RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年10月20日

11.11『ROAD FC 44』で藤田和之 vs. アオルコロが決定

藤田和之、150kgの巨漢と対戦。下石康太・藤野恵実・根津優太も出場:11.11 中国(バウトレビュー)

Aori Gele(Sherdog)
◆第2部

第5試合 メインイベント 無差別級
アオルコロ [Aorigele](中国)
藤田和之(TEAM FUJITA)

第4試合 100万ドル争奪ライト級トーナメント準々決勝
シャミル・ザブロフ [Shamil Zavurov](ロシア)
アマルトゥシン・フーヘンフー [Amartuvshin Khuukhenkhuu](モンゴル)

第3試合 100万ドル争奪ライト級トーナメント準々決勝
バオ・インカン [Bao Yincang](中国)
下石康太(BLOWS)

第2試合 100万ドル争奪ライト級トーナメント準々決勝
ホニス・トーレス [Ronys Torres](ブラジル)
トム・サントス(ブラジル/ブラジリアン・タイ)

第1試合 100万ドル争奪ライト級トーナメント準々決勝
マンスール・バルナウイ [Mansour Barnaoui](チュニジア)
ナンディンエルデン [Munguntsooj Nandinerdene](モンゴル)

◆第1部(全7試合)

第4試合 女子ストロー級
藤野恵実(FIGHT FARM)
Aline Sattelmayer(ブラジル)12勝10敗

第2試合 バンタム級 
根津優太(Team&Mosh/元修斗環太平洋フェザー級(60kg)王者)
Baasankhuu Damlanpurev(モンゴル)4勝1敗 サンボの世界大会でも2度優勝

第1試合 ライト級
Huang Zhenyue(中国)
岩田啓輔(マーシャルアーツファイターズ チーム侍)

 11月11日に中国河北省・河北体育館で開催する『ROAD FC 44』の主な対戦カード。藤田和之は昨年9月の『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』でバルトに判定負けして以来のMMA復帰戦。最近東スポでMMA復帰を示唆していました。

 アオルコロは「カンフーパンダ」との愛称で呼ばれ、9戦5勝3敗1無効試合。無効試合はローブローによるアクシデントのもので、それ以外のROAD FCの試合ではいずれもTKO勝ちで、ボブ・サップ、川口雄介、増田裕介を下している。下の動画は9月の増田戦。増田のタックルを切ってすぐにバックマウントを取りに行くスキルを備えており、3Rになっても動きは落ちず、パンチの連打でTKO勝ちしている。



カンフー・パンダ3 [Blu-ray]
カンフー・パンダ3 [Blu-ray]

posted by ジーニアス at 18:07 | Comment(0) | アジア格闘技 | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索