2017年06月04日

『UFC 212: Aldo vs. Holloway』速報



UFC 212 ‘Aldo vs. Holloway’ Play-by-Play, Results & Round-by-Round Scoring(Sherdog)

UFC 212 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv299633190

 すみません、以前の記事で前座はUFC Fight Passのみと書いてましたが、ニコニコ生放送でもやっています。


▼フライ級/5分3R
マルコ・ベルトラン vs. デイヴィソン・フィゲレド


 1ラウンド。ベルトランプレッシャー掛ける。ジャブ、ロー。フィゲレドテイクダウン、ベルトランすぐ立ち逆に金網に押し込む。しかしフィゲレド再度テイクダウン、クローズドガード。フィゲレドパウンド。ベルトラン下から肘打ち。ハーフに戻す。フィゲレドギロチンチョークも入りが浅い。ベルトラン外すと肘打ち。フィゲレドクローズドガード。下からアームバー狙いもベルトラン外してスタンドに戻る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ベルトラン右ロー、ジャブ。左ロー。左ミドル。右ロー。右ハイ。フィゲレドワンツー。テイクダウン、パスしてマウント。ベルトランハーフに戻す。フィゲレドパウンド、肘打ち。フィゲレド立って猪木アリ状態。ベルトラン蹴り上げもフィゲレド交わしてパウンド。バックを取りチョーク狙いもベルトラン外す。フィゲレド今度はマウント。ベルトランハーフに戻す。フィゲレド立って猪木アリ。フィゲレド足首取ってヒールフックも諦めスタンドに戻る。フィゲレド右ボディ。右アッパー! ベルトランぐらつく! フィゲレド右フック! ベルトランダウン! しかしここでラウンド終了。

 しかし3ラウンドに行くことなくベルトランが続行を断念し試合終了。

 2ラウンド終了、デイヴィソン・フィゲレドTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
ルアン・シャガス vs. ジム・ウォールヘッド


 1ラウンド。シャガスはスイッチスタイル。ジャブの応酬。シャガスワンツー。右ロー。左ハイ。ジャブ。ウォールヘッドワンツー。シャガス左フック。右フック。前蹴り。左ミドル、ワンツー。ウォールヘッドたまらずタックルも切られてスタンドに戻る。シャガスワンツー。右フック、ワンツー。ジャブ。ウォールヘッド右フック。タックルも切られる。互いに前蹴り。ウォールヘッド右フック。シャガス左フック、ワンツー、膝蹴り。ジャブ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ウォールヘッドジャブ。シャガスジャブ、前蹴り。左ロー。ウォールヘッドワンツー、なおもワンツー。シャガス左ローも急所にヒット。すぐ再開。シャガス左ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガスジャブ。左ハイ。ウォールヘッド右フック。ワンツー。シャガスジャブからタックル、金網に押し込む、ウォールヘッドすぐ入れ替え離れる。シャガスジャブ。ワンツー、なおもワンツー。ウォールヘッドジャブに行ったところにシャガスが手を伸ばしアイポークに。ドクターチェック後再開。シャガスジャブ。左ミドル、左ロー、右ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガス右ロー。ウォールヘッドジャブ。シャガス左右ロー。ウォールヘッドワンツー。シャガス右ハイ。左フック! ウォールヘッドダウン! シャガスパウンドからバックを取りチョーク! ウォールヘッドタップ!

 2ラウンド4分48秒、リアネイキッドチョークでルアン・シャガス勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
ヴィヴィアン・ペレイラ vs. ジェイミー・モイル


 1ラウンド。モイル左ロー。右ローもペレイラカウンターのタックル、金網に押し込む。モイル膝蹴り連打。離れる。ペレイラジャブ。モイル前蹴り。ワンツー。ペレイラ右ストレート。ワンツー。モイル前蹴り。ワンツー。ワンツー。ペレイラワンツースリーからタックル、金網に押し込む。肘打ち、離れる。モイル右ハイもペレイラキャッチしワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ペレイラワンツー、クリンチ、離れる。ペレイラワンツー。モイル前蹴り、ワンツー。右フック。前蹴り。ペレイラワンツーからクリンチ、金網に押し込む。ペレイラ入れ替え離れる。ペレイラプレッシャー掛けてワンツー、なおも連打。モイル前蹴り。左ミドル。ペレイラ右フック。モイル右ローもペレイラキャッチし右ストレート! モイルダウンし猪木アリ状態。ペレイラ左右ロー連打。ラウンド終了。

 3ラウンド。モイルジャブ。左ロー。ペレイラワンツー。ワンツー、なおもワンツー。モイル左ロー。ジャブ、ワンツー。ペレイラワンツー。ジャブ。パンチが交錯。モイルクリンチ、金網に押し込もうとするもペレイラ振り払う。ペレイラワンツー。右フック。モイル右ミドル。ペレイラジャブ。ワンツー。ジャブ。ワンツー。モイル右ミドル。ペレイラワンツー。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でヴィヴィアン・ペレイラ勝利。


▼バンタム級/5分3R
ユーリ・アルカンタラ vs. ブライアン・ケレハー


 1ラウンド。アルカンタラはサウスポー。アルカンタラ左フック。左ミドル。左ストレート、ケレハー尻もちもすぐ立つ。アルカンタラ右ミドル。ケレハー右ミドル、右フック。バックハンドブロー。右ミドル。アルカンタラ左ミドル。前に出るケレハーに対しアルカンタラ左フックからテイクダウンもケレハーすかさずギロチンチョーク! アルカンタラタップ!

 1ラウンド1分48秒、ギロチンチョークでブライアン・ケレハー勝利。


▼バンタム級/5分3R
ジョニー・エドゥアルド vs. マシュー・ロペス


 1ラウンド。ロペスはサウスポー。エドゥアルド右ロー。ロペスワンツー。エドゥアルド右ロー。ワンツー。右ミドル、ワンツー。右ローもロペスカウンターのテイクダウン。エドゥアルド下からヒールフック。ロペス構わずパウンド、鉄槌連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分57秒、マシュー・ロペスTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
アントニオ・カルロス・ジュニオール vs. エリック・スパイスリー


 1ラウンド。カルロスプレッシャー掛ける。右ローもスパイスリーカウンターのテイクダウン。肘打ち。カルロス下から足関狙い。スパイスリーも呼応し足関合戦も次第に足が絡まったまま殴り合いに。再度足関合戦に突入。離れてスタンドに戻る。カルロス片足タックル、金網に押し込む。テイクダウンからバックを取る。チョーク狙い。ラウンド終了。

 2ラウンド。スパイスリーワンツー。タックルもカルロス押し潰して上になる、ハーフガード。カルロスパウンド。スパイスリー下から足関狙いもカルロス外してバックを取る。スパイスリー体を移動しバタフライガード。しかしカルロス再度バックを取る。背後からパウンド、そしてチョーク! スパイスリータップ!

 2ラウンド3分49秒、リアネイキッドチョークでアントニオ・カルロス・ジュニオール勝利。


▼バンタム級/5分3R
ハファエル・アスンソン vs. マルロン・モラエス


 1ラウンド。モラエス左ロー。アスンソン右ロー。モラエス左右ロー。右フック。アスンソンワンツー。モラエスジャブ。右フック。ジャブが交錯。モラエス右ミドル。パンチが交錯。アスンソン急所に右ローもすぐに再開。モラエス左ミドル。互いにジャブ。アスンソンタックルも交わされる。モラエス左ミドル。アスンソン右フック。右ミドル。左フック、右フック! モラエスぐらつく! ラウンド終了。

 2ラウンド。モラエスワンツー。右ロー。互いにジャブ。モラエスワンツー。ローが交錯。パンチが交錯。モラエスワンツー。左ロー。アスンソン右ロー。モラエス右フック。アスンソン右ハイ。モラエス右ボディ。アスンソン右ハイ。モラエスワンツー。タックルに行くも交わされる。アスンソン前蹴り、関節蹴り。モラエス左ミドル。ラウンド終了。

 3ラウンド。互いにロー。アスンソン右ストレート! モラエスぐらつくもすぐ立て直す。モラエス右フック。ワンツー。右ロー。右ストレート。右ロー。アスンソン右ストレート。ソバット。モラエス右ロー。左ストレート。パンチが交錯。アスンソン左ローも急所にヒット。休憩後再開。アスンソン右ロー。モラエス右ミドル。互いに左ミドル。パンチが交錯。モラエス左ロー、アスンソンキャッチするもテイクダウンできず。今度はモラエス片足タックルもテイクダウンできず。モラエスバックスピンキック。右フック、右ハイ。左ミドル。二段蹴り。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、29-28、30-27)でハファエル・アスンソン勝利。


▼ウェルター級/5分3R
エリック・シウバ vs. ヤンシー・メデイロス


 1ラウンド。シウバはスイッチスタイル。メデイロス左ミドル。ソバットは空を切る。シウバジャブ。左ハイ。メデイロスワンツー! シウバもつれてダウンもすぐ立つ。シウバジャブ、右ロー。メデイロスバックハンドブロー、左ミドル。左ミドル。メデイロス右フック。シウバ右フック。ソバット、左フック、左ミドル。メデイロス右フック。ワンツー。ジャブ。シウバ右ストレート。右ロー。メデイロスワンツー。左ミドル。シウバ右ロー。右ハイ。右ロー。ワンツー、膝蹴り、メデイロススリップダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド。メデイロスワンツー、左ミドル。ソバット。シウバ左ミドル。ジャブ。右ロー。左ロー。メデイロスジャブ、ワンツー。ワンツー。シウバ右アッパー。メデイロスワンツー、シウバすかさずワンツー。メデイロス右フック、すかさず左フック! シウバダウン! メデイロスパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド2分01秒、ヤンシー・メデイロスTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
パウロ・ボハチーニャ vs. オルワレ・バンボゼ


 1ラウンド。バンボゼはスイッチスタイル。バンボゼ左フック。左ロー。ボハチーニャ右ローもバンボゼキャッチしテイクダウン、ボハチーニャすぐ立つ、バンボゼおんぶに行くもボハチーニャ振りほどき離れる。バンボゼ左ハイ連打からタックルも切られる。ボハチーニャ右ミドル連打。右ミドル。パンチが交錯。ボハチーニャワンツー。右ミドル連打。左フック、ワンツー、右ロー、なおも連打! ボハチーニャラッシュ! 右ミドル! 首相撲から膝蹴り! しかしバンボゼ粘ってタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ボハチーニャ金網を背にする。ボハチーニャ立つ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ボハチーニャプレッシャー掛ける。パンチが交錯。ボハチーニャ右ハイ。バンボゼ右フック。ワンツースリー。左ミドルもスリップ、ボハチーニャそのままパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分06秒、パウロ・ボハチーニャTKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ビクトー・ベウフォート vs. ネイサン・マーコート


 1ラウンド。ベウフォートはサウスポー。マーコート左ロー。右ストレートからクリンチ、テイクダウン、クローズドガード。ブレイク。マーコートクリンチ、離れる。マーコート前蹴り。ベウフォート左ストレート、左ハイ。マーコート二段蹴り。ベウフォート右アッパー。マーコート右ストレート。ベウフォート右フック。マーコート左右ロー。ベウフォートジャブ。左ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。マーコート左右ロー。ジャブ。右ハイ、左ハイ。右フック。ベウフォート左フック、左ハイ。クリンチアッパー連打、離れて左ミドル。マーコートジャブ。左ロー。ワンツー。ジャブ。右ミドル。左ロー、二段蹴り。右ハイ、右ミドル、右ストレート。クリンチ、離れる。ベウフォート左ハイ。マーコート前蹴り、ワンツーからクリンチに行くもベウフォート振りほどく。マーコート右ストレート。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベウフォートワンツー。マーコート左ロー。左ロー、右ミドル。ベウフォート左ミドル。マーコートジャブ。右ハイ。ワンツー。左ロー。左ミドル。右ストレート。左ロー。ベウフォートジャブ。マーコート左ハイ。パンチが交錯。ベウフォートジャブ。右フック。左ハイ。マーコートジャブ。ベウフォート左ミドル。右フック。マーコートタックルも切られる。マーコートジャブ。ベウフォート左ハイ、左フック。マーコート左ストレートからクリンチ、離れる。ベウフォートジャブ。マーコート右ストレート。跳び膝は空を切る。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でビクトー・ベウフォート勝利。

 ベウフォート、マイクで「あと5試合はやる」とコメントし引退を否定。


 桜庭和志のUFCホール・オブ・フェーム入りが発表される。パイオニア部門での受賞。


▼女子ストロー級/5分3R
クラウディア・ガデーリャ vs. カロリーナ・コバケビッチ


 1ラウンド。ジャブの応酬。ガデーリャ左ミドル。パンチが交錯、クリンチ、ガデーリャ離れ際に肘打ち。パンチが交錯。ガデーリャクリンチからテイクダウン、バックを取る。ガデーリャチョーク! コバケビッチタップ!

 1ラウンド3分03秒、リアネイキッドチョークでクラウディア・ガデーリャ勝利。


▼UFCフェザー級王座統一戦/5分5R
ジョゼ・アルド vs. マックス・ホロウェイ


 1ラウンド。互いにジャブ。ホロウェイワンツー。ジャブ。プレッシャー掛ける。アルドワンツー。ホロウェイジャブ。アルド右ボディ、ホロウェイワンツー。アルド左フック! ワンツー! ホロウェイ一旦下がるも立て直す。アルド右ロー。パンチが交錯。ホロウェイジャブ。右ストレート。アルド右アッパー。ワンツー。ホロウェイソバット。アルド前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。アルド右ボディ。ホロウェイワンツー。アルドワンツー。ジャブ。ホロウェイワンツー。互いにワンツー。アルド右アッパー、ワンツースリー。ジャブ連打。ホロウェイ右フック。ワンツー。ワンツーからクリンチ、離れる。ホロウェイジャブ、ワンツー。互いに右フック。パンチが激しく交錯。アルド右ストレート。ホロウェイ右ミドル。ワンツー。アルドジャブ。ホロウェイ右ミドル。ジャブ。アルド左フック。ホロウェイワンツー、右ミドル。アルドソバット、ワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ホロウェイジャブ。アルド膝蹴り。ホロウェイプレッシャー掛けて右ボディ。ワンツー。アルド右ストレート。ホロウェイワンツー。アルドワンツー。激しい打ち合い。ホロウェイ左エルボー、右フック。ジャブが交錯。ホロウェイワンツー、右フック! アルドダウン! ホロウェイパウンド! 肘打ち! パウンド! パスしてマウントからパウンド! アルド反転、ホロウェイバックからチョーク狙いもすぐにマウントに戻しパウンド連打! アルドまたも反転し亀に、ホロウェイバックからパウンド連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド4分13秒、マックス・ホロウェイTKO勝ち。フェザー級王座を統一。

posted by ジーニアス at 07:30| Comment(74) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニコニコ動画で前座やってますね
Posted by かな at 2017年06月04日 07:33
パウロボハニシーニャ、まさに野獣ですね…パウンド見てて総合格闘技って改めて暴力的な競技なんだと怖くなってしまいました。
キャラ立ち半端ないのでまたすぐに次の試合観たい!
Posted by えのしま at 2017年06月04日 12:01
桜庭UFC殿堂入り決まりました!
Posted by アレックス at 2017年06月04日 12:42
アルドとホロウェイは差があるからホロウェイなんかじゃ無理
Posted by アルド at 2017年06月04日 13:24
マックス・ホロウェイ、強かったなあ。
Posted by 横山ゾック at 2017年06月04日 13:28
HAHAHAw
やっぱりホロウェイが勝った

21歳でマクレガー相手に判定まで持ち込んだ怪物がさらに強くなった現在フェザー級最強だと思ってたし

ホロウェイおめでとう!!
Posted by 赤鯖 at 2017年06月04日 13:35
やっぱローが打てないとアルドの良さが半減されちゃうんだね。 王者落日の時って感じでしょ。今回の感じだとホロウェイには何度やっても勝てないって感じがしました。
Posted by 横浜 at 2017年06月04日 13:38
ホロウェイが勝つとは思っていたが・・・
アルドが負けて切なく感じている自分がいる

そして、マクレガーの別格感よ・・・
Posted by ななな at 2017年06月04日 13:38
>えのしまさん  同意。ショーグンの全盛期を思い出しました。あと対戦相手のオルワレ・バンボゼのキャラ立ちもよかったですね。リリースされてもRIZINで見たいなと思った。

ビクトーはどこへ向かっているのかよくわからないから全然感動できなかった。ケージの上に登ってポーズとっててもなにこれって感じ。というかベラトールでモーとかRIZINで石井とかと見たいな。

アルドは別にファンでもないけど、なんだか悲しくなった。コナーと出会ってから人生を転がり落ちてる。一時期はレジェンド確定みたいな立ち位置だったのに。かわいそう。人生わからないな。
Posted by 犬ロック at 2017年06月04日 13:40
モラエス惜しかった。アスンサオやっぱり強い。
そして、ホロウェイおめでとう。
今日の野性的かつクレバーなアルド相手に、真っ正面からやりあってのTKO勝ちはすごいとしか言い様がない。
以前からの希望どおり、ハワイ大会実現させてあげてほしいな。
Posted by y at 2017年06月04日 13:44
次やってもまたホロウェイが勝つわこれ
Posted by わお at 2017年06月04日 13:50
ホロウェイおめでとおおおおぉぉぉ!!!!
サクおめでとう!!強い相手と相手の望むルールで闘い、そして楽しませる試合内容!!
サクのような日本人選手は早々いませんね
Posted by コロナキッド at 2017年06月04日 13:50
ホロウェイこれ程まで強かったか。
途中までアルド勝ちでかたいかなって思ってたけど…
やっぱり何故か一度負けると以前ほどの無敵っぷりがなくなる事って本当に多いよね。
それにしてもUFCは本当に次から次へと強い選手が出てくるよなぁ。
Posted by 腹減り at 2017年06月04日 13:52
ホロウェイおめでとう。久々の緊張感ある試合をありがとう。それにしても貴方の対応力は素晴らしいですね。試合中に進化出来る稀有な存在であるし、叶わないとは思うけどマクレガーに借りを返して欲しいと思っています。
Posted by サクラソウイチオー at 2017年06月04日 13:57
さすがフェザーでマクレガーが一番苦戦した男。


Posted by リーバイス at 2017年06月04日 13:59
アルド、2Rまでは磐石に見えたけど分からんもんだな
体格的にライト級じゃ厳しいだろうし、かといってフェザーで次の展開も見えない…どうするアルド
ホロウェイはおめでとう!
Posted by あなぼりっ君 at 2017年06月04日 14:02
世代交代ですね。。。
アルドの方が強い感じしたけど、体力、運動量がホロウェイの方が上回った印象
Posted by ne at 2017年06月04日 14:04
最後のラウンドでアルドはダウンする前からアウトボクシングでかなり削られてましたね。ホロウェイはリーチを有効活用してダメージを蓄積させ、ラストのワンツーに繋げた感じです。
いやー面白かった。
Posted by ロンちゃん at 2017年06月04日 14:10
何となくだけどアルドもうUFCに戻って来ない気がする
Posted by カバさん at 2017年06月04日 14:11
ホロウェイ2Rからの距離感抜群でした。
逆にアルドはどうしたの?って感じ。

ホロウェイ強い、強いけどエドガーか復帰したらメンデスには負けそうな予感する…
Posted by あ at 2017年06月04日 14:15
ホロウェイ強かった!おめでとう!!
アルドは素直にお疲れ様ですね。
ホロウェイにはフェザーでガンガン防衛戦してもらってアルドはライトで見たいですね。
あと桜庭選手は偉大だ。こちらもおめでとう!!
Posted by モンタナ at 2017年06月04日 14:30
ホームプロモにコケにされて復帰戦でKO負け…色々無理が祟った感じもあるけど寂しいなぁ
ライジンで堀口とどうよ!
Posted by kーta at 2017年06月04日 14:35
ホロウェイのマグレで当たったパンチすごいな!
たまたまがっつり入っちゃった感じ!運も実力の内だからこれは素直に素晴らしい!
ただ、ホロウェイは実力以上に勝ち進んできてしまったから防衛が不安だなぁ
Posted by ふぉ at 2017年06月04日 14:40
アルドはライト級でやりたいって先を見てたので、目の前の敵に足元すくわれる気がしてましたが…
映像見てませんが、コメント欄見ると単純にホロウェイが強かったのでしょうかね。
これからアンデウソンのようになりそうな気がします。
Posted by xyz at 2017年06月04日 15:02
ホロウェイ強いなー!距離を制してたなー。
どんどん自分からしかけていってたし最高にいい試合だった。ラマス戦で消極的だったからアルドには厳しいとおもってたけど更に強くなってました、恐れ入った。
〉ホロウェイのマグレで当たったパンチすごいな!
見る目無さすぎだからもっと色んな試合みて養ったほうがいいよ。
Posted by テレコ at 2017年06月04日 15:12
ホロウェイのリーチいつも69インチになってるけど絶対嘘だよな
Posted by あ at 2017年06月04日 15:15
アルドの試合見て普通に面白いと思えたのは初めてかも(正確にはメンデス戦も面白かったが)
いつものガード固めてローぺちぺち蹴って判定勝ちじゃなく前に出てガンガン打ちあってくれるとは

こういう戦い方すれば負けるリスクは増えるけど応援するファンは増えてPPVも売れるんじゃないかな?
Posted by むぎち at 2017年06月04日 15:21
アルドはなんでロー打たなくなったんだろう
Posted by ア at 2017年06月04日 15:33
アルドがkoされた瞬間の会場の静まり具合が凄かったな。私もアルドがやられて悲しかったです。
Posted by す at 2017年06月04日 15:53
これはエドガー戦が楽しみになった
Posted by たかはし at 2017年06月04日 15:56
アルドはベルトを失って逆にライト級に挑戦しやすくなったでしょ
フェザー級じゃモチベーションがないなら階級上げればいいと思うよ
Posted by GO at 2017年06月04日 15:57
2R途中まではパンチもよく見えてるしカウンターもポコポコ入ってたからアルドの勝ちやなって思ってたけど、2R終盤から口で息し始めてスタミナ切れてるように感じた。
マクレガーネイト1みたいな?ローも蹴らないしどうしたんだろう。もし再戦したらアルドに勝って欲しいなぁ…
Posted by 天谷 at 2017年06月04日 16:04
クルーズに続きアルドもか、、、
Posted by かあ at 2017年06月04日 16:11
何でロー蹴らんの!?
ホロウェイとボクシング勝負しても不利なの初めからわかってるのに。。
チャンソン戦で骨折ったんだっけ?
それでロー蹴れなくなってるならアルドは終わった選手だわ
アルドが負けて悲しいよ
Posted by じょーじ at 2017年06月04日 16:14
天谷さんとまったく同じ感想
2R終了時にはアルドはガス欠してた。テクニックやパワーは問題ないけど、スタミナを考えると階級上げれないと思う。
Posted by j at 2017年06月04日 16:15
UFC 212、最高の大会でした。
モラエス残念!次頑張ってほしい!
ホロウェイ強っ!これからもケガもせず連勝してベルトを保持してほしい。
Posted by ヴォル at 2017年06月04日 16:24
マクレガーがUFCでダウン取れなかったのってホロウェイだけ。

それ考えるとホロウェイはフェザーでは別格の懐の深さだね。
あの1Rは並みの体格の選手だと仕留められてるわ・・・
んで2Rから盛り返す、と。

アルドと打ち合い上等な打撃力に
ラマスのTDをストップできるレスリングディフェンス、
あの無尽蔵なスタミナ・・・

エドガーのスピード&スクランブルだとどうなるんだろ。
個人的にはマクレガーとの再戦も見たいね。
メイウェザーとかよりもはるかに。
Posted by あ at 2017年06月04日 16:27
>>アルドはなんでロー打たなくなったんだろう

組際の膝蹴り警戒してたんじゃないですかね。
話し変わるけどホロウェイのミドルもヤバい威力してますよね。
Posted by 横浜 at 2017年06月04日 16:30
大きな時代の節目を目撃しましたね。
1Rからずっとホロウェイがプレッシャー掛け続けて来て3Rでアルドは完全にスタミナ切れで動きが鈍くなり当てられた。
ホロウェイの完勝。
アルド引退してもおかしくないな。
Posted by mr_st at 2017年06月04日 16:30
一見ホロウェイってガリガリの貧弱な選手に見えるけど、実際は相当タフなんだなぁ。よく考えればペティスにも勝ってるしキングにも判定までいってるし。もうちょいカリスマ性があればな。アルドが弱くなったのかホロウェイが強かったのか。
Posted by 醤油豚骨ラーメン at 2017年06月04日 16:33
ホロウェイ見事。マクレガー戦見たいけど、マクレガーはもうフェザーだとやらなさそうだしなぁ。そのうちやるだろうエドガー戦楽しみ。
Posted by よ at 2017年06月04日 16:36
ホロウェイ、見た目軽そうだけど、相当体感強そう。次相手いるの?
Posted by あくあ at 2017年06月04日 17:18
アルドはもうメンタルがやばそう。ロンダ,GSPもそうなんだけど、無敗を誇る選手が一発で負けた選手って見た目以上にメンタルにダメージがあって、しかもファイトスタイルを変える印象がある。

なんかマクレガー意識しているのかわからないけど、ローを一回も出さなかったし、ちょっといつものアルドと違った印象。もう復活は望めないかも。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2017年06月04日 18:17
>やっぱり何故か一度負けると以前ほどの無敵っぷりがなくなる事って本当に多いよね。

これ自分も思ってたけど、ピークが過ぎて負けるべくして負けてそこから普通(?)の成績になるだけなのかなと最近思います。何連勝もする方が異常なわけですしね。ともあれホロウェイ予想以上の強さ。
Posted by ぽんと at 2017年06月04日 19:27
途中までは五分五分かな?って思ってたけど、アルドが口開けて結構苦しそうになった時にホロウェイが行くかも?なんて思ったら、アルドが負けちまった…
これは、マクレガーの時と違って明らかな負けだな…悲しい…
ホロウェイ強いなー。アルドとペティスをぶっ飛ばせるやつなんて他にいないだろう。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2017年06月04日 19:35
アルドは打撃のみに頼る戦い方しかできなくて総合力がなく弱くなりましたね
Posted by MMA at 2017年06月04日 19:44
アルドはモチベーションとても低そうでしたね

まともに練習してないんじゃ?
Posted by そうえん at 2017年06月04日 20:00
アルドは、ヤイールを圧倒したエドガーを完封したので、いまだに別格と認識してましたが…
1Rのコンビネーションからの飛び膝蹴りで、ホロウェイがダウンしなかったのがビックリでした。
アルドは、度重なる波状攻撃へのバックステップの逃げで、相当体力が削られてましたね。
一番キツい3Rを乗り切れば、まだ分かりませんでしたが、ホロウェイが上回りましたね。
あと審判マッカーシーはもっと早く止めろ
Posted by コービー at 2017年06月04日 20:03
アルドvsホロウェイで思ったのは、やっぱりデカいやつは強い。
アルドが何発強打を当ててもホロウェイは倒れる気しなかったけど、コツンと効かされて倒れた。マクレガーvsネイト1だってそうだった。マクレガーがあんなにベストなタイミングでカウンターをブチ当ててるのにネイトを倒せず、逆に一撃で効かされた。アルドもマクレガーも倒される前に息切れしてたけど、それもまたデカイやつと戦うからスタミナ消費が激しい=デカイやつが強いということだろう。
Posted by ダウン at 2017年06月04日 20:44
フェザーのレベルはヤバいね。エドガーを完封なんてライトの上位陣でも難しいと思うけど、それをやるアルド、その上をいくホロウェイ、そして更に上のマクレガー。軽い階級の人間がP4Pとか馬鹿馬鹿しいと思ってる自分も、マクレガーが1位なら納得。
Posted by りく at 2017年06月04日 21:08
2ラウンドまでは確かにアルドは打撃の間合いでいいの当ててたから流石に強えなって思ってだけど,3ラウンドからはホロウェイも打撃と組みの合間のMMA的なタイミング出来てるいいの入れ始めてた印象。他の方の指摘通りアルドのガス欠もあったのかな。

リングアナウンスの時のあのガッカリ感を見るに,アルドの精神状態ちょっとヤバそうだなぁ。
Posted by 風林火山 at 2017年06月04日 21:19
この階級で強い順にならべてみよう。
マクレガー、ホロウェイ、アルド、エドガー。これでよいでしょう。

強いキックボクサーが強いボクサーと、ボクシングをやったかんじになりましたね。

アルドは筋肉つけすぎましたね。
Posted by 富士山 at 2017年06月04日 21:19
アルドはリーチやボクシングテクニックで負けてしまうホロウェイやマクレガーだとかなり厳しい。
逆にエドガーのようなレスラータイプにはかなり有利。
そして多分ホロウェイもマクレガーもエドガーは苦手。

っていうジャンケンの関係なのかな?と思わされる試合でした。
Posted by pb at 2017年06月04日 21:23
エドガーの無尽蔵なスタミナならホロウェイを漬け続けられるかな…?
Posted by フラスコ at 2017年06月04日 21:44
個人的には、今後アルドがホロウェイ対策を積んでリベンジするところが見たいですね
それまでにスワンソンやオルテガVSモイカノの勝者らと、アルドが戦っていくのも面白そう
Posted by DA at 2017年06月04日 21:51
ホロウェイおめでとう
すかっとする試合でおもしろかった
勢いがある奴がチャンピオンになってUFCも喜んでると思う。
Posted by ズッパシ at 2017年06月04日 22:53
ローさえだしてれば、、、
あの距離ならカウンターの心配もなさそうなだったのに、、、
Posted by たか at 2017年06月04日 22:59
しょうもないタラレバだけれど
ボクシングだったら勝ってた
mmaだから負けた…。
もっと引き出しがあれば勝ってた
パンチ一辺倒だから負けた…
心機一転、移籍してほしいと思ったけど、今のコーチ陣への情や、言葉の壁を考えると無い話かな、と光を絶たれたようで落ち込む…
Posted by あめ at 2017年06月04日 23:24
今日のメインの二人の凄い動き見てるとどちらもマクレガーと再戦したら勝てそう。
試合自体は2R目までは、アルドの方がポイント取ってて全体的にも優位だったのでこのままアルドの判定勝ちかと思ったら、ちょっとした距離のミスで…。
ホロウェイのパンチがアルドの後頭部付近に何発か結構強く入ってたのでそれが効いてたのもあるかも。しょうがない部分はあるが。
Posted by あ at 2017年06月04日 23:38
アルドがローを使えば良かったと思った人は、格闘技を習って下さい。
簡単に出したら、KOされますし、ホロウェイも対策済みでしたね。
1Rラウンドにアルドがロー出したら、カウンターのワンツーを受けています。
それにロー出していたら勝てるなんて、そんなに甘くないよ。
格闘技は間合いが基本。
ローを出せば勝てるなんて、ゲームの世界だよ。
Posted by ピターゼ タリエル at 2017年06月04日 23:52
格闘技はたまに自分の武器を封印して戦う選手がいるよね。
不思議。

Posted by かめだ at 2017年06月04日 23:59
ローはホロウェイのボクシングによって封じられてしまってましたね。
エドガー戦1でもローをキャッチされるのを警戒して出せなくなってましたが、ホロウェイ相手ならボクシングよりもTD交えた総合力で試合すれば良かったのではないか、と思いましたが懐に入るの簡単ではなさそう。

ホロウェイが強いのは間違いないですが踏み込みの速いレスラータイプとの相性が悪そうな気がします。
Posted by あ at 2017年06月05日 01:50
今回の動きなら二人ともマクレガーに勝てそうとか言っているが、普通に無理だ!99.9%勝てないね!
次元が違う。

アルドが負けてホロウェイが勝った、アルドの時代は終わったのさ
Posted by ラップ at 2017年06月05日 18:55
未だにマクレガーの勝ちがまぐれって言ってるのがいて驚くよ!
完璧なカウンターだったろ?何回やってもアルドはマクレガーには勝てない!そしてホロウェイにも

あとホロウェイよりアルドの方がリーチ長いから
Posted by プラス at 2017年06月05日 19:01
今回の動きなら二人ともマクレガーに勝てそうとか言っているが、普通に無理だ!99.9%勝てないね!
次元が違う。
>>>
同意。 マクレガーの動きは本当に違う。あれは努力どうこうの次元じゃない。本当に戦闘に特化してる特別なDNAを持っている人間だとしか思えない。ちなみにアルドとかホロウェイがその部類だと思ってるが、ただマクレガーだけが別格なだけ。マクレガーの信者でもなんでもないし、むしろ人間的に好きじゃないが、UFCを10年以上見てきたからわかる。あれは本当に違う存在。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2017年06月05日 20:35
言い方悪いけど、10年見て来たら勝負に無理や絶対はないのも学んでるはずですよね。
アルバレス戦は抜群に良かったけどネイトと互角なので別格とは思えないな。フェザーも、この辺は対策やコンディションで毎回結果変わるでしょう。
それと、たかが1つの負けで時代が終わったとか選手を勝手に落とす人は論外。
Posted by あ at 2017年06月05日 23:32
滅茶苦茶面白かった
vsホロウェイ
vsマクレガー
はもっかい観たい。
勝てると思うよ、アルドの修正力なら!

それとマクレガーは勝てそうな相手としかやってないだけ。
エドガーから逃げ、ヌルマゴトニーから逃げ
次はメイとエキシビションでしょ?
Posted by haru at 2017年06月05日 23:44
>プラス
前回完璧なカウンターで勝ったからと言って何回やっても同じ結果になるとは限らないだろ。笑
まぐれとは言わんが運の要素は少なからずあるんだから。
そもそも開始早々のカウンターだったから「まぐれ」だと思ってる人がいることも理解できないのかな?
カウンターの方が運の要素は大きいんだよ?

>ルーク・ワイドマン
その「特別なDNAを持ってる」マクレガーがネイトに負けてることは知ってるのかな?
PPVの売り上げに関して特別なのは分かるけど。
それでもこういう評価をしちゃってるって事は、自覚があろうが無かろうが信者と呼ばれるんじゃないですかね



Posted by お at 2017年06月06日 01:35
アルドはリーチないから、ボクシングだけだと相手によって不利になっちまう。 パッキャオ並みに踏み込んでパンチからのタックルの繰り返しか、コディとかマルケスくらいカウンターが上手いか、そういう武器が必要ですね。
それと、コンビネーションの最後にローをもってきて、ローを生かす。


カウンターは運とかマグレではないですよ、普通の技ですよ。繰り返し練習するわけだし。
マクレガーは何度もカウンターを当ててきたし、もしあれが運としか思えない人は、井上の左フックとか、マルケスがパッキャオにカウンター入れるとことか、mmaならコディの右のショートのカウンターとか観てください。

腕が短いアルドが、工夫して、ホロウェイやマクレガーを攻略するとこが観たいです。
Posted by 富士山 at 2017年06月06日 08:38
マクレガーに関してはNCAAD1クラスのレスラーとの試合がもっと観たい。
メンデスと再戦やって欲しいけど、もう機会はないな…

アルドは結構テイクダウン上手いはずなのに、何故あまり狙っていかないのか不思議。
フェイントを入れるだけでも戦略は広がるのに。
Posted by あ at 2017年06月06日 11:58
>カウンターは運とかマグレではないですよ、普通の技ですよ。繰り返し練習するわけだし。

なんでこういう人って「0か100か」でしか考えられないんだろう・・
じゃあなぜプロ野球のホームランバッターは同じピッチャーの同じコースの同じ球種をホームラン打ったり空振りしたりするんですかね?練習はしてるだろうし、運の要素がないのならすべて同じ結果になると思うんだが。まあこの喩えは理解できないでしょうが。
Posted by お at 2017年06月06日 12:31
なんかマクレガー信者が喋ってるけど、マクレガーが別格の強さとかあり得んだろw
だって2週間前オファーのガス欠メンデス、怪我明けアルド、実質ポイエーに負けてた落ち目アルバレスに勝っただけだから。
しかもライト級では中堅レベルのネイトに互角だからな。
もしマクレガーがファーガソン、ヌルマゴ、エドガー、アルドホロウェイ2と対戦したら絶対勝てるとは断言できないよね。
別格の強さと言うのはJJやDJ、全盛期アンデウソン、全盛期GSPみたいなファイターのことを言うんじゃない?
Posted by 田中 at 2017年06月06日 22:53
やっぱりホロウェイ強かったな
マクレガーにも学んだ感じだね

アルドははじめて攻略された感じじゃね
マクレガーはパンチの精度が別格すぎて
あまり負けた気がしなかったんじゃないかな
ホロウェイに負けたのは、相当悔しいんじゃないかな
ちゃんとパウンドからのストップだし
着実に強いなあ、ホロウェイかっけえわ

Posted by mom at 2017年06月08日 07:51
マクレガーの強さはやっちゃってる人の強さだからなあ・・。あの人寝業師でしょ柔軟な動きが売りの。やっちゃうと夜叉坊もそうだけど脊髄反射のカウンタータイプになっちゃうんだよねたぶん。あの手の強いブラックスタータイプって何も考えずにピンチもチャンスも試合終わるまで闘い続けたら倒せちゃうんじゃない?犯罪者の対処法とおんなじだよね。
Posted by ポンタン at 2017年06月09日 09:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索