RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2017年06月19日

元UFCファイターのティム・ヘイグがボクシングでKOされ死去

Report: UFC vet Tim Hague in critical condition following KO loss in boxing match(BloodyElbow)

Former UFC fighter Tim Hague dies from injuries sustained in boxing knockout loss(BloodyElbow)



 元UFCファイターのティム・ヘイグが6月16日にカナダ・エドモントンで行われたアダム・ブレイドウッドとのボクシングマッチで2ラウンドKO負けしたことで重体となり、6月18日に死去したとのこと。享年34。1ラウンドの時点で3度もダウンしています。

Tim Hague(BoxRec)

 この試合の前の時点でティム・ヘイグのボクシング戦績は1勝2敗、アダム・ブレイドウッドは7勝1敗だったことからミスマッチだったのではとの指摘もあります。

Tim Hague(Sherdog)

 ティム・ヘイグはMMA戦績21勝13敗、UFC戦績1勝4敗。『UFC 98: Evans vs. Machida』でパット・バリーに勝利しています。謹んでご冥福をお祈りします。

posted by ジーニアス at 11:02 | Comment(38) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
ご冥福をお祈りします

ドリームマッチを前に物議をかもすこと必至ですね
Posted by あなぼりっ君 at 2017年06月19日 12:50
格闘技はエンターテイメントでありながら本当に危ないスポーツ
今一度考えさせられる最悪の出来事だ
Posted by 白角田ウベダ at 2017年06月19日 13:42
随分とタイムリーというか、メイ対マクレガーに影響なければいいんですが。
亡くなった選手にはご冥福をお祈りいたします。
Posted by ssa at 2017年06月19日 13:56
教訓にしないといけない。
ファイターは限界を超えて戦う。
レフリーは早いと文句を言われても止めないといけない。

それにしても直前まで目力はあっただけに。。

ご冥福お祈りします。
Posted by mr_st at 2017年06月19日 14:02
試合の映像を見る限りあまりボクシングの技術が無い様に見受けた。ラッシュを受けても下手に丸まって屈みすぎだった。残念ながらinevitableだったのかもしれない。
Posted by ヨーロッパ at 2017年06月19日 14:10
ルールに問題があるな
Posted by MMA at 2017年06月19日 14:21
ボクシングってMMAより比較的死亡事故多いんだな
Posted by www at 2017年06月19日 18:14
1Rの開始早々、後頭部に1発

2回目のダウンは、完全に後頭部にもらってダウン

しかし、ダッキングで頭下げすぎる癖があるから
しかたないとも思える。

その後も、かがんで頭下げるもんだから
耳の後ろにパンチもらっている。

この戦い方はとてもリスキーだ。
みんなも、気を付けよう。
Posted by リッケルト at 2017年06月19日 19:56
ボクシングは本当に危ない。
MMAも危ないけど、MMAはレフェリー次第。
ボクシングは、ダウンしても回復の時間が与えられるから致命的なダメージを受けても続行してしまう可能性がある。
頭部への打撃の数も多い。

フリーノックダウン制は絶対にやめるべきだと思う。
Posted by もす at 2017年06月19日 20:34
なんで1R3ダウンで続行してんだ・・・
Posted by そうえん at 2017年06月19日 21:21
今思えばメイ対マクレガーってよく許可されたもんだな。経験者レベルでもミスマッチって議論されるぐらいなのに
Posted by mk at 2017年06月19日 21:25
MMAで実績ある選手がボクシング転向したとき、なかなか相手が見つからないんだよね

元UFCファイターってだけでもう同時期にライセンス取った人間は絶対避けるからこういうマッチングになってしまったのかな
Posted by くれいじー at 2017年06月19日 21:46
ssaさん
私も同様のことが頭をよぎりました。お金になり楽しいならどんなお祭り格差マッチでも決行してよいのか?など、我々ファンもコナーvsメイウェザーの在り方について真剣に議論すべき時なのかもしれません。
美憂姐さんや那須川やRENAなどのMMA素人にガチの強豪当てろと騒いでる声の大きな人達もこの記事から学んでほしいですね。徒手格闘でのミスマッチは最悪このようなリング禍が起こりうるんです!
Posted by 特命 at 2017年06月20日 01:13
倒れた時に後頭部強く打ちすぎてしまったんだな・・・
体つき見ても戦績的にもまず勝てそうに無い相手でミスマッチではあったかも
ご冥福をお祈りします。
Posted by ホークアイ at 2017年06月20日 02:05
>特命

逆でしょ!
那須川やレーナをプロテクトしてるのはお金になるし盛り上がるからだし、ガチの強豪というよりもプロと呼べないような素人はやめろと言ってるだけで。つまりこの記事から学ぶべきは「過剰なプロテクトはよくない」でしょ。
それにしてもすごい言いがかりだな。笑
Posted by 夏 at 2017年06月20日 14:35
>コナーvsメイウェザーの在り方について真剣に議論すべき時なのかもしれません。

何言ってんだ?素人があんまり玄人ぶったコメントしても笑えるwマクレガーのパンチテクニックの高さ、試合見てわからないのか?一部のメイウェザー擁護の意見を真に受けすぎな奴の典型だな。格闘技で死んだくらいで、いちいち深刻なるなよwファイターはみんな覚悟してるわ。究極は相手を殺す競技だぞ?1000発もらってもらって死ななくても一発で死ぬ時もある。そーいうもんなんだよ。
Posted by は at 2017年06月20日 15:28
ボクシングは戦績を見れば、デビュー戦や1勝2敗の選手が10勝0敗の選手と試合したり、
10勝0敗の選手が0勝15敗や0勝20敗の選手と試合するようなのが多いですよね
24勝無敗の前王者が、16勝20敗の10連敗中の選手と試合したり
メイウェザーとマクレガーもミスマッチでしょうが、戦績の格差マッチについては根本的な問題があるとは思います
Posted by DA at 2017年06月20日 17:35
>つまりこの記事から学ぶべきは「過剰なプロテクトはよくない」でしょ。

MMA素人同士が試合したら過剰なプロテクト?2ちゃんのやり過ぎで頭おかしくなってません?「つまり」からの総括は意味不明・唐突すぎて笑いました。すっごい言いがかりだよ!

>素人があんまり玄人ぶったコメントしても笑えるw

コナーvsメイウェザーはその玄人、プロボクサーや関係者たちから笑われてるらしいですね。究極は相手を殺す競技?……格闘技を語る能力はゼロでも読者を笑い殺す才能はあなたにはありそうです。刃×とかの格闘マンガ読みながらヨガ体操でもしといてくださいヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
Posted by 特命 at 2017年06月20日 18:37
考えてみると、mmaは関節で終わる事もある分、
ある意味ではボクシングより安全なのかもな…。
Posted by 筋肉 at 2017年06月20日 18:50
>特命

那須川はキックボクシングなら世界レベルだろ?
PRIDEで言えばミルコみたいな選手だよな?
そんな選手がMMAは始めて間もないからって立ち技も寝技もできない本当の素人と試合するのがフェアだと思ってるのか?
あんた見る目なさすぎだし、かわいそうだけど頭の中が逆になってるぞ。笑
Posted by 夏 at 2017年06月20日 20:29
たしかオープンフィンガーグローブはボクシンググローブと比べて薄くて軽いから、内部への衝撃の浸透性が低く後遺症が残りにくいと科学的データで出てたよな。

しかもMMAは倒れた相手がラッシュを受けて反撃のそぶりを見せなければレフェリーが止めに入る。立ち技競技と違ってダメージ回復の時間をほとんど与えないから、ダメージの蓄積があってもやる気と気力の続く限り続行するというわけでもない。

MMAは肘、膝、頭からのバスターを抜けば見た目の野蛮さのわりに意外に安全な格闘競技とは言えるな。
Posted by む at 2017年06月20日 21:01



ミルコの対戦相手は藤田 シウバ アタエフ ヒーリングといった「本物」のMMAファイターだったわけですが名須川はどうでしょうか?笑

RENAにしても中井や村田とやったら負け確定なのに女王面してるし
Posted by あ at 2017年06月20日 21:18
コナーvsメイウェザーは実績豊富なメイが有利でミスマッチ感が否めないが、良く考えるとコナー側が勝ってる点って階級が上な点。一撃の重みはメイより上かもしれないから当たれば逆転もありうる。
メイはもともとKO狙いに行くタイプじゃないので、今回のような惨事には至らないと思う。
Posted by toki at 2017年06月20日 21:35
>MMA素人同士が試合したら過剰なプロテクト?

じゃあお前が天心と戦えばいいじゃん。お互いMMA素人同士だから問題ないよな。事故も起きないよな。バカなんだろうな。。
Posted by oi at 2017年06月20日 21:42
那須川はタケルさんとの試合が期待される段階で、国内トップの座すらまだ確実なものにはしてません。世界を語るにもミルコと肩を並べるにも18歳の高校生には経験も時間も必要でしょう。
そしてキックでは国内トップクラスの那須川でも、MMAではアマレベルのニキータさんに腕を伸ばされあわや一本負けしそうになるのがMMAでのリアルな実力です。
中期MAX最強の座を欲しいままにしたサワーさんがライジンでアンフェアな相手をぶつけられた途端どうなったか……見る目のない夏さんは身近な例から学ぶべきですヤレヤレ ┐(´ー`)┌ コマッタネ
Posted by 特命 at 2017年06月20日 21:54
この記事から学ぶべきは過剰なプロテクトはよくないはさすがにワロタ
Posted by ssa at 2017年06月20日 23:30
>あ

ん?同じ意見だけど?それは頭の中が反対になってる特命って人に教えてあげてください

>特命

>国内トップの座すらまだ確実なものにしていません

だから何?トップだろうがトップレベルだろうがこの場合そんなに重要?
そんな事言ったらミルコだってトップの座が確実だったなんて言えないだろ。それなのにサワーは最強の座を欲しいままにした?揚げ足取ってるだけだろ。

それにサワーがライジンで負けたのはUFCにも出てた選手とレスリングのオリンピック選手だが?
それを最近の那須川の対戦相手と同列に語るなんてもうむちゃくちゃ。笑

一つのシーンを取り上げて「MMAでのリアルな実力です」とか、もはやギャグでしょ?

あんたの人生がうまくいってないとしたら、その脳内編集のせいで現実が反対に見えてるからだと思うよ。笑
Posted by 夏 at 2017年06月20日 23:47
>ssa

そこまで間違ってはいないと思うけど?
少なくとも「美憂姐さんや那須川やRENAなど〜」よりは何倍も。まあ、理解できる人はそんな皮肉コメントいちいち書かないだろうし言っても無駄だよな。
Posted by 夏 at 2017年06月21日 00:01
>RENAにしても中井や村田とやったら負け確定なのに女王面してるし

階級違うのに比べる意味あるのか?

天心プロテクトとか言われてるけどMMAならそんなにオッズに差はつかないだろう。少なくとも今回のコナーvsメイウェザー以上のオッズ差がつくような試合はした事ない。
Posted by JJ at 2017年06月21日 00:29
前のコメントで指摘されてるように、後頭部結構殴られてますよね…実力差+フリーノックダウン+後頭部への打撃…起きるべくして起きてしまった感じがします。
Posted by R at 2017年06月21日 01:06
特命さんの方が正しい。
天心はキックやってようと総合・柔術始めて数ヶ月なので段階踏むのは当然。他の選手がどうとかも関係ない。アーセンも海外試合でキャリア積ませたりしてるし、サワーも次はキャリア似た選手だろう。
Posted by あ at 2017年06月21日 01:14
>じゃあお前が天心と戦えばいいじゃん。お互いMMA素人同士だから問題ないよな。事故も起きないよな。バカなんだろうな。。

MMA素人とはいえ那須川の対戦相手はアマや他競技での試合経験がある格闘家でしょう?彼ら競技者とファンを混同して語るからあなたはリアルでもバカ呼ばわりされるんです。

>それにサワーがライジンで負けたのはUFCにも出てた選手とレスリングのオリンピック選手だが?
それを最近の那須川の対戦相手と同列に語るなんてもうむちゃくちゃ。笑

那須川にサワー路線を歩ませれば彼の二の舞になりますよ、という皮肉だったんですが脳みそ逆さまに付いてる夏さんには理解し難かったようですヤレヤレ ┐(´ー`)┌ ダメダコリャ
Posted by 特命 at 2017年06月21日 02:33
KO(TKO)負けをキャリアで9回している選手が、試合中に複数回ダウンするほどの(後頭部含む)ダメージを負った結果、死亡事故につながった。
というのが学ぶべき教訓であって、格差マッチに原因を求めるのは少し違うんじゃないかな。
キャリアでKO(TKO)負けのない者同士の格差マッチよりも、キャリアでKO(TKO)負けの多い者同士の実力伯仲マッチのが危険なはずだし、見るべきは勝ち負けの数字ではなくKO(TKO)負けの数字かと。
Posted by y at 2017年06月21日 09:03
ひとまず、特命って奴は格闘技未経験ってのはわかったw
Posted by 奈良 at 2017年06月21日 11:47
>> yさん
キャリアでKO/TKO負けなしダウン経験もほとんどなかったプロ選手がTKO負け後に命を落とす事例はボクシングでは普通にありますよ
キャリアが浅い選手のディフェンス技術はベテランよりも拙いケースが多いし格差マッチが危険なことには変わりないと思う
上の動画を見てもオフェンス・ディフェンス面で相当な技術格差があるのは明白だしダウン経験なくてもこういう試合は本当に危険
Posted by rr at 2017年06月21日 17:33
色々考える事はあるけど、訃報のコメ欄で喧嘩するような事なのでしょうか?
Posted by 雑感 at 2017年06月21日 20:53
頭部を中心に、殴り合い、脳震盪を発生させようと試みるボクシングは、脚を使った格闘技よりもはるかに危険度が高い。

全米大学統計では自転車に次いで危険度が高いスポーツである。競技者当たり死亡率は自転車の1/3、フットボールや柔道の3倍、野球の13倍になる。
Posted by gkrsnama at 2017年06月22日 00:27
別の報道によると、ヘイグは教師の仕事をしながらパートタイムで格闘技をやり、途中で5年のブランクを作り、最近8試合で4回KO負け、2ヶ月前にはMMAグローブで行われる非公式のボクシングマッチで40秒KO負けしたばかりだったそうです。
この試合のマッチメイクがどうとか、フェリングやセコンドのストップがどうのという問題だけでは無さそうですね。
Posted by けす at 2017年06月22日 13:19
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索