RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年10月30日

デイナ・ホワイト「マーク・ハントの主張は真実ではない」「彼がUFCを訴えた後も164万5000ドル支払っているのに恨んでるだと?」

Dana White, King of MMA
Dana White, King of MMA (English Edition)

マーク・ハント「睡眠障害や言語障害が出てきた。記憶力も落ちてきたが、まだまだ闘う」(2017年09月17日)

マーク・ハントが健康問題で『UFC Fight Night 121』を欠場、ファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・ティブラと対戦→ハントは激怒(2017年10月11日)

デイナ・ホワイト「私はマーク・ハントを嫌っていない。ファイターの健康を守らなければいけない」(2017年10月15日)

 こちらの続報。デイナ・ホワイトはTMZの直撃に対しマーク・ハントに反論していましたが、

UFC boss Dana White’s full letter on Mark Hunt suspension feud(The Daily Telegraph.com.au)

 デイナ・ホワイトが改めてコメント

「マーク・ハントは11月のオーストラリア大会でマルチン・ティブラ戦と対戦する条件を全く“クリア”できなかった。以上だ。彼の主張が真実ではないことを言わせて欲しい。私の知ってることを言わせて欲しい。

 マーク・ハントは最近オーストラリアのサイトで深刻な状況であると言った。言語障害で言葉に詰まるようになったと言った。よく眠られないと言った。昨日のことを覚えていないと言った。

 全て彼が自分で言ったことだ。なのに彼は切り取られた言葉だと主張した。自分で言ったことなのに切り取られたとはどういうことだ? そして私が何をしたか知ってるか? 我々はそのニュースを知ってから1週間以内に彼のマネージャーに連絡をし、ファーストクラスに乗ってラスベガスのルー・ルーヴォ脳健康センターで検査を受けるようオファーした。そしたら彼は断固としてそれを拒否したんだ。

 そういう状況だと言っている彼のことを改めて検査をせずにオクタゴンに上げることができるか? 私には絶対にできない。よって私は彼を欠場させることしかできなかったし、そうすることで専門医に診察してもらう時間を作るしかなかった。我々もこの大会のマーケティングや広告費で大金を使っているので損失は大きいが、これは正しい行為だ。

 それにマークは自分が訴訟を起こしたから恨まれていると言ってるが、本当に恨んでいるならその後に2回も出場させているか? そのうちの1つはメインイベントだぞ? しかもパフォーマンスボーナス(5万ドル)とロッカールームボーナス(2万5000ドル)を含めて164万5000ドルも支払うか? これらは全て訴訟の後の出来事だ。なのに問題があるというのか?

 そもそも私の仕事は世界中でベストファイトを観てもらうことだし、その中にはファイターたちの健康を守ることも含まれている。ファイターが闘いたいのは理解できるが、安全が何もよりも最優先だし、それは常に私の目標とするところだ。私はこれを20年やってきたし辞めるつもりもない」


posted by ジーニアス at 19:50 | Comment(37) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
これはダナ正論。ハントはこの行動含めて、脳の影響が出ているかもしれない。
Posted by ダナブラック at 2017年10月30日 20:14
164万5000ドルも収入得てるのか。
凄いな。
健康も守るのはダナの仕事。
ハントも大人になって欲しい。
Posted by mr_st at 2017年10月30日 20:14
ハントは格闘家やめて就職して社会勉強した方がよい。
なんか昔と比べて人間性変わった。
Posted by SHOCK at 2017年10月30日 20:35
ハントは言語障害ウンヌンはジョークで言ったんじゃなかったっけ?
そのジョークの部分がネットの記事だかに切り取られたと。
まぁジョークにしても記事に掲載されると誤解を招く可能性がある
なら言うべきじゃなかった。
記事を読んだダナは検査させようとしたけど、ハントはジョークの
つもりだから検査を受けない。
なんで双方が直にコミュニケーションとろうとしないのかね?
コミュニケーション不足の行き違いで、あれは誤解だったっていうオチでしょ?
Posted by cccp at 2017年10月30日 20:35
ダナは正論言ってるけど
ハントジューサーと命がけで戦わされてきてダナとUFCを信用できなくなってるんだな
移籍するにしても格闘技業界はステロイドまみれだからなぁ
Posted by k8 at 2017年10月30日 20:57
「我々はそのニュースを知ってから1週間以内に彼のマネージャーに連絡をし、ファーストクラスに乗ってラスベガスのルー・ルーヴォ脳健康センターで検査を受けるようオファーした。そしたら彼は断固としてそれを拒否したんだ」

もしこれが本当ならハントが悪い。もし本当ならね。
Posted by ssa at 2017年10月30日 21:03
ちゃんと健康診断の段取りをとったというなら、その対応は間違いのないものだと思う。

ただ、ドーピングのレスナーが大金を稼いだという事に対して何かちゃんと対策を発表するべき。
今回の欠場の件はともかく、ハントのドーピングに対する主張や訴訟は正しいものだと思うので、その件に対するUFCの考えを示すべき。

この争いの根本的なところは、ドーピング問題に関するハントの不信感から来ているので、そこをまずクリアにしないといけない。
他の言い争いは枝葉に過ぎない。

レスナーもジョーンズも、失格試合だというのに大金を稼いだままだというのはやはりおかしい。
彼らが一体ハントの何倍稼いでいるか。
仮にハントに脳障害があるとしてその原因がレスナー戦であった場合、レスナーの出場を許したUFCがその責任をとって多額の賠償金でも払ってくれるのだろうか。
Posted by もす at 2017年10月30日 21:28
今どうなったのか知らないけどドーピング問題で進展が欲しいんじゃないの?
もうインチキファイターとやりたくないんだろう
Posted by くるま at 2017年10月30日 21:30
ファーストクラスでラスベガス行けるなんて、俺なら即行くけどなぁ〜笑
Posted by dss at 2017年10月30日 21:36
デイナは団体に批判が出たら、「ショーグンが試合断った」「ハントが試合断った」「エヴァンスが○○と言ってた」とか言って後付の説明して、すぐに選手から「それは嘘だ」と見事に反撃食らうから鵜呑みに出来ないな。
Posted by てか at 2017年10月30日 22:18
一応、上で何人か誤解してるようなので。
デイナがラスベガスで検査受けろといったのは、他の記事見ると
『ハントがシドニーの2つの病院で脳の検査を行い、試合出場に支障がない旨の診断結果を得た後。』の可能性が高いようなので、
デイナ側だけの時系列のない言葉を鵜呑みにしちゃダメだよ。
Posted by てか at 2017年10月30日 22:58
ハントは、多くのステロイダーが野放しになってる事、あらゆる理不尽をUFCが野放しにしてる事に1番怒ってるんじゃないかな。

この記事でデイナが主張してる事自体は、100%支持するわ。
Posted by あ at 2017年10月30日 23:24
シドニーの2つの病院で検査をしていたのが確かだとして、それが三たびラスベガスで検査する事を否定する根拠になるかは微妙かな。
本当に脳に問題がないなら、ラスベガスでも検査して健常であるのを証明すれば良いだけだと思うが。

基本的に今回のデイナは正論しか語っていないので、ハントには分が悪いな。

少なくとも、本当に提示した条件での検査のオファーをしたのにも関わらずハントが拒否したのであれば、欠場させる判断自体は妥当。
単にシドニーの病院での診断を否定しているだけではないので、判断には矛盾がない。
Posted by TBA at 2017年10月30日 23:49
ハント擁護ではないが
デイナは普段胡散臭いから真実言ってても信じられないよ。
Posted by い at 2017年10月31日 00:04
試合を組むことと、ジューサーに罰則が不十分なことを一緒にしても仕方ないんじゃないですかね?
試合組むのは契約と雇用があるから、であって、
それにより高い利益を見込むから、、に過ぎません。
ハントが指示通りに検査を受けなかったのは、彼を事務的にハンドリンできない組織構造の問題であって、詰まる所、紙っぺら1枚で片付かない「オーナーとパートタイマーの意識格差の問題」じゃないですかね?ハントはバイトじゃないけど。

ハントを試合に出して稼ぎたいなら、うまくコミュニケーションしてうまく扱えっていうハナシだと思います。
ディナとしては、メンドくさいのでしょうけれど。
Posted by なつ at 2017年10月31日 00:18
多くの選手からUFCに対して色んな不満や問題が起こってるね。

こんなことずっと続いてるといつか団体が枯渇しそうだな。
Posted by UFC厨 at 2017年10月31日 00:39
ハントの大ファンだからいつも応援してる。
でもデイナは昔から選手の安全に関してはかなり口うるさいので、いちファンとしてそういう部分は信頼できる。今回の件に関してはデイナを支持する。
Posted by っな! at 2017年10月31日 01:33
PEDの問題はあるけど今回の件とはなんの関係もない。検査を拒むあたり本当に脳のダメージがあるんじゃないのか。
Posted by 増すパン at 2017年10月31日 01:42
デイナの言ってることが信用できないとしても、「ハントがUFCを訴えたあとも試合を組んでいる」というのは紛れもない事実。だからハントの言う「UFCを訴えているから試合をキャンセルされた」という理屈は成立しないし、UFCにとってもハントの試合を中止にするメリットは何もないから、このことで嘘をつく理由がない。
Posted by 増すパン at 2017年10月31日 01:52
結局双方の意見の食い違いという感じ

ハントはジョーダンではないにしろ
少しの障害を誇張してコメントした
でももちろん欠場する気なんてさらさらなかった

ufcはそのコメントを額面通り受け取って
「ラスベガスで検査しないと出させない!」
と命令した

ハントは「大げさだよ、検査なんてしないで大丈夫」
ってスルーして居たら
ufcは一方的に欠場を決定した

まあどちらが悪いかと言えば
やはり誤解を招くようなコメントをしてしまったハントに分が悪い話かなと思う

だが根本はハントのufcへの不信感が
障害があるというコメント→検査拒否という行動に
つながってしまったんだと思う
Posted by say at 2017年10月31日 03:53
ほらね。これでもUFCが試合取り消した事に反論してる奴や、前の記事で連絡報告やらの低レベルな発言をしてた奴は何なんだ?こんなシビアな問題でデイナが嘘付くわけないだろ。
Posted by l at 2017年10月31日 08:06
そうか、シドニーで病院に行った後での話か。いくらファーストクラスだからって時差がある国に移動して検査受けるってそれなりの負担だし、嫌がるのもわからないわけでもない。最近の日本の医療だとCTの結果はデータとして患者に提供されるが、シドニーの病院の結果を見せればいいってことじゃなかったのかな。
いずれにしても両方の言い分を聞かないとどっちが正しいとかは言えないね。少なくともデイナはこれまでも嘘が多くてあまり信用できないし。
Posted by mk at 2017年10月31日 10:14
ハントはもうUFCを見限っちゃっていいんじゃないかな。
UFCを選手側から浄化するのは残念ながら不可能だよ。
Posted by GDP at 2017年10月31日 11:50
ラスベガスのUFCの指定した病院・・
疑りたくなる気持ちはわかる(笑)
Posted by あ at 2017年10月31日 13:51
てかさんが指摘されていますが、他の記事と併せて読むとダナが時系列を無視して話してる可能性もありますけどね。(ハントは国内の病院検査で異常なしとの診断結果)この発言を以てダナは嘘を付いていない、真実だけを話しているとするのは早計では。行き違いが生じている可能性が高いし、何にしても両者はしっかりコミュニケーションを取るべきだったと思います。喧嘩両成敗。
Posted by もふ at 2017年10月31日 16:18
>ラスベガスのUFCの指定した病院・・
疑りたくなる気持ちはわかる(笑)

意味がわからない??極端な話、ハントの選んだ病院とかハントの身内かもしれないし信用できないから、ちゃんとUFC側の用意した病院で検査しろて事だろ?ごく普通の話。これの何が疑わしいのか?ハントの拒否する行動の方が、はるかに疑わしいけど?
Posted by え at 2017年10月31日 16:47
>訴訟をおこしてるのに2回も出場させるか?

これはむしろ恨まれる案件なのでは・・・
Posted by そうえん at 2017年10月31日 16:57
レスナーは6月28日に陽性反応が出たのに7月9日にハントと試合させた。
その試合結果がノーコンテスト、ファイトマネー10%罰金の処分が決まるまで5か月もかかってる。
こんな事があったんだからハントが疑ってもおかしくはないよな。
Posted by あ at 2017年10月31日 18:37
>てかさん>もふさん
Lou Ruvo Brain Center — which is the best in the world for brain research —
デイナは脳の研究において世界最高の病院で検査を受けるように言っているわけなので、ハントがオーストラリアで検査をすでに受けたとかは重要ではないと思いますよ。
たとえば難病の疑いがあるときに、会社から世界最高の病院を用意したから行ってこいと言われて、もう地元の病院で検査受けましたから大丈夫ですが通用するかっていうと、やっぱダメでしょうし。
Posted by y at 2017年10月31日 18:39
難病というか、仕事に支障がでてくる病気の疑いがあるとき、ですね。
今回もUFCのスタッフとハントのマネージメントが間に入っているようなので、いつものごとく食い違いや行き違いがあってもおかしくないですが、デイナがあえて時系列を隠して話してるというのは考えすぎかなと思います。
オーストラリアで検査クリアした後の話であっても、世界最高の病院(研究機関?)で検査受けなきゃダメだっていうのは、別に矛盾することではないと思うので。
Posted by y at 2017年10月31日 18:49


事実誤認。レスナーは「6月28日に陽性反応が出た」のではなく、「6月28日に採取したサンプルから7月14日に陽性反応が出た」
検査に一ヶ月くらいかかるのは他の例から見ても普通だし検査をしたのは公的機関でUFCじゃない。
Posted by 増すパン at 2017年10月31日 19:40
yさん
インタビューのタイミングなど含め「意図せず時系列を無視している可能性」についての話です。もちろんダナの言うことなので敢えて嘘をついてる可能性もありますが。
Posted by もふ at 2017年10月31日 21:24
>yさん
それに関しては、ハントみたいな金持ち&トップスポーツ選手が脳の検査に選ぶようなオーストラリアの最高クラスまたはかなり優秀と想像できる2つの病院での検査でも試合に出場させるのは問題ないわけです。
なのに、UFCは現在のアメフト問題の世論の厳しさを考えて、自分たちの団体への批判を避けるために、アメリカ民にとって分かりやすく自分たちに都合の良い場所での検査を望んでると考えるべきかなと。

本当に安全を考えてるなら、ハントに「そんなに俺の健康が心配なら、選手が薬物使用の危険なファイターに殴られないようにドーピング選手のファイトマネーを取り上げるなど抑止対策してほしいという要望を何度言っても、なぜ未だに断り続けるんだ?
そっちの方が選手の脳に問題を引き起こす要因だろ。」って言われてる方も考えないといけないかなと。
Posted by てか at 2017年11月01日 00:00
ネットアホは最後に出てきた記事(今回はダナの話)を鵜呑みにするのね。誰でもいいから文句言いたいだけだろ。
ハントに社会勉強したほうがいいとか、お前がしろよって感じ。
Posted by だめだ at 2017年11月01日 00:33
>てかさん
薬物使用がダメなのは当然ですが、危険というならレスナーやミアに殴られるよりもハントやルイスに殴られるほうがよほど危険なはずですし、選手の安全や健康の問題とは分けて考えるべきだと思います。ハント関連でいえば、ミオシッチ戦のストップのタイミングのほうが、よほど安全と健康という点では問題あったと思いますが、そのことをいま議論しても意味ないのと同じです。
あと、現在でも未解明の部分が多く専門性の高い分野でそれはないと思います。
Posted by y at 2017年11月01日 01:45
ハントやルイスの一撃で意識を刈り取るKOよりもレスナーやミアにパウンドで何度も何度も脳を揺らされる方が危険じゃないですか?ボクシングのリング禍が一撃KOより何度も脳が揺らされる試合で起きているように
Posted by hammer at 2017年11月01日 02:49
>ネットアホは最後に出てきた記事(今回はダナの話)を鵜呑みにするのね。誰でもいいから文句言いたいだけだろ。
ハントに社会勉強したほうがいいとか、お前がしろよって感じ。

自分が一番アホなんじゃないの?w普通は話のフローとして前の発言を前提として話をするわけだから、最後に出た発言が一番信憑性高くなるに決まってるだろ。この後、ハントがちゃんと説得力のある返しを出来ればハントの話の信憑性が高くなる。ただ、前回はあんなタイムリーにインスタで怒りをぶちまけてたのに、今回は反応遅いね。って事は、あながちこの記事は間違いではないね。君もハント擁護ばかりじゃなく、相対的に見て判断できるようになろうよw
Posted by はは at 2017年11月01日 13:57
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索