RIZIN2017__1015_04.jpg

2017年10月13日

フランク・シャムロックが10.15 RIZIN福岡大会・桜庭和志戦についてコメント



 『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣- 』で桜庭和志とグラップリングルールで対戦するフランク・シャムロックがインタビューでコメント。

「6カ月前に解説で来日して以来の日本になる。僕は総合格闘技で成功したと思っている。ただ、ひとつ残念に思っていたのは、桜庭と対戦できなかったこと。今回のオファーで対戦できて嬉しいよ。グラップリングは大好きなんだ。互いに歳を取ったからパンチが無いのはいいことだ(笑)。サブミッションもしっかり練習してきたよ。

桜庭とは互いに同時代に活躍してきた。世界でただ一人僕と同じスタイルなのが桜庭だ。日本に滞在しているときに同じルーツを持った。桜庭は特別な存在でファイティングスピリットやベストを尽くすところが素晴らしい。勝者としても敗者としても学ぶべき存在だ。

(もしMMAで対戦していたら?)18年前ならKOしていたよ。今回はチョークだ(笑)。RIZINには好感を持っているよ。引退試合をしたいと思うただ一つの団体だ。日本では対戦相手に敬意がある。MMAはファンにとってエンターテインメントのひとつだけど、スポーツとして達成されなければならない。格闘技は文化やライフワークとしてもっと成長すると思っている。そんな時代が来たことを嬉しく思うよ。日本で試合をすることは家に帰ってきたような気持ちさ

 やはりセコンドにはモーリス・スミスが付くそうです。


posted by ジーニアス at 14:47 | Comment(0) | RIZIN | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索