勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
タティアナ・スアレス vs. ヴィヴィアン・ペレイラ


 1ラウンド。スアレスはサウスポー。スアレス右ロー、右ハイ、右ロー。サイドキック。左ハイからクリンチ、ペレイラが金網に押し込む。離れる。スアレス左ハイ、右ロー。クリンチ、スアレスが金網に押し込む。ペレイラギロチンチョーク。スアレス外してテイクダウン、サイドを取る。ペレイラ下からヘッドシザースに行くもスアレス外してバックを取る。ペレイラ反転、スアレスサイドを取る。ペレイラさらに反転、スアレスバックからパウンド連打。ペレイラ反転、スアレス立って猪木アリ状態。ラウンド終了。

 2ラウンド。スアレス右ロー。ペレイラジャブ。スアレス右ロー。タックル、ペレイラがぶるもスアレステイクダウン、パスしてサイド。スアレス腹にパウンドしながらパス狙うもハーフに。再びサイド。今度はパスしてマウントからパウンド、肘打ち! ペレイラ金網を蹴って脱出図るもスアレス再びトップを奪いパウンド。ペレイラ金網を背にする。スアレスパウンド。ボディに膝蹴り。鉄槌。パウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。スアレス右ロー連打。左ハイ。二段蹴り。左ミドル。右ロー。タックル、金網に押し込む。テイクダウン、ペレイラ金網を背にする。スアレスパスしてサイド。脇腹に肘打ち連打。ペレイラ立ちかけるもスアレス再度グラウンドに引きずり込みパスしてマウントからパウンド連打。ペレイラ脱出図る、スアレスサイドに移行。ペレイラ反転し亀に、スアレスバックを取る。アームバー狙いもここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、30-26)でタティアナ・スアレス勝利。


▼バンタム級/5分3R
ジョン・ドッドソン vs. マルロン・モラエス


 1ラウンド。ドッドソンはサウスポー。モラエス右ロー。ドッドソン右ロー。モラエスジャブ、右ミドル、左ストレート。ドッドソンジャブ連打。モラエス右ロー。ドッドソン左ボディ。モラエスソバット。右ミドル。ドッドソン左ストレート。モラエスワンツー。ドッドソン左ストレート! モラエスダウン! すぐ立つ。モラエス右ハイ。右ロー。右ロー。二段蹴り。右ローも急所にヒット。ドクターチェック後再開。パンチが交錯。モラエス右ミドル。ドッドソン左フック。モラエス右ミドル。ドッドソン左ミドル。モラエス右ミドル。右ミドル。モラエス今度はドッドソンの左目にアイポーク。休憩後再開。ドッドソン左ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。パンチが交錯。ドッドソン左ミドル。モラエス右ボディ。ワンツー。右ミドル。パンチが交錯。モラエス右ミドル。ドッドソン左ミドル。モラエス右フック。左フック。右ミドルもドッドソンキャッチしテイクダウン、モラエスすかさず足関狙いもドッドソン振りほどく、スタンドに戻る。モラエス右ハイ、ドッドソンキャッチしテイクダウン、モラエス下から足関狙い、ドッドソン振りほどく、モラエスなおも組み付き金網に押し込む、離れてスタンド。モラエスソバット。右ストレート。バックスピンキック。右ミドル。右ハイ。タックル、金網に押し込む。テイクダウン、ドッドソン金網を背にする。ドッドソン立つ、離れる。ラウンド終了。

 3ラウンド。ドッドソンジャブ。パンチが交錯。モラエス右ロー。パンチが交錯。モラエス右ロー。ドッドソン右フック。モラエス右ストレート。右ミドル。右ミドル。ドッドソン左ミドル。モラエス右ロー、ドッドソン左フック。ワンツー。モラエスバックスピンキックからタックル、金網に押し込む。ブレイク。ドッドソンテイクダウンもモラエスギロチンチョーク。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(30-27、27-30、30-27)でマルロン・モラエス勝利。


▼ライト級/5分3R
ジョー・ローゾン vs. クレイ・グイダ


 1ラウンド。グイダ左右ロー。左右フック、左フック、右アッパー! ローゾンダウン! グイダパウンド連打! 肘打ち連打! 鉄槌! レフェリー止めた!

 1ラウンド1分07秒、クレイ・グイダTKO勝ち。

 グイダ、マイクで今回がUFCとの契約最後の試合なのでこれで引退するかもしれないとコメント。みんなの声があればまた出られるかもとのこと。


▼138.5ポンド契約/5分3R
ハファエル・アスンソン vs. マシュー・ロペス


 1ラウンド。ロペスはサウスポー。ジャブが交錯。アスンソン前蹴り。ロペス左ミドル、パンチが交錯。ロペスジャブ。右ロー。アスンソン前蹴り。ワンツー。ロペスワンツー。アスンソンワンツー、なおもワンツー。ロペス右ロー。アスンソンワンツー。右ロー。ワンツー。ロペス左ミドル。アスンソンワンツー。パンチが交錯。ロペス左ロー。右ミドル。アスンソン右フック。前蹴り。右ロー。右ハイ。ロペステイクダウン、アスンソン立つ、膝蹴り、離れる。パンチが交錯。ラウンド終了。

 2ラウンド。互いにジャブ。パンチが交錯。アスンソン右ミドル。右ストレート。ロペスジャブ。アスンソン右ハイ。右フック。右ロー。右ハイ。右ロー。前蹴りもロペスキャッチ、金網に押し込む。アスンソン脱出。ロペスワンツー。アスンソン右ストレート。右ロー。ジャブ。ロペスジャブ。アスンソン右フック。右ロー。前蹴り。ロペスタックルも切られる。左ミドル。アスンソン右ロー。右ストレート。パンチが交錯、互いにぐらつく! アスンソン右ロー。ロペス左ミドル。パンチが交錯。アスンソン右ハイ。ラウンド終了。ロペスの左内ももが腫れ上がっている。

 3ラウンド。アスンソン右ロー。パンチが交錯。アスンソン右ハイ。右ストレート。右フック。右ロー。右ロー。ジャブ。ロペス右フックからタックルも切られる。アスンソン右ロー。跳び膝からワンツー! ロペスノックアウト!

 3ラウンド1分50秒、ハファエル・アスンソンKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ネイサン・マーコート vs. セザー・フェレイラ


 1ラウンド。フェレイラはサウスポー。フェレイラ右ロー。マーコートワンツー、なおもワンツー。フェレイラ左ストレート。左右ロー。マーコート左ロー。フェレイラ左ストレート。左ハイ。左フック。左ミドル。マーコートタックルも切られる。フェレイラ左ロー。マーコートワンツー。フェレイラ前蹴り。左ハイ。右ロー。右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。マーコート左ロー。フェレイラ右ロー。右ロー。左ミドル。マーコートタックル、金網に押し込む。膝蹴り連打。離れる。フェレイラ左ストレート。フェレイラタックル、金網に押し込む。テイクダウン、マーコートすぐ立ち離れる。フェレイラ左ミドル。マーコートワンツースリー。フェレイラ左ストレート。サイドキック。左フック。マーコート右ミドル。フェレイラ左右ロー。マーコート右ロー。フェレイラ左フック。右ストレート。マーコート右ストレート。フェレイラ左ミドル。マーコート右ストレート、ワンツー! フェレイラダウン! すぐ立つ、激しい打ち合い! ラウンド終了。

 3ラウンド。パンチが交錯。フェレイラテイクダウン、クローズドガード。マーコート金網を利用して立つ、フェレイラなおも押し込み再度テイクダウン、パスしてサイド。腹にパウンド。上四方に移行し脇腹に肘打ち、パウンド。マーコート脱出図る、スイープ、フェレイラクローズドガード。マーコート肘打ちもここで試合終了。フェレイラ頭部からおびただしい出血。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、29-28、29-28)でセザー・フェレイラ勝利。


▼ヘビー級/5分3R
アンドレイ・アルロフスキー vs. ジュニオール・アルビニ


 1ラウンド。アルロフスキージャブ。アルビニ右フック。パンチが交錯。アルロフスキー左ミドル。アルビニ左ミドル。パンチが交錯。アルロフスキーワンツー。右ボディ。左ミドル。アルビニワンツー。アルロフスキー右フック。クリンチ、アルビニが金網に押し込む。膝蹴り。離れる。アルロフスキー右ストレート。アルビニ右ストレート。アルロフスキー左ミドル、前蹴り、スーパーマンパンチ。ワンツー。アルビニワンツー。膝蹴り。アルロフスキーワンツー、アルビニ左フック。クリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。肘打ち。離れる。アルロフスキークリンチ、離れる。アルビニ前蹴り。アルロフスキーワンツー。アルビニ左フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。アルロフスキー右フック。ワンツー。ボディにワンツー。右ストレート。左ロー、左ミドル。アルビニクリンチ、金網に押し込む。ブレイク。アルロフスキーワンツー、クリンチ、アルビニが金網に押し込む。離れる。アルロフスキージャブ。パンチが交錯。アルロフスキー前蹴り。パンチが交錯。アルロフスキージャブ。パンチが交錯。アルロフスキーワンツー、右ロー。ワンツー。ソバット。右フック。ワンツー。ワンツー。ジャブ、ワンツー。バックハンドブロー。パンチが交錯。アルロフスキー左ミドル、関節蹴り、右ストレート。ラウンド終了。

 3ラウンド。アルロフスキー左ロー、右ボディ。ワンツー。パンチが交錯。アルロフスキー右フック。ジャブ連打。右ストレート。アルビニ右ロー。アルロフスキー左ハイ。右アッパー。右フック。右ストレート。左ハイ。右ストレート。アルビニがアルロフスキーにアイポーク。休憩後再開。アルロフスキーワンツー。左ロー、左ミドル、関節蹴り。ワンツースリー。右フック。アルビニワンツー。アルロフスキーワンツー。バックハンドブロー、ワンツー。クリンチから膝蹴りも急所にヒット。休憩後再開。アルロフスキージャブ。アルビニワンツーからクリンチ、金網に押し込む。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でアンドレイ・アルロフスキー勝利。


▼ウェルター級/5分3R
マット・ブラウン vs. ディエゴ・サンチェス


 既報ですが、ブラウンは以前からこの試合で引退することを宣言しています。

 1ラウンド。サンチェスはサウスポー。飛び込んでワンツーからタックル、金網に押し込む。膝蹴り。離れる。サンチェス左ストレート。ワンツー。ブラウンジャブ。サンチェス低空タックル、金網に押し込む。離れる。ブラウンジャブ。サンチェス片足タックルも切られる。ブラウン左ロー。サンチェス左ミドル、ブラウンキャッチし金網に押し込む。離れる。サンチェス左ミドル。左ミドル。ブラウン右ハイ。サンチェス左ミドルもブラウンキャッチから右エルボー! サンチェスノックアウト!

 1ラウンド3分44秒、マット・ブラウンKO勝ち。


▼ライト級/5分5R
ダスティン・ポイエー vs. アンソニー・ペティス


 1ラウンド。ポイエーはサウスポー。ペティス右ロー。ポイエーワンツー。ペティス右ミドル。ポイエー右ロー。ペティス跳び膝。右ストレート。ポイエー左ストレートからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ペティス金網を背にする。首を抱える。ペティスキムラロック狙いに移行。外れる。クローズドガード。ポイエーパウンド。立って猪木アリ状態。ペティス足を引っ掛け逆に上になる、ポイエー立つ、ペティスなおも金網に押し込む。離れる・ポイエー左ストレート。互いに右ストレート。パンチが交錯。ポイエータックルもペティスが金網に押し込む。ペティス離れ際に左ハイ。ポイエー左ミドル。ペティス右ミドル。ワンツー。ポイエーワンツー、なおも連打、ペティス下がる! ポイエーラッシュ! ペティスぐらつく! ラウンド終了。

 2ラウンド。ペティスジャブ、ワンツー。ポイエー右ロー。ペティス右ストレート。ワンツー。ポイエー左ストレート。タックル、金網に押し込む。テイクダウン、クローズドガード。ペティスラバーガードからアームバー狙いもポイエーパウンド連打! 外してバックを取る。ペティス顔面から出血。ペティス反転、ポイエークローズドガード。ペティス肘打ち連打! ポイエー反転し亀に、ペティスバックを取りにいくも滑って下になる。下からまたアームバー狙いも外れる、ポイエー立つ、ペティスバックを取り金網に押し込む。おんぶに行くもポイエー振り落とす、ペティス下から三角狙いも顔面からおびただしい出血をしていることからドクターチェック。同じポジション(?)から再開。ペティス三角絞め! しかし外れる! ペティス亀になる。ポイエーバックからパウンド連打! ラウンド終了。

 3ラウンド。ペティス右ハイ。ポイエージャブ、ワンツー、タックル、金網に押し込む。テイクダウン。ペティス立つ、ポイエーなおも金網に押し込む。ペティス脱出図るもグラウンドでバックを取られる。ペティス反転に行くも肋骨を負傷したかタップ!

 3ラウンド2分08秒、ダスティン・ポイエーTKO勝ち。


posted by ジーニアス at 09:00 | Comment(26) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
ペティス、パンチも単調ですし、蹴らないと強みがないですね
下からの仕掛けは面白いですがジリ貧で辛い…

環境変えて復活してほしいですねぇ
Posted by えのしま at 2017年11月12日 15:13
ペティスのファンですが、今はペティスが自信を無くしているようで見ていてつらいです。残念…
Posted by ミルコ at 2017年11月12日 15:17
ペティスついてないな。
トライアングルチョークがセットアップしたタイミングで止めるなよ、レフェリー。
Posted by な at 2017年11月12日 15:20
今日の大会も面白かった!

ブラウン凄いエルボーだったな!
怒った時の三沢のエルボーみたいだった(笑)

ポイエー勝つだろと思ってたけど、毎回面白い試合するなぁ。
ライト級は本当に凄い奴だらけだね!
ゲイジーとやったら面白そう!
Posted by 腹減り at 2017年11月12日 15:21
ペティスはテイクダウンディフェンスとボクシングテクニックを向上したらまた活躍できそうなのになぜ改善しない。コーチにアスクレンとかいるのに。

ポイエーはケビン・リーと対戦して欲しい。

アルロフが勝ってくれて良かった。
Posted by 田中 at 2017年11月12日 15:36
今日も面白かった!!
マーコート惜しかったなぁ!!38才だけど力強く動きも良いので勝かと思ってたー!!
ポイエーvsペティスのイケメン血達磨試合、クレイジーで良かったですね!ポイエーのライト級は良いですね〜!!
あと、アルビニは体とかトランクスとかもっとどうにかならないのか…
Posted by コロナキッド at 2017年11月12日 15:40
アルビニは不恰好でジム・ミューレンを思い出したわw
ブラウンお見事!一瞬レバー効かされて、また腹で敗けてしまうかと思ったけど勝ってくれてよかった。フィニッシュの瞬間に珍しくカメラワークがミスって何が起こったかよくわからなかった。
そしてメインは滑りやすくなって攻守が入れ替わりまくって面白かったけど、なんでトライアングルセットしたところで止めるんだよ。タイミング悪すぎ。
Posted by うまお at 2017年11月12日 16:10
なんでペティスが三角セットした瞬間ドクターチェックで三角セットスタートじゃないんだよ。
なんでクローズガードスタートなの?意味不明、かなりいい感じにセットした瞬間だぞ。
しかし、4の字ロックであばら骨締め付けられるとか死ぬほど痛そう。
ペティスはベラトール行ってほしい。
Posted by テレコ at 2017年11月12日 17:19
ポイエーを完封したコナー・マクレガーって改めてやっぱり凄いなと思う
Posted by (^ω^) at 2017年11月12日 18:38
(^ω^)さん、まさにそうですね

ホロウェイやポイエー、アルバレスをあんだけ完封出来る選手はUFCにはいないですよね

今はファーガソンとやって欲しいですね
Posted by svd at 2017年11月12日 22:02
アルビニのぶよぶよな体と下着みたいなパンツを上げるしぐさが気になってしょうがなかったww
先週のGSPの鍛え上げられた体ってかっこいいなと改めて思った。
Posted by ズッパシ at 2017年11月12日 22:34
ポイエーVSペティスは格闘技というより本能でぶつかり合うストリートファイトのようで面白かった。
ポイエーはリスクを負いながら立ちでも寝技でも攻める姿勢だから面白い。
Posted by mr_st at 2017年11月12日 22:55
マクレガーは実績不足と言われるが、実際はこうだからな。ファーガソンもヌルマゴもマクレガーには勝てないよ。

アルバレス→子供扱い(アルバレスを子供扱いした選手はいない)
アルド→秒殺
ホロウェイ→完封
ポイエー→完封
メンデス→相性が悪いなりにも完勝

Posted by ガラス at 2017年11月12日 23:07
ブラウンの肘は思いっきり後頭部に入ってる様に見えたんだけど…。
Posted by suzu at 2017年11月12日 23:58
ペティスは腹周り緩かったな
フェザーには落とせない、ライトじゃフィジカルで劣るって感じでこの先も期待できないと思う
今日の試合は面白かったけど
田舎っぺ大将がオムツ穿いてるみたいなヤツ、あれはプロとして論外だろ
Posted by あなぼりっ君 at 2017年11月13日 00:57
メインは良い試合だったけど血がキツすぎた・・・。
近くにいた家族に思いっきり嫌な顔されて引かれてしまった(笑)
審判は三角の状態で再開させるべきだったかな。ペティスの復活に期待。
Posted by あ at 2017年11月13日 01:12
ポイエ強いな。
アルバレスにも押してたし、タイトル戦線に混じっていけると思う。

ペティスは昔のような圧倒的なキックの威力や動きのキレが無くなってきている。フィジカル負けパワー負けする場面が多く見られる。
サブミッションのセットアップも昔はもっと早かった。
Posted by もす at 2017年11月13日 01:53
乳首出ましたね、一瞬。
あの女子のユニフォーム、やばいんでない?
RIZINでも山本とかRENAの最初の頃にもあぶなかったよね。
Posted by サンタ at 2017年11月13日 02:09
ペティスは自信がなくなっとる。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2017年11月13日 15:12
ポイエーはコナー相手に何もできなかったのに、
ライトに上げたらいい感じなのはなぜだ?? 笑

ペティスもメレンデスもお薬切れちゃって厳しいのかなあ......
Posted by ビッグまさ at 2017年11月13日 16:37
ペティスは車燃やされたショックから立ち直ってないのか?
Posted by ヘビトンボ at 2017年11月14日 00:48
>ビッグまさ

マクレガー相手に何もできなかったのは、マクレガーが強すぎたから。

ライトに上げていい感じなのは、マクレガーよりも弱い相手としか戦っていないから。

以上
Posted by サブ at 2017年11月14日 21:35
ということは、マクレガーに2戦とも泣きベソかかせるネイトは相当強いということになるな。

ポイエーはアルバレスvsゲイジーの勝者と是非見たいね
Posted by FAT at 2017年11月15日 18:41
高圧的なレスしないで。
Posted by またか at 2017年11月16日 12:45
https://www.youtube.com/watch?v=P5Qalnvf3Og
フィニッシュの一発まではマクレガーもポイエーにダメージ与えられてないですし、その一発も後頭部へのものなんですけどね(2分43秒辺りからがわかりやすい)。
今回のブラウンの肘と同じで狙ったものではなかったからか、ポイエーが試合後に後頭部押さえてたにもかかわらず問題視されませんでしたが。
でも、追撃時にも後頭部に鉄槌落としていたのでレフェリーによっては反則負けになっていた可能性ありますし、個人的にはマクレガー対ポイエーはノーコンテストな感じです。
Posted by y at 2017年11月16日 15:24
マクレガー対ポイエーは、マクレガーの圧勝です。
明らかな実力差が見てとれる。

マクレガーは、アルバレスをあれだけ子供扱いしたんだから、いい加減に、実力にケチつけるのをやめなよ。みっともない。
Posted by サブ at 2017年11月16日 20:35
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索