2017年07月20日

『UFC Fight Night 113: Nelson vs. Ponzinibbio』メディカルサスペンション

UFC-Glasgow medical suspensions: 'Fight of the Night' recipient Daniel Teymur gets potential 6-month term(MMAJunkie)

 UFCが『UFC Fight Night 113: Nelson vs. Ponzinibbio』のメディカルサスペンションを公表。

 ジャスティン・ウィリスが肋骨の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ニール・シーリーが肋骨の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ダニエル・ティーマ-が右手の負傷により医師の診察をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 ブレット・ジョンズが右肩の負傷によりMRI検査をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 アマンダ・レモスが右手親指の負傷によりレントゲン検査をクリアするまで最大180日間の出場停止。

 その他の選手は60日間以内。KO負けしたグンナー・ネルソンでも45日間でした。

医者は患者をこう診ている: 10分間の診察で医師が考えていること
医者は患者をこう診ている: 10分間の診察で医師が考えていること
posted by ジーニアス at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索