RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年10月13日

UFC 215&UFC 216のPPV契約数は記録的な低迷

UFC 215 and UFC 216 Pay-Per-View Numbers Reportedly Bottomed Out(MMAWeekly)

 WrestlingObserverによると9月9日に生中継された『UFC 215: Nunes vs. Shevchenko 2』のPPV契約数は10万件、10月7日に生中継された『UFC 216: Ferguson vs. Lee』のPPV契約数は12万件だったとのこと(どちらも推定)。ここ10年でUFCのPPV契約数が推定で12万5000件を下回ったことはありませんでした。

 2016年はコナー・マクレガー、ロンダ・ラウジー、ブロック・レスナーらの効果で100万件以上を達成した大会は5回(『UFC 196: McGregor vs. Diaz』、『UFC 200: Tate vs. Nunes』、『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』、『UFC 205: Alvarez vs. McGregor』、『UFC 207: Nunes vs. Rousey』)ありましたが、今年は1度もありません。

低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー
低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー

posted by ジーニアス at 12:48 | Comment(12) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
UFCもビジネスだからな
ますますコナーを特別扱いするしかなくなる
Posted by あなぼりっ君 at 2017年10月13日 13:15
ライト級暫定王者決定戦とフライ級の歴史的防衛記録更新の大会で12万件なのか...。個人的には面白かったし、注目してた大会だったのに。そりゃコナーマクレガーか発言力持つわけだ。
Posted by よ at 2017年10月13日 13:15
確かにコナーはPPV売上げるから、特別扱いになるんだろうけど、それはカネに関する話で、マッチメークにまで特別扱いを持ち込むなよ。

カネは貰う、そのかわり誰とでも闘う、くらいの男気をみせてほしい。
Posted by F2000 at 2017年10月13日 13:24
視聴率が悪かったり、空席が多かったりする大会がUFCでも増えてきてる気がします。
アメリカのMMA人気にも少し陰りが見えるのかな。
Posted by bes at 2017年10月13日 13:36
PPV12万件ってことは、DJはどのみちボーナスなしか(´・ω・`)
Posted by DDD at 2017年10月13日 14:55
経営者が変わった途端にこの有様とは
ダメだこりゃ!
Posted by AI at 2017年10月13日 15:31
マクレガーはまだ売れると思いますが、今後の最大の問題はマクレガーの人気が尽きた時ですよね。
本当はJJがUFCの人気を牽引していくはずの人材だったけど、自滅してしまったしね。
こーなると、やはりラウジーはまだもう少し頑張るべきだったと思う。
あっさりと辞めてしまったから、結局人気を誰にも引き継げていないもの。
Posted by あ at 2017年10月13日 19:41
軽量級は中国かインドのスター選手が出てくれば盛り返すと思うけど、違法視聴との戦いが激化しそう
Posted by くれいじー at 2017年10月13日 19:44
大会数増えてるからなー。
どうしても見たいナンバーは買って、見たいけど買うまでいかないのはネットでみれるからいいやって人が多そう。
Posted by テレコ at 2017年10月13日 19:53
>>確かにコナーはPPV売上げるから、特別扱いになるんだろうけど、それはカネに関する話で、マッチメークにまで特別扱いを持ち込むなよ。

確かにダメな事だよね!でもマクレガー頼みだからこそ売れるマッチメイクを組んじゃうのだろうね…マクレガーも金になる試合がしたい…UFCも商売…難しいですね。
絶対ダメだけど…
Posted by 坂田 at 2017年10月13日 21:37
デイナはDJのこともボーグのことも称賛していたけど、こうなってくると厳しいかな・・・。
フライ級新設にあたってトーナメントで王者決めたり、地上波FOXのメインに起用したり、TUFで挑戦者決めたりと色々UFCも手を打ってはいるんだけど。
キャラウェイ対サンダースとかローラー対RDAとか最近決まった試合見てもカード自体はいいのがどんどん組まれているのに、そういったカードの価値観が相対的に下がってしまっているように思うから、そこを修正できるか否かが今後にかかっているように思う。
Posted by y at 2017年10月13日 23:30
競技面や王座戦の重さを軽視してきた結果もあると思う。

真面目に実力を発揮して勝ち続けてきたジョンソンやファーガソンが地味な存在と映るのは、UFCというイベントが派手で一般層にも受けのよい面を優先し続けてきたから。

5年前、10年前と比べても雰囲気がかなり違う。
やはりマクレガーにもちゃんとタイトルマッチをやらせて、1選手よりタイトルの方が重いものだという基軸を築き直さないといけないと感じる。
マクレガーのような存在がいつまでも売上を牽引出来るとは限らない。
Posted by もす at 2017年10月14日 00:55
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索