2017年10月11日

ジョン・カヴァナ「コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス3は3月にやれれば最高だ」

ジョン・カヴァナ「コナー・マクレガーの年内の復帰は難しいと思う」(2017年09月10日)

UFC 219でコナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス3の噂/デイナ・ホワイトは否定(2017年09月25日)

 こちらの続報。

John Kavanagh calls for Conor McGregor vs. Nate Diaz 3 on St. Patrick’s Day(MMAFighting)

 コナー・マクレガーのヘッドコーチ、ジョン・カヴァナが以下のコメント。

「12月30日(UFC 219)は間違いなく無い。どこからそういう話になったのかは分からないが、コナーのマネージャーから電話があって彼と話し合ったと言ってたので、これから復帰戦の日程を検討するところだ」

「これはあくまで私の考えで実際にそうなるわけではないが、私なら3月にネイト・ディアスとやらせるね。私はそれを押したい。セントパトリックス・デー(3月17日でアイルランドの祝日)にニューヨークでネイト・ディアスと3戦目だ。そうなれば絶対に素晴らしいし、私はそうしたい」

三月生れ HDリマスター [Blu-ray]
三月生れ HDリマスター [Blu-ray]
posted by ジーニアス at 23:38| Comment(12) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暫定王者いるのにvsネイト3って言われてもなぁ。
Posted by MIT at 2017年10月11日 23:48
統一戦やらないなら返上すべきだろうさっさとファーガソンにぶちのめされて休養宣言してディナに「彼はもう復帰しないだろう彼は十分稼いだからもうそれでいいじゃないか。」とか言われて欲しい。
Posted by 砂くじら at 2017年10月11日 23:53
マクレガーはファーガソンと、ネイトはヌルマゴと、両者それをクリアしてのトリロジーなら誰も文句は言わんし、メチャクチャ盛り上がるよ。

とにかくファーガソンはヌルマゴと違って条件満たしてるんだから戦ってくれ。
Posted by りく at 2017年10月11日 23:54
コナーの登場によってビジネスとしては大成功だが、他の選手にとってはたまったもんじゃないな。
ファーガソンは果たしてどうなるか。
Posted by Rampage at 2017年10月12日 00:05
ネイトはバルボーサもしくはゲイジーvsアルバレスの勝者と戦って勝てばトリロジーもありかな。ネイトが上位ランカーを撃破しないと流れとしても盛り上がらない。

ヌルマゴメドフはもう8位くらいに落としちゃえよ。試合が不確定すぎる。ケビンリーと戦うのがいいと思う。
Posted by FAT at 2017年10月12日 01:07
ネイト3のほうがいい!絶対盛り上がる!
ファーガソンでは盛り上がりに欠ける
マクレガーとネイトはまず決着をつけて、それからファーガソンを相手にすればいいだけ
Posted by kou at 2017年10月12日 02:10
コナーの相手はファーガソン以外ないでしょ。
ファーガソン負けたらヌルマゴと列はいっぱい並んでる

ネイトはゲイジーでいいんじゃないかな
ゲイジー相手ならビッグマネーももらえるとおもうし
Posted by ぱみー at 2017年10月12日 03:20
他の選手にとってはたまったもんじゃない?
確かに同じ階級にいるだけでコナーという宝くじに当選する可能性があるんだからたまらないだろうね

実際ネイトはそれを当てて大金持ちになった。やられはしたがエディーアルバレスも当選者の1人だろう。
頑張ってアピールすればコナーとやれるかもしれないという可能性は、もはやベルトに挑戦することよりも価値がある。
Posted by もこ at 2017年10月12日 04:43
全然最高じゃないね!
まずファーガソンとやってその後でしょ
Posted by コロナキッド at 2017年10月12日 08:22
ほらきた。

一番激戦区のライトとミドルのチャンピオンシップがグダグダなせいで、UFC号も沈みそうでござる。

フェザー王座獲得から考えると、こいつ2年以上というか一度も防衛戦してないぞ。
Posted by F200 at 2017年10月12日 08:36
カヴァナは大変なことを言い出すよな 笑

自分の取り分も多くなるからそうしたいのか?
Posted by ビッグまさ at 2017年10月12日 10:34
ネイト戦組まれるだろうな~

マクレガー陣営はUFCに対して上から交渉出来ますからね~
Posted by cs at 2017年10月12日 12:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください
記事検索