2017年07月13日

『TUF 25 Finale』『UFC 213: Romero vs. Whittaker』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『TUF 25 Finale』&『UFC 213: Romero vs. Whittaker』の結果を受けてUFC公式サイトがメデイア投票ランキングを更新。

 バンタム級はロブ・フォントが2ランクアップし13位。

 フェザー級は6位にいたアンソニー・ペティスがライト級に復帰したことを受けて7位以下のファイターが概ね1ランクずつアップ。ジェイソン・ナイトがランク外から15位にランクインしています。

 ライト級はジャスティン・ゲイジーが6位にランクイン。ゲイジーに敗れたマイケル・ジョンソンが4ランクダウンし9位。アンソニー・ペティスが13位にランクイン。これによりフランシスコ・トリナルド、ジェームス・ヴィックがランク外に落ちています。

 ミドル級はロバート・ウィテカーが暫定チャンピオンに。ウィテカーに敗れたヨエル・ロメロは1ランクダウンし2位。4位にいたゲガール・ムサシ離脱を受けて5位以下の選手が概ね1ランクずつアップ。チアゴ・サントスが14位、ブラッド・タヴァレスが15位にランクイン。サム・アルヴィーがランク外に落ちています。

 ライトヘビー級はジャレッド・キャノニアが15位にランクイン。ヤン・ブラコビッチがランク外に落ちています。

 ヘビー級はアリスター・オーフレイムが2ランクアップし1位。オーフレイムに敗れたファブリシオ・ヴェウドゥムが1ランクダウンし2位。アレクセイ・オレイニクが3ランクアップし11位。オレイニクに敗れたトラヴィス・ブラウンは5ランクダウンし14位。カーティス・ブレイズが15位にランクインし、ダニエル・オミランチョクがランク外に落ちています。

 パウンド・フォー・パウンドはロバート・ウィテカーが13位にランクイン。これによりフランク・エドガーがランク外に落ちています。

ダイヤモンド・セレクト 17年8月号 (中高一貫校・高校 大学合格力 ランキング)
ダイヤモンド・セレクト 17年8月号 (中高一貫校・高校 大学合格力 ランキング)
posted by ジーニアス at 01:19| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲイジー6位か。
上はバルボーザ、下はアイアキンタとの試合がみたいね。
MJの5位は少し疑問だったからまぁいい位置に行ったのかなと。
Posted by テレコ at 2017年07月13日 08:11
アリスター1位
またチャンピオンシップめぐってきたか?
今度こそとってほしい
Posted by ビッグまさ at 2017年07月13日 10:56
ガヌー早く上に来い
Posted by a at 2017年07月13日 14:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索